2013年11月30日土曜日

2013年11月30日 おやきづくり体験

今日は研先生に信州名物おやきの作り方を教えていただきました。

おやきの具はいのちの森水輪のとれたて無農薬野沢菜です。

おいしい野沢菜を小麦粉の皮で手でひとつひとつ丁寧にくるんでいきます。なかなかくるむのが難しくみんな真剣にくるんでいます。
研先生のお話では信州は気温が低く、なかなか昔はお米が貴重なものだったそうです。そこで小麦粉などの粉を使った料理の文化が発展してきたということだそうです。

生まれて初めておやきを作る実習生も多くみんな楽しくおやきを作っています。

集中してつくらないと、皮から具がはみ出てしまいますので、みんな一生懸命です。

研先生から出来立てが一番おいしいから、片付けは後にして、今すぐ食べようと言って頂いたので、みんなできたてアツアツのおやきをほおばりました。

今の野沢菜の時期しか食べられない旬の瞬間の味です。

今日はおいしい野沢菜を作る実習、そしてできたての味を皆で楽しみました。添加物を一切使わず、すべて自分達で手作りした、作り立てのあつあつが一番おいしいとみんな言っていました。

保存食をしっかり確保しましょう。


冬になると雪で野菜が採れなくなってしまいます。

昔ながらに保存食を蓄える時期です。

 
大根のたくわん漬けや白菜づけなど

先日やった野沢菜漬けもそうですが

どれも冬の為の蓄えです。

 
昔の人は、本当に生きる知恵がすごいなと思います。

私達ももう少し生活に対して

生き延びる為にはどうするかなどを真剣に取り組んで

いかなければならないと思います。

 
担当:平岡

2013年11月29日金曜日

2013年11月29日 驚異的なすぎな茶

スギナには実は驚異的な栄養が含まれています。

ミネラルが豊富な野菜の代表ほうれんそうと比較するとリン、カリウムは5倍、
なんとカルシウムは155倍、マグネシウムは3倍です。
[#IMAGE|f0086827_18503418.jpg|201311/29/27/|mid|200|200#]
実は以前尿路結石になった方が、
いのちの森水輪のすぎな茶を飲んで健康を回復したという話もあります。

主なものとして
・葉緑素(血液を造ったりきれいにする。損傷を受
けた組織を修復する。肝臓を強化し体内の毒素
を排出しやすくする)
・ケイ酸(体内の組織と組織結ぶ作用、不足すると
記憶力低下)
・エキセトニン(サポニンの一種)
・ガルテオリン
・ベータ・シトステロール
・カルシウム(骨格を形成し、体液、血液の酸・アル
カリバランスを保つ)
・マグネシウム(骨格を形成し、体液、血液の酸・アル
カリバランスを保つ)
・ナトリウム(自律神経の働きわコントロールする)
・カリウム(自律神経の働きわコントロールする)
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE
・鉄(ミネラル)
・亜鉛(ミネラル)
・マンガン(ミネラル)
・銅(ミネラル)
・その他のサポニン類

さてなぜすぎなの話しかと言うと、
いのちの森水輪の無農薬のすぎな100%のすぎな茶を販売しております。
1袋350円ですが、栄養満点。香りもよく非常にすっきりしたのどごしです。

おいしいです。

皆様ぜひお試し下さい。

2013年11月28日木曜日

昔ながらの味噌作り


毎年2回味噌作りをして1年分の味噌を作ります。

 

昔はどの家庭も1年分の

味噌作りをしていました。

 

実際味噌作りをして

昔は豆をするのも手ですり

味噌を練るのも手でこねる

それがかなりの重労働。

 

昔の人達は本当に

何もないとこから追求し

良い物を作り上げ現代まで進化し続けている。

 

今は何でも手に入り

お金さえあれば手軽に手に入る。

 

便利になりすぎるのも

人間にとって良い事ではないのかもしれない。

便利な世の中に楽に生きようと苦労や困難を避ける。

それが本当により良い人生を送る為には困難を乗り越えてこそ

より良く人生が開けてくるのではないでしょうか?

