2015年5月31日日曜日

さおりさんの竣工式

皆さまこんにちは!こちら飯綱は新緑あふれる季節さわやかな風が吹きわたっています!
 そんななか、新しく建設された「森のいずみ」と「森のことり」の竣工式が5月15日に行われました。
 当日は、水輪にゆかりのある、10年、20年来水輪を応援し支えてきてくださった方々、水輪の古くからの会員さん、ワークスタデイの卒業生、親御さん方が、いらしてくださいました。なんと170名のかたがたがいらしてくださいました。
 そのほかにも、当日すてきなお花を送ってくださった方、ありがとうございます。
電報も、ありがとうございます!スイカを送ってくださった方、さおりさんの絵本を作って持ってきてくださった方!ありがとうございます。
宮島先生による神事からはじまり、梵天さんの太鼓演奏、ファームメンバーによるソーラン節、などいろいろなみどころがありました。
 懇親会パーティーには、養生塾の方も食べれる、自然食がたくさんと、特大サイズのさおりさんのお誕生日ケーキが用意されました。
しかし、さおりさんは、みんながいそがしくしているあいだ、おりこうさんにしていようと思ったのか母屋のナナカマドのお部屋ですやすやとねいきをたてて、眠っていました。
 そんなさおりさんの元へ、お客様が初代プチママンの太田すみさんです。わざわざ富山から竣工式のために来てくださいました。すみさんは、京大出の才媛で、以前さおりさんと4年間ほど過ごしていく中で、自分の中の母性が育てられ、女性らしく明るくなられました。今は、結婚されて実家の富山のほうで暮らされています。さおりさんの、安らかな寝顔をみて、満足して帰られました。
 次の日の朝には水輪理事で歯科医師の、山本先生がさおりちゃんの元へ来てくださいました。山本先生がくれた歯磨き用の口を開けておく器具、あの後使ってみたら、使いやすいです。おしゃぶりみたいな感じで、さおりちゃんに噛んでもらって、口が大きく開く面と、小さく開く面があり、調節できます。
 5月に入って、さおりさんは、風邪をひいたり、腰を少しいためたりしています.(風邪は、早く処置したため軽く済みました)もっとさおりさんの手となり足となり、さおりさんのこころの声を聴けるようにしていきます。さおりさんは、みどり先生研先生の愛によって生きているのだと思います。私たちも、さおりさんのケアをすることで、ひとを愛することを学び、さおりさんの命が喜び輝くことを基準に生きていきたいです。水輪は、そうやってできてきたのだと改めて感じました。

2015年5月25日月曜日

いのちの森 光の水農園 と 森のいずみ、森のことり竣工式

みなさん、こんにちは。
 水輪の敷地にある「水輪ナチュラルファーム」
の名しょうが変わり、これからは「いのちの森 光の水自然農園」
と新しく生まれ変わりました。
 私はこの名前をきいてすぐにイメージしたのが畑の土の中の水分、大気、雨、全てが光輝く水となり、その土で育ったお野菜も光輝いて、そのお野菜を食べた人も光輝いて、元気になるイメージがわきました。
 みなさんもぜひ、いのちの森 光の水自然農園に遊びに
いらしてください
 そして新しくできた森のいずみ。
全て、天然のひのきを使用しており、かべも建物
が呼吸を出来る様に珪藻土の壁を使用して
います。1F 2Fの65畳の大広間はちょうちんの光と大きな窓から見える白樺の木と林,、本当に美しい景色で入った瞬間に別世界に来た様です。
裏庭に広がる緑のしゃ面はいやしの空間が広がっています。
色々な小鳥の鳴き声と、程よい木からのこもれびが、心もからだも元気にしてくれます。

みなさん ぜひいのちの森 及び 森のいずみにいらしてください。

2015年5月23日土曜日

光のしずく

ファームの名称が変わりました。

いのちの森光の水農園

まっすぐでやわらかな感じを受けます。
「光」は私達で1人1人が本来は輝いていた存在だからです。
「水」は生命の源であり欠かせない物だからです。
ファームがいのちの森の光の水になれる様に11人が“光のしずく”になって
いけたら良いと思います。
今日はりんごの虫とりをしました。
りんごの幹は黒が強い灰色で、
拭き初めた葉は白味かかった緑でとても美しく見えます。
 しかし、近くで見ると、葉にちらほら黒い5mmほどの虫がついていて
まだ若い葉に小さな穴を開けています。
マイマイガの幼虫です。
今はまだ食害は少ないですが、放っておくと葉をすべて食べられてしまい。丸裸にされてしまいます。
そうならない様に毎朝虫取りをしています。
取っても、とっても中々虫の数は減りませんが、あきらめずに続けてゆきたいです。

一筋の‘光のしずく’になるまでに。

2015年5月19日火曜日

光と水の茸

 今日より、「水輪ナチュラルファーム」は、「光の水農園」と、名称を変え、新たな一歩を踏み出しました。

 皆様、よろしくお願い致します。

 さて、今日は光の水農園のきのこを紹介します。

昨年秋にも、しいたけが収穫できたことはお伝えしましたが、なんと今年は春にもいい

しいたけがたくさんとれています。

原木しいたけは、菌床よりも非常に優秀で香りが良く、少し大きめに育ててステーキにすると最高です!

