2014年7月27日日曜日

日向ぼっこ


皆さんこんにちは。今日は、さおりさんがベランダに日向ぼっこに出れた報告をします。 
 さおりさんは恥ずかしがり屋なので、カメラを向けるとプイ、と違うほうを見たり、顔が無表情になってしまうのですが、今回はいい顔で、いい写真が撮れたと思っていたのですが、光が多すぎて真っ白になってしまいました・・ざんねん・・。
 何はともあれ、さおりちゃんはとてもよろこんでいました。普段、部屋の中では感じることのできない、風のそよぎ、日光のまぶしさ、虫が飛んでくる羽音など、それらすべてを体全体で感じていました。赤いリボンの麦わら帽子も、よく似合っていました。今日のように、今年は天候のいい日に、さおりちゃんのサイクルの許す限り、外に出て日向ぼっこをさせてあげたいと思います。
       
                               担当;さとう

2014年7月24日木曜日

体験することで、初めて痛みがわかる



 みなさん、こんにちは。今日は、みどり先生の言葉から思ったことを書かせていただきます。先日、みどり先生は、歯から菌が入って、骨髄炎になってしまいました。なかなかさおりさんの傍から離れられず、2,3日、歯の痛みを我慢していたのですが、頬が赤くはれてきたので病院へ行ったところ、骨にまで炎症がおこっているといわれました。
 みどり先生は,「さおりも頬が赤くはれているときがあった。その時はわからなかったけれど、この痛みは、さおりも経験した痛みかもしれない。」と。
 それから、みどり先生がよく言うのは、自分がなにか痛かったり、不調があったりすると、「神様が、さおりちゃんの痛みをよくわかるために、私に痛みを体験させてくれている」
ということです。
 それを聞いたときああそうか、と思いました。私だったら、ただただ、痛みや、不快感に巻き込まれてしまって、痛い、痛い、と頭が「痛み」に支配されてしまいますが、頭を切り替えて、これも、さおりちゃんの痛みがわかるためだ、と思えば、痛みをこらえたり、どんな痛みか分析したり、さおりちゃんも頑張ったのだから、私も頑張ろう、と思えるのではないかと思いました。そして、わたしも少しでも、さおりさんの痛みをわかり、それに寄り添えるような行動をとれるようになりたい、と思いました。



                             担当;さとう

2014年7月16日水曜日

TREさんのお食事



先日23日いらっしゃったTREさんのセミナーで
お客様にお出ししたお食事を載せたいと思います。

完全菜食メニューではなかったのですが、
なるべくお野菜中心のメニューを組み込ませていただきました。

畑のお野菜がどんどんとれはじめており、畑のお野菜を使ったサラダは
毎食お出しすることを心がけてお料理を作らせていただきました。
かぶ、レタス、春菊、ルッコラ、白菜、きゅうりがとれ始めています。
それらの野菜を組み合わるだけでおいしいサラダの出来上がりです。
写真にはないのですが、野沢菜の塩炒めもシンプルですが、
朝どりでとれたてのためとても新鮮で、おいしいです。

