2015年3月31日火曜日

皆様こんにちは。
ファームメンバーは水輪通信の発送を手伝っております。

今回はチラシの枚数が多いので悪戦苦闘しております。
机の上に並べてみると奥まで隙間なくびっしりでした。
奥のチラシを取ろうとすると、腰を曲げて取らなければ届かず長時間やっていると

疲れもありましたが、皆頑張りました。
通信の発送は大変ですが、このチラシを見て来てくれる人が居るのだと思うと、ワクワクします。

その分頑張らなければなりませんが、誰かが来るのが楽しみです。

そんなわけで今回の通信も終わりました。ぜひ目を通してもらえたらなと思います。
反省を次に生かしたいと思います。有難うございました。

2015年3月29日日曜日

お日様ぽかぽか

お日様が気持ち良く感じる日が多くなりました。
私が水輪に来て一ヶ月ほど経ちましたが、今までの天気は曇りか雪が多かったです。
しかし、ここ数日は晴れの日が続きました。

 夕方は寒くて上着を着ないといけませんが、昼間の外は暑く感じシャツ一枚で作業するときもあるほどです。
その中での雪かきはお日様の光と雪での反射光を浴びて、すっかり日焼けしてしまいました。

 南国の青年みたいだと言われます。

今まで積もっていた雪がここ数日の晴天でゆっくりと溶け出してハウス周りなど人がよく通るところには雪解け水で小川が流れております。
そのやわらかな流れについつい見とれてしまいます。
日に日に少しずつ地表が見えてきてこのまま春になってゆきそうに感じますが、まだ冬は続きそうです。

つかの間の春を感じた数日でした。
担当Y・K

2015年3月26日木曜日

春の女神様

もうすぐ春です!

 さおりさんは、もうすぐ4月3日に、40歳のお誕生日を迎えます。
長野では、33日より、一か月遅れて43日に雛祭りのお祝いをする風習があるそうです。女の子の日に生れたさおりちゃん。春生まれのさおりちゃんは、春の女神さまみたいだなあと思うことがあります。飯綱はまだまだ、寒い日がつづきますが、暖かい春を皆、心待ちにしています。

 飯綱の春は、まず雪解けの水でできた小川の音がします。まだ雪の積もった畑の上を歩くと、雪原にどこからか、水の流れる音がするのです。そして、しんとして静寂に包まれていた朝の空気に、小鳥たちのさえずりが小さくきこえはじめます。小鳥たちの声がきこえだすと途端に、にぎやかになります。
 

 畑では、雪の下であたためられた新しい土がホッコリと、しだいに顔をだし、雪と土のあいだにコケが生え始めます。張りつめていた空気が、だんだんゆるみ、さまざまな生き物たちが動き始め、あらゆる植物が芽吹きだします。
生命エネルギーに満ちた春は、もうすぐそこです!期待に胸がおどります!!


2015年3月22日日曜日

森のいずみ 森のことり

皆さん、こんにちは。
3月でも雪深い水輪では、春の訪れを心待ちにしている小鳥たちが鳴きはじめています。



(ビニールハウスの準備)
今、畑では、ハウスのビニール張り、館内  厨房では冬期の締めくくりの片付けや、森のことり、森のいずみの
竣工式に向けての準備を進めています。
竣工式にお出しするメニュー立てと並行して畑メンバーは、作付計画を練っています。

山から降りると、新緑の5月。標高1000m
の飯綱の5月は芽吹きの季節。雪がとけて間もない頃です。
ビニールハウスが、大活躍してくれます。

今日は、厨房スタッフと畑のメンバーで
どんなお野菜をどの位育てるかというディスカッションをしています。

春菊のベリーリーフや野沢菜 青梗菜 カブなど、春の自然農にお野菜を、皆さんに食べて頂くため
試行錯誤しながら進めています。

竣工式では、体に優しく、いのちの力を感じる。
生きる力が湧いてくるようなお食事を召し上がって頂きたい。
そんな思いで、皆で力を合わせ、心を合わせ、頑張っていきたいと思っています。

