2015年6月30日火曜日

ーよく見てみようー

みなさま こんにちは

はたけをやっていると、天気に、敏感になってきます。

このところ、異常気象、日照りになったり、

急に豪雨になったりしていて、つくづく、マニュアルどおり

ではないなと思います。本などの

知識に執着するのではなく、しっかりと目の前の

いのちと現象を見ること、観察することを

しなければ、うまくいかないことがわかり

ました。人と人との関係もしごともすべて

おなじ。相手を理解しようといっしょうけんめいに

なることが大切。

さおりさんのケアーをさせていただいて

私はさおりさんが糖尿病であることにより糖尿病のことを学びました。
糖尿病を学んでいくにあたって現代の糖尿病の原因は95%
食生活の乱れ、運動不足が原因となっています。
今や子供も糖尿病になることも珍しくないといいます。
大人や子供も肥満が急増している背景では、米や野菜離れ、必要以上に油を含んだ肉や魚、砂糖や添加物が多く含まれたスナック菓子やジュースなどのジャンクフード、それらの多量接種が大きく影響している。
ごはんとおやつの区別もつかないような食生活を日々繰り返す子供達
そして、日々のストレスから逃れるような食生活を日々繰り返す子供達
そして、日々のストレスから逃れるような暴威暴食を繰り返す大人たち・・
上手にストレスを解消するのは、良いことですが
もっと大事なこと
それは、「心のあり方」だと思います。
ストレスから過食に走ってしまう精神の弱さが根本にある。
食を見直すと同時に心を見直す必要があります。
人は本来「正しい食を選択する力」と「ストレスに耐える」ちからを子供の時から身に着けることが必要です。
最近の若者の動向
ゲームや漫画、テレビ、勉強で夜更かしジャンクフード
                     ↓
朝起きられない朝食を食べるがなくジャンクフード
                     ↓
バイオリズムが壊れ、学校でぼーっとして集中体力がない
これにより運動や成績不調・不道徳や非社会性、犯罪引きこもりニートなど。
この流れの根底は、栄養不足、幼少より我慢の訓練や道徳教育がないと
大脳の辺緑系皮質(忍耐力、抗ストレス性)が発達しないということ。
辛いことや困難なことを乗り越えていく体力がない。気力、向上心や人生観がないため
キレたりニートなどの非社会的になってしまう。

今の大人たちは「食育」をしっかりとこれから本当に大事になってくるんだと思いまし。

正しい食育を今大人たちから身に着けこれからの子供たちを救っていきたい。
そんな大人たちが増えることを心から私は願いたい。

いのちの森に来る糖尿病の方や引きこもりの方も環境と食事と教育が入り

少しずつ良くなっています。

一瞬前はすべて過去

みなさま、こんにちは。いかがおすごしですか?

さおりさんは元気な毎日を送っています。

 しかし、原因はハッキリしないのですが、口角アレルギーという、口の周りが赤くなる症状が、ここ半年ほど続いています。血糖値を下げるということで、豆乳をたくさん飲んでいたので、大豆アレルギーかしら??と疑ったりもしています。

 さて、話はかわりますが、だれしも生きていてつらい時期というのはあると思います。おもいだすだけで辛くなってしまう過去もあると思います。
どんなに一生懸命、精いっぱいやっていてもうまくいかず、つらいまいにちをおくる時期があるとおもいます。でも、あきらめないでください。そのつらさが、きっと後の人生に、役立つのです。渦中は、心を決めて走り抜けるのです。そして、一秒前は、すべて過去。振り返らない。

これは、みどり先生の言葉です。さおりさんを40年間育ててこられる中で、てんかん発作が起こってきたり、お薬の調整がうまくいかなかったり、いろいろなことがおこってきたことでしょう、しかし、そういったさおりさんを育てて,よくしていこうという営みが、苦労が、今花開いて、さおりさんの状態をよくし、いのちのもりの活動ひとつひとつを充実させる素になっているとすごく感じます。

さおりさんのおくすりで苦労したからこそ、いのちの森に来る実習生のお薬の調整も十分にやってあげたいとみどり先生は思い、巽先生と毎日相談して、必要最小限で一番症状にあったおくすりの調整ができているのだとおもいます。みどり先生がしてくださる、私たち実習生や、スタッフ、来られた方に対しての、優しさや、心配りは、ほんとうにつらい体験をされたからこそできる、体験からにじみ出てきたものなのではないでしょうか。

私たちの今の幸せは、さおりちゃんや、みどり先生、研先生の苦労や、忍耐のうえに、あるのだと、あらためておもいました。そういった、先人たちのあきらめない心に感謝の気持ちを忘れずに、一日一日、一瞬一瞬を大事にして努力していきたいと思いました。

2015年6月28日日曜日

植物の力

皆様こんにちは。
今回は信濃町のかぼちゃのこと報告させて頂きたいと思います。
2、3日みない内にとても大きく成長しており、誰も肥料や堆肥などやって
いないのにも関わらず、強く、逞しく、生きています。
ここ最近の天気はスコールのような日が続いています。
しかし、そんな雨にも負けず、日々成長を続け、どんな風が吹こうと、
強く成長している作物達、そんな植物達の生命力を見習い、
日々実習させてもらっています。
共に育ち、共に生きる、これは私達も植物も同じことで
人は日々成長している、ということに気づかさせて頂きました。
それを励みとし、常に実習に前向きに、一所懸命に頑張ってゆきたいと思います。

そしてその野菜をぜひ、皆様に食べて貰いたいとお待ちしております。

新館 森のいずみ、森のことりがオープンしました

いのちの森文化プロジェクトの一環の「森のいずみ」「森のことり」がオープンし、写真が出そろいましたのでご紹介させていただきます。