2015年11月29日日曜日

おやきづくり

みなさんこんにちは。

先日の信州名物の野沢菜の手漬けに続き、これまた信州名物の野沢菜のおやきを作りました。
野沢菜は完全無農薬の水輪ナチュラルファーム産を使い、贅沢に生地から手作りです。
出来立てのおやきは、じゅわっと汁があふれ出るほどジューシーでアツアツでおいしかったです。
大自然のエネルギーをいっぱい受けた素材で作ったおやきからエネルギーをいただき、
飯綱の厳しくも美しい冬に備えていこうと思います。


2015年11月25日水曜日

水輪お手製野沢菜漬け

今年も野沢菜漬けの季節がやってまいりました。
昔は、この季節になると家の軒先にどの家にもずらっと野沢菜漬けの樽が並んでいたらしいのですが、
寒い長野の季節に手漬けで漬けるとなると、かなりの重労働になるため、
研先生が知る限りでは、もう水輪くらいしかやっていないそうです。

野沢菜漬けは、食べる直前に洗わずにそのまま食べる漬物なので、漬けるときに何個もの樽で段階別に、
よくよく洗ってから漬けます。

朝から始めて、終わるころには暗くなってはいましたが、なんとか予定の量をつけ終わることができました。

水輪では、毎年水輪ナチュラルファームでとれた、無農薬の自然農の朝採り野沢菜、
水輪の無農薬自然農唐辛子など、ファームで取れた無農薬の素材で、完全な手漬けで漬けています。

美味しくなるまでに最低でも2か月はかかるそうですが、今年の野沢菜は出来が良いとのことで、
出来上がりが、今からとても楽しみです。