2015年2月25日水曜日

味噌作り前夜

みなさんこんにちは。いよいよ明日は、味噌づくりの日です。前々日から水輪ナチュラルファームでとれた無農薬で作った豆を戻し、セッテイングは準備万端です。約500キロの味噌が仕上がる予定です。

数日前、水輪ナチュラルファームでとれた無農薬で作ったお米を白米にして預けていた西麹店さんに、麹を取りに行きました。


明日は早起きして、がんばります。






2015年2月24日火曜日

自家製ぬか床作り

私の家では、おばあちゃんがぬかずけを漬けてくれていました。
おばあちゃんの大根の漬物や白菜の漬物が私は大好きでしたが
自分でぬか床を作ったことがありませんでした。

水輪でも昔からぬか床で作った漬物をお出ししていますが、
今回みどり先生に教えていただき、私は初めてチャレンジしました。

ぬかも野菜も水輪ナチュラルファームのものを使いました。
少し大きめのタッパーを用意しその中にぬかと塩とお水をいれ
お味噌ぐらいの硬さになったら、昆布、鷹の爪、ニンニクなどを入れます。
ニンニクは半分に切る事が味が出るポイントだそうです。

発酵するものなら意外なものでもおいしくなるそうですが、
まだまだ初心者の私には、冒険がまだできないようです。
サンショウの実なども採れる時期には入れてみたいなと思います。

少しずつ飯綱でも春の訪れを感じるほど暖かい日もあります。

春になりいろんなものが収穫できぬか漬けにするのが楽しみです。

2015年2月21日土曜日

雪とともに

 みなさま、お元気ですか?
 いのちの森水輪の地は、一面、雪の銀世界となり、春を予感させる光が差し込んで、神々しい感覚を受けます。

これからのいのちの森は、霊性というのが大きなテーマとなってきます。
それは、自然栽培においては、大自然、宇宙とつながり、感じ、美意識をもって、すべてのことにあたること。

それを身の回りのことにあらわすこと。畑ハウス、畑を美しく保つこと。
畑のことに限らず、日常のすべてのことに、しごとに一生懸命取り組むことが、本質に直結していると感じます。


 大雪の中、雪かきもみんなでがんばっています。

2015年2月20日金曜日

六つの精進

今年初めての長野盛和塾自主例会が開かれました。定期的に開かれる自主例会のお食事は、毎回頭をひねります。経営者として、人間としての在り方を、ド真剣に学ばれている方々のひと時の楽しみの時間となるように。いつも新鮮さを感じていただけるように。毎回メニューを決めるときから、奮闘します。

最近、スタッフ実習生の朝食の時間に稲盛塾長の「六つの精進」というDVDを観て学んでいます。この時間も生き方・働き方学校の授業の一貫になっています。

「六つの精進」
1、誰にも負けない努力をする
2、謙虚にして驕らず
3、反省のある毎日を送る
4、生きていることに感謝する
5、善行、利他行を積む
6、感性的な悩みをしない

稲盛塾長の体験から語られるこのお話の内容は、私たちの考え方を正し、成長する方向へ、導いてくれています。
塩澤先生方が盛和塾で学び、実践し続け学んでこられた生き様から私たちも学ばせて頂いています。


先生方と共に学ぶ、盛和塾の皆様に心を込め、感謝の気持ちで、厨房メンバー一同、お食事を作らせていただきたいと思っています。

2015年2月18日水曜日

水輪の若草四姉妹

みなさま、こんにちは。
今日は母屋でさおりさんケアを行わせていただいている私達のことをお伝えします。
今、さおりさんケアをしているのは、Mさん、Aさんとともに3人で主にさせていただいています。

MさんAさんは、さおりさんのお食事作りを担当していて、さおりさんのために愛情たっぷりの野菜スープを作ってくれます。
それから、鼻チューブで食べるための流動食も、血液検査の結果と向き合いながら、みどり先生と話し合って工夫して何とかさおりさんに栄養いっぱいのものをと作っています。




さおりさんは、今年40歳になりますが、年々かわいらしくなられて、以前に比べ笑顔もたくさん増えて、生命力は強くなられているように思います。


私がさおりさんに初めて会ったのは、さおりさんが26歳の時でした。その時から、さおりさんはお目目がくりくりとして、髪の毛も、後ろのほうがクリンクリンとカールしていて、本当に天使ちゃんのようでした。
その印象は今も変わらず、それでいて、ありのままの自分でいいんだよ、と私たちに教えてくださいます。


大病もして、年も重ねられていますが、さおりさんは、生きる喜びを体中で精いっぱい表現してくれているように思います。
まだまだ、至らないところばかりの私達ですが、研先生は、私たちのことを、若草物語のべスを囲んだ3人姉妹に例えて、水輪の若草四姉妹といってくださいました。

わたしたちは、体の弱いさおりちゃんを中心に囲んで思いやり、一致団結してさおりちゃんを守っていきます。
さおりさんからは、たくさんのものをいただいています。さおりさん、これからもよろしくね!!


担当;さとう

健康・手作り酵素

以前、いのちの森で行なわれた、手作り酵素のセミナーに参加させて頂き酵素の作り方を教わりました。

最近は加熱調理されたものが多いため、現代人は酵素不足です。

生物は、酵素によって生まれ、酵素によって生かされ、酵素が少なくなると老化が早まり、病気になります。

手作り酵素には、活きた酵素の他に必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなど多くの有効成分が含まれています。

加熱殺菌をしませんので、酵素と有用微生物が生きています。

有用微生物の働きにより、長期保存が出来ますので緊急時の保存食としても有効です。

この酵素の材料を水輪ナチュラルファームの無農薬のお野菜や果物を使用します。春には新芽のエネルギーが入った野草酵素。

秋には根物や山の木の実などの酵素。

それぞれその時期にその場所で採れたものを使います。


次回は、5月の新芽が出る時期に野草酵素を作りたいと思います。

2015年2月17日火曜日

いのちの森  売店の紹介

グリーンオアシス・レストランにある売店のご紹介をさせて頂きます。

売店にあるものは、全ていのちの森で作った手作りのものです。

人気のあるお菓子は、ここの敷地で採れた野草や野菜で作ったクッキーやパウンドケーキで、安心して召し上がれるお菓子です。

お砂糖も甜菜糖を使用していて、アトピーの方も食べることが出来ます。

野草は、春が一番薬効が強く、敷地に生えてきた若い芽を摘み乾燥させます。
すぎな・くまざさ・おおばこ・くわ・よもぎなど身体に良いものばかりです。

その他に人気があるのは、「切り干し大根」や「七味唐辛子」です。
切り干し大根は畑の大根を乾燥させたものですが甘みが凝縮しているため、そのままでも美味しく召し上がれます。
煮物にしても、お菓子としても、サラダにしても美味しいです。

七味唐辛子も、畑の唐辛子と山椒を使用しています。
山椒が利いていて、和食にも洋食にも相性がいいです。

担当 小林