2015年3月20日金曜日

「食」について

3月になってもまだなお雪がたくさん降り積もっています。

いのちの森水輪では、冬の間は夏に比べてお客様が少ないので
皆で集まり勉強会を開き学びを深めます。
最近では「食」について多くのDVDを見ては、皆で話し合います。
世界の食事情や、
私たちが食べているものはどこから誰がどんな思いでやってくるのか?
今回は「ダーウィンの悪夢」というドキュメンタリー映画をみました。
東アフリカビクトリア湖に繁殖した巨大魚ナイルパーチを通して
タンザニアからヨーロッパ、日本への加工品輸出を軸に、一日1ドル以下で
生活する人々。
ビクトリア湖に繁殖した巨大魚ナイルパーチにより在来種が絶滅の危機を
瀕していることを欧州、アフリカの会議で訴えても無視されてしまいます。
それはなぜなのか?
「飛行機で欧州からアフリカへ武器を輸入し、その飛行機が欧州へ帰るときは
巨大魚ナイルパーチをの加工品を積み込んでいる」
というパイロットの証言により
欧州とアフリカの経済的関係が明らかになる。

外国には、良い食事を輸出しながら、
その残骸を非衛生的な状態で食す人々
その中で育つ子供達。
売春やエイズや薬物などの問題など様々な悲劇

私はアフリカの人々に知識と教育があればもっと立ち向かっていけるはずなのに!!
虐待を受ける子供たちはそれを忘れるために飛行機の廃材を燃やしそこから発生する
麻薬!!により一時的に楽にしている
小さいときからそんなことをしていは、脳がおかしくなってしまいます。
売春婦達は、お金を稼ぐために体を売ることしかできない
売春により殺されてしまう人たちも少なくない。

こんな事が世界に起きている!!
なんておかしい事なのか!!
東アフリカでも昔は皆農業をして、ビクトリア湖にあらゆるお魚をみんなで分け合い助け
合い生きていた。
それを壊した大企業の人たちの自分さえよければいいという

「エゴの塊」

これは東アフリカだけの問題ではない
日本でも輸入に頼り、売春、覚醒剤、エイズや虐待
問題はたくさんある。
そして「食べ物」も添加物に汚染され、農薬だらけの野菜
本当にこのままでいいのか?

一人一人の意識を変えて
本当の人間の在るべき姿
人間の原点に戻るべきだと思います。

自分達で種を植え、野菜を育てお米を育て
自給自足を心がけ皆で助け合い補い合いながら生きていたい、
人間の原点を
「いのちの森水輪」から水の輪が広がるように発信していくことを
祈りと願いを込めて・・・


担当 平岡

2015年3月19日木曜日

桜の木の救出

皆さんこんにちは、今日の畑の様子です。

 雪に埋もれてしまった桜の木の救出をしました。
ここ数日これをやっていたのですが、かなり桜の木が傷んでいました。特に今年は大雪で屋根のソーラーパネルも雪で傷んでしまいました。

雪が硬いので鉄のスコップを使用、ガツガツ削ると、木の枝が痛むので、とても慎重に優しく掘る必要があります。

桜の木は完全に埋まっており、掘る前は、そこにあるのか、不安になりますが、皆で信じて頑張りました。一人では途方もない作業も、皆でやればもちろん進みが早く、複数人でやる事の重要性を実感します。「ここにはないのでは」と言う声が聞こえ始めた頃に、見つかったりもしました。桜の木の枝が雪の中から出てくると、皆、うれしそうでした。

僕もやる気を増して掘りました、しかし、スコップの刺さりが悪く見てみると、
木の枝が傷ついました、やってしまいました。

 傷つけずに枝を出すのは非常に難しく、忍耐や努力、持続力が必要なことを感じたのですが、一緒に掘っていた、さんは傷つけずに枝を出せていました。僕もKさんを目標にして成長して行きたいな、Kさんのような淡々と出来る人になりたいと思いました。