今週末は大勢のお客様をお迎えいたします。
いらっしゃるお客様にご満足いただけるよう、お料理を作らせていただきたいと思います。



















担当:木賊







2014年7月15日火曜日

地球にやさしい生活




みなさま、こんばんは。

いのちの森水輪では、毎日の生活を通して地球環境を守ることに

関わらせて頂いています。

毎食後、自分達で食べた後の食器を、ボールとヘラを使い

きれいに落とします。

出来るだけ川に洗剤を流さずにすむように。

そしてこの尊い行為を学びに来られるセミナー参加者のみなさまにも

お願いしております。

このことを、アシスタントスタッフの飛田 航介さんがまとめてくださいましたので

読ませていただきます。

ここいのちの森は「禅」がベースにある。
私たちが食器下げを通し学ぶものは、動禅というもので、自分のひとつひとつの
動きに意識的になることを学んでいく。意識的になるために、食器は同じものを積み上げて、自分の皿に残った余りものは、用意したボールにヘラを使って,きれいに落とすことをお願いしたい。そして、この皿をきれいにしておくということは、洗剤を使う量を減らし、地球を汚さないという環境配慮の意味も込められている。
私たちいのちの森のスタッフ、実習生も食べ終わった皿はお湯で洗い、お漬物できれいに食べかすをこそげ落として、それを頂いてから食器洗いをするように心がけている。
禅寺では雲水さんが実行されていることで、わたしたちもそれに感動して取り入れている。
この行為そのものが、こころをきれいにしてくれる尊い行為だと思ってやっている。

この食器さげは単なるお片づけではなく、片付けを通していかに人は意識的になることができるのか、いかに全てのことから学び、成長の糧とすることができるのか、ということを学んでいただきたい。

ぜひみなさまも毎日の尊いこころがけに

ご参加ください。

                                        


                          担当 小林


野草クッキー



とうもろこしとくまざさの葉とびわの葉のクッキーを焼きました。標高1000m以上のここ水輪は市街地よりずっと涼しく、やっと紫陽花の花が青色に色づき始めました。ずっと涼しいとは言え、クッキーの生地を作ると「こんなにやわらかくて、型抜きなんてできるのかしら…。大丈夫かな…。」と思うほどやわらかくなってしまいました。それでも、生地を冷蔵庫でねかせると型抜きできる程の固さになり、一安心。さくさくの焼き上がりになりました。野草のくまざさは周辺に生えており、びわの葉はいつも水輪のことを気遣って送ってくださる方からの贈り物。とうもろこしは畑で採れたとうもろこしを挽いて粉にしたものから作りました。自然と多くの方に支えられて作られたクッキーです。ぜひ、お立ち寄りの際は、召し上がってみてくださいね。お客様に「もう一度来たいね。」と思っていただけるように水輪で学びながら、お待ちしています。
                
              担当 田川





2014年7月14日月曜日

スタッフ実習生のよるごはん



はじめまして。水輪実習生のヨウコです。主に館内とさおりさんのケアの方で、
お仕事をさせていただいております。水輪に来てだいたい1年ぐらいです。
ここでの食生活にまつわることを、少しでも皆様の中にお伝えできたらいいな、と
思います。よろしくお願いします。

今日も、みんなが館内清掃、事務、畑作業、さおりさんのケア…
それぞれの部署で汗を流しながらめいっぱい頑張っている午後、アウトドアの厨房で、
なかまを思いながら、愛情たっぷりの手作りお料理を作ってる方々もいます。
かくいう私も、客室清掃をしている時、
開いている窓から美味しそうな香ばしい匂いがして、
「美味しいごはんが待っている!がんばろう…」と思えました。

この食事作りですが、なかなか、かなりの集中力、気力がいると思います。
主婦の読者の方もいらっしゃると思いますが、料理って、メニューにもよりますが、
作るのはなかなか時間がかかります。ひとつ下ごしらえするにしても。

今日は、お客様がいらっしゃらなかったので、
厨房スタッフの鷲尾さんと、よく食事作りの補佐をして下さる、実習生のKさん
の二人が、つくってくれました。
鷲尾さんは、「みんな」に美味しいものを食べさせてあげたい…という精神の持ち主で、
スタッフ実習生に対し、非常に仲間意識を持っています。
Kさんも、今日は淡々と素早く鷲尾さんの補佐をし、30人のスタッフ達の食べる、
ものすごい量の野菜を切ってくれました。
彼女は最近、感謝をしても、指摘をしても、何かお願いしても、
「ありがとう」と言ってくれます。みんなそれぞれの考えを、教えてくれたから
「ありがとう」なんだそうです。すばらしい心だな、と思います。

みんながみんなのために
みんなのものはひとりのもの
ひとりのものはみんなのもの

そんな、利他の心と、仲間意識をひしひしと感じました。
心も満たされる、すばらしい夕食です。



















      担当 Y.I