私自身、大のきのこ好きで、しいたけのおいしさにほれ込んでしまっています。

今後も野菜と共に良いきのこを育てていきたいと思います。

2015年5月18日月曜日

ギシギタ・タンポポ取

 皆さん今日は、ファームブログを読んでいただきありがとうございます。

こちらは春が寒かったので最近の暑さに面食らっています。

 さて、こちらの名称ですが、今までの水輪ナチュラルファームから

いのちの森 光の水農園と素晴らしく生まれ変わる事になり

ました。名に恥じないように力を合わせていきたいです。先程、厚くなったと書きました
が、野菜だけではなく雑草も元気いっぱいです。

特に処理に困るのがタンポポとギシギシという植物で畑に太く深い根を張ってしまうので

皆で毎日のようにスコップで堀り出しています
。この植物たちも命ですが、

野菜が作れるようにする為仕方ありません。一度来てもらえたら、その生命力に驚くと思います。これからも頑張ります。ありがとうございました。


2015年5月14日木曜日

修さんおめでとうございます!

皆さま、実は5/8はファームメンバーの関口修さんの

お誕生日でした!

修さんは6ヶ月前にここへ学びにきました。修さんが来た当初
は重度の糖尿病で体重は100kg近くあり、心も体も
調子を崩してしまっていました。しかし、このいのちの森で
自然栽培のお野菜をふんだんに使った食事療法を
毎日毎日の畑、厨房、館内のさまざまな実習をとおして、
おどろくべき回復と成長をとげました。

 まず、来た当初はインスリンを26単位もうっており、血糖値は1000をこえて
いました。それが6ヶ月血糖値は100まで下がり、インスリン
もはずすことができました。これはものすごいことで、お医者様方も
信じられないとすこぶるおどろいていました。
そして心も体も良くなり、人から指摘されたり、辛いことがあっても
手を合わせて合しょうし、「ありがとうございます」といつも言っています。

 どんな人にも、いつもおだやかな姿を見て、「仏の修」の異名を
とっています。

 修さんこの6ヶ月の努力はすばらしいものでした。みんなが食べて
いても、自分の調子を考えがまんしたり、インスリンで体が重く、だるい中
力をふりしぼって畑実習にのぞみました。修さんのたゆまぬ努力と、ここいのちの森
の力が、今のようなきせきをおこしたのだと思います。

 修さん、これからもよろしくおねがいします! 

今日も一日生かされたことに感謝感謝 ありがとう

2015年5月13日水曜日

自然の力

皆様、初めまして

新しくブログを書き始めて頂きます。Naoさんと申します。

本日は初めて信濃町に行った時の話です。

その日は、麦踏みを行いました。最初にその場所について思ったことは

場所の広大さ、雄大さ、自然の豊かさ

そういう物を直感で感じることができました。

そして実際に実習が始まってまだ青くて弱いような麦を

踏んでしまって大丈夫なのかな?と不安になりましたが少し振り返ってみたら

立派に上を向いており、強くなっていく意思のようなものを感じとれました。

私も踏まれてもより強く行きたいとおもいます。

そしてここも新しくなったいのちの森光と水農園のメンバーとして

光にあふれ、みずみずしくとてもおいしい野菜を作っていきたいと思います。


これからも皆様よろしくお願いいたします。

2015年5月12日火曜日

春まっさかり

こんにちは、yutaです。

5/8をもって、水輪ナチュラルファームはいのちの森光の水農園に

生まれ変わりました。今後とも、よろしくお願い致します。

さて、光の水農園では、トマトやエンドウ山ぶどう、の花が咲き春まっさかり
となっております。



最近の実習としては、主に草刈りや種まき、植え付けなどを行い、来たる竣工式や定期コース

に合わせて着々と準備を進めている状況です。

美しい花々咲き誇る自然の中での農作業は、本当に自身の心を

癒し、育んでくれます。自分たちがこうして畑をやっていられるのも

応援してくれる皆様や小さな命たちのおかげと思わざるを得ません。

日々感謝を忘れずに、実習に励む事が

皆と共に生きていくという事だと信じて、毎日努力を重ねていきたい

と思います。改めて、よろしくお願い致します。

2015年5月11日月曜日

いのちの森 光の水農園

今まで「水輪ナチュラルファーム」と呼んでいた畑を

これからはいのちの森 光の水農園」になります!!

ちょっとかたくるしい??イメージから光と水といのちがキラキラと

輝きいのちが生まれるこの場の畑にぴったりの

名前になったと思いませんか??

畑で作業をしている人も、畑を訪れて散歩をする方も

畑でとれたお野菜を食べた方もみんなの命が輝き

キラキラしてくる本当に素晴らしいです。

畑のみんなもキラキラといい表情です。


みんな、たくましくなってきたなと考えています