掘っている途中で雪が降ってきたので終えました。その後皆でおいしく夕食を食べ、片付け今に至ります。

ありがとうございました。

2015年3月17日火曜日

雪かき実習とビニール張り

皆さんこんにちは。最近は、雪かき実習を毎日していますが、今日は、ビニールハウスのビニール張りの模様をお届けしたいと思います。

 現在水輪ナチュラルファーム自然農園には、計8棟のビニールハウスが立っておりますが、まずビニール張りをしなければいけないのは、苗作りのための温床がある1号機と5号機です。そのための第一段階としてやっておかなければいけないのが、ビニールハウス周りの雪かきです。
 
 最近館内メンバーも総動員して、2日掛りで8棟一気に終わらせることができました。
あとはビニールを張るのみです。一斉雪かきと前後して、先に1号機のビニール張りは完了させていました。
 
記念すべき今年一発目のビニール張りでしたが、人数もそう多くない上に、慣れないメンバーが大半だったので、思わぬ苦戦を強いられました。
とても風が強かったことと、1号機は骨組み自体が背丈の高いアーチを使っていたことも、苦戦した原因と言えます。
 結果、天井のビニール張りだけで、3日かかってしまいました。
まずビニール張りは、サイドと妻面(前後の面)のビニールから張っていきます。
これ自体はそんなに難しくはないです。 問題は、天井のビニール張りです。
風に煽られないように、しっかりとビニールを抑えながら、いかに迅速に丁寧に張れるかです。

ビニールを止めるためには、スプリングという道具を使うのですが、これは仮止めと本止めという2段階で行います。1号機の天井ビニール張りは、仮止めの段階で、何度もいいタイミングで突風に煽られて、何度もあと少しのところでおジャンにされてしまいました。これで時間がかかってしまったのです。
写真は、5号機の周りの雪かきの模様を載せました。
5号機は背丈も低く、その日は風も穏やかだったので、楽に張ることができました。また、5号機は新品のビニールを使っているので、出来栄えも綺麗です。
現在2棟完成です。

だいぶスタートダッシュには乗り遅れましたが、今年は質の高い農業を目指して、徐々に挽回していくつもりです。
みんなで一致団結してやりおえた後は何とも言えない満足感でした。
一つのことを達成した後に 訪れる至福感 最高ですね。

2015年3月16日月曜日

春の準備中

こんにちは
最近、りんごの木の選定をしたり桜の木の雪かきをしたりと樹木とふれあう機会が多くありました。
ふれあう中でひとつ気がついたことがあります。

それはそれぞれの木の枝の先に芽がついていることです。
遠くから見ていても葉がなく枝だけに見え生命としての活動を停止しているかのように見えます。
しかし、ちゃんと芽がついているのです。
あらためて生命を輝かしている姿を見出すことができます。
 冬の寒さに耐えながら春に向けての準備をしているのです。
美しく力強く見えます。

春に花が咲いた姿もきれいですが冬の樹木も美しく思います。

担当 Y・K

2015年3月15日日曜日

さおりちゃんの主治医の山田先生

みなさま、こんにちは。
こちら飯綱は、もう3月だというのに、雪がずんずんと降り積もっています。気温も低く、戸隠が水源の水道水もものすごく冷たい水が出ます。
 そんな雪のなか、今日はさおりさんの主治医の山田先生が愛知病院から、診察が終わった後に、往診に来てくださいました。長野市内から雪深い飯綱高原までわざわざ車で登ってきてくださいます。

いつもいつも、さおりさんのことを、「さおちゃん、さおちゃん」と愛情をこめて呼んでくださいます。
 さおりさんが、大風邪をひいて、危篤状態になったときも飛んできてくださって、的確なアドバイスをしてくださいました。
 今回の、糖尿病のお食事についても、いろいろとヒントをくださいまして、大変ありがたく思っています。

 今年の冬は、なんとか風邪もひかずにのりきれそうですが、それも水輪の皆が予防接種を受けたり、山田先生にお世話になっているからだと思います。これからも、末永くよろしくお願いします!

養生塾のご案内

こんにちは!
                       
本日は4月10日(金)~15日(水)に行われますホリスティック医学協会会長帯津良一先生の養生塾のご案内をさせていただきます。

水輪養生塾は、当財団の塩沢みどりがファシリテーターとなり
皆様が気軽にどんなことでも、質問しやすいようにします。
人気の車座交流会もあり、帯津先生に親身に対応していただけます。
そのため、とても活発な話し合いが飛び交い、来ていただいたお客様も
とても元気になられてお帰りになられます。
朝は帯津先生直々に気功「時空」の指導があり、
とても気持ちのよい一日をスタートさせることができます。

宿泊施設も、天然の檜で全て作られており、
都会のコンクリートとは違い、呼吸がしやすい、
健康に配慮した建物となっております。

また、お食事も隣接した自然農園の畑で作られた、
エネルギッシュなお野菜を中心とした料理を出させていただいております。
化学調味料も一切なしの厳選された食材のみ使用して調理させていただいております。

大変人気のセミナーとなっておりますので
ぜひご参加くださいませ。

きっとよい出会いが待っています。


詳細はこちら


担当:木賊(とくさ)

2015年3月12日木曜日

“もろこしチップ”入りパウンドケーキ

スイートコーンの粒を乾燥させ粉末にして、“もろこしチップ”入りパウンドケーキを焼きました。

スイートコーンの粉末は、皆様に召し上がっていただいているネパールコーンに負けないくらい元気や勇気が湧いてくる、とても鮮やかな“からし色”です。

パウンドケーキの出来上がりはスイートコーンの甘みと歯ごたえが十二分に楽しめます。コーヒーやミルクティーといっしょにいただくと、相乗効果でよりおいしく召し上がっていただけます。


静かに雪が降り積もっても、たまに吹く暖かい風や、山の雪景色を見ると、季節はどんどん春らしくなっています。自然の息吹を感じにグリーンオアシスにぜひ、お立ち寄りください。お待ちしております。

2015年3月11日水曜日

自然の美しさ

皆様こんにちは
3月も中旬を迎えようとしており、「ここ飯綱にも春がやってきました」と言いたいところですがまだまだ冬は終わらない様子です。先日も夜の気温が-2℃~-3℃ほどまで下がった日もあり、なかなかしっかりと温かくはありませんが、少しずつ温かくもなり始めているところです。

そんな飯綱の冬の地にも、冬ならではの自然の美しい姿があふれています。

日々そのような自然に元気をもらい、自然の偉大さを感じます。

みそづくり実習

皆さんこんにちは。
味噌づくり当日は、鍋に火を入れ、麹を量り、袋に小分けにする実習から始まります。
今回も昨年の改善点を生かして、スピーディーに、間違いのないように慎重に取り掛かります。
毎年、研一先生と一緒に指導していただきながら味噌づくりを行っていましたが、昨年からはスタッフ実習生だけで行っています。


片付けやお掃除も含めると15時間ほど通してやり続けるという実習です。特に味噌玉作りの実習は、やる気と根気の体力勝負のハードな仕事になります。そのハードな状態を助けてくれるものは、お客様に美味しいと言っていただきたい。笑顔が見たい。

そして先生方、さおりさん、水輪のみんなの美味しいと喜ぶ顔が見たい!という味噌づくりチームの純粋な気持ちと、味噌に込める愛情です。

塩をほぐし、麹をほぐし、大事に育てた大豆たちの生まれ変わっていく姿を、目でしっかりと見ながら、そして、手で感じながら、大豆の声を心で受け止める。
心の耳を澄ませしていると、「そろそろ味噌玉にしてもいいよ。」という声が聞こえてくるようです。

味噌玉担当の男性陣は、ハードな中、顔が笑顔でほころんでいました。
みんな赤ちゃんに目を向けるときのような、さおりさんに挨拶するときのような優しい笑顔をしていました。


出来上がりの味が楽しみです。