 

 

忘れてはいけないもの

守らなければいけないも

伝えていかなければいけないもの

 

今回は600キロの豆を朝5時から夜の10時までで無事終わる事が出来ました。

味噌作りを通して

私達には次の世代に伝えていく使命がある。


担当平岡

言葉


11月27日

こんにちは。今日は、さおりちゃんの言葉についてお話します。さおりちゃんは、生まれた時の傷で、頭蓋内出血を起こして、ハンディを負ってきたため、言葉を話せません。しかし、その代わりに、様々な声色で感情を表現しています。例えば、ごきげんなときには、だららららら~、や、おえおえおえ~、りりりり~、と大きな声で、ごきげんだよー、と教えてくれます。先日は、ちょっと変り種で、「あダダダダ、ら~」、の「ら~」にアクセントがついて歌っていました。2年前くらいには、「えおい~」という3語のことばを、おいしい、というようにつかっていたときもあります。

 これは、みどり先生から聞いたお話ですが、さおりちゃんは「ママ~」という言葉を、小さいときに、たった一度だけ言ったそうです。それ以来さおりちゃんのくちからその言葉を聞いていないので、ときどき「ママって言ってね、ママって。」といいながら練習するそうです。私も、こっそり「さおりちゃん、ママ、ママだよ。いってごらん。」と、ときどき練習します。さおりちゃんは、じっと私の言葉を聞いて考えているようですが、ひかえめに「あ、あ~」といいます。さおりちゃんは、本当は心の中ではたくさん、ママ~といっているのかもしれませんね。

 でも、いつかきっと言ってくれるかもしれないと思って、さおりちゃんといつも「ママ~、ママ~!」と練習していきます。さおりちゃんのこころと体には、きっといつまでも「ママー!」という音が響いていることでしょう。

 
担当、佐藤りえ

2013年11月27日水曜日

2013年11月27日 禅を体験させて頂きました。

先日、雲水の星覚さんがワークショップでいのちの森水輪に来られました。
星覚さんは現在ベルリン在住されているそうなのですが、
今回は高原響さんの主催でいのちの森水輪にお越しになられました。

ちょうどいのちの森水輪の実習生も禅を時々実践していますので、この機会に禅に参加させて頂きました。

星覚さんには永平寺の作法など教えていただき、「まずは形から入ることが大切」と禅の姿勢や姿形をしっかりと意識することを教えていただきました。
星覚さんも永平寺でひとつひとつ教えてもらったのではなく、まずはきちんと形を整えることから自ら学びを深めていかれたと、お話して下さいました。教えられるのではなく、形から入って自ら学ぶ。このことの大切さを説かれていました。

さていのちの森水輪の実習生はしっかり禅ができたでしょうか。
時々外部から来られる先生の教えを体験させて頂くことも、とてもよい学びとなります。
星覚さんたいへんありがとうございました。

2013年11月24日日曜日

2013年11月24日 講演会のご案内

2013年12月14日に食はいのち、佐藤初女さん講演会が開催されます。
皆様是非ご参加ください。

2013年11月22日金曜日

さおりちゃんの満月


こんにちは。昨日は、満月でした。さおりさんは、丸一日中眠らず、目がらんらんとしていました。

 さおりさんは、時々、興奮して眠らない時があります。そういう時はたいてい満月の前後です。

 さおりさんが小さいときに、主治医のせんせいが、満月の夜に眠らないさおりちゃんを見て「さおりちゃん、それじゃ、オオカミ少女じゃないかー」といいました。それを聞いてみどり先生はすかさず「先生、かぐや姫と言ってください!!」というやりとりがあったそうです。それからは、先生はさおりちゃんが診察に行くと、毎回「かぐや姫がきたね!!」といってくれたそうです。

さおりちゃんは、30年以上、飯綱に来てからですが、お月様のサイクルで生活しています。一日が25時間なので、一日に一時間ずつ、生活の時間がずれていきます。

なので、夜遅く起きだして、明るくなってから眠る日もでてきます。

満月の晩には、さおりちゃんの元気な声が、さおり庵に響きます。

 
担当、佐藤りえ

お風呂


こんにちは、今日はさおりさんの移動入浴の日でした。昨日は、道が凍って車が通れなかったため、一日遅れて今日になりました。毎回、優しいヘルパーさんが3名ほど来てくださり、母屋のリビングへ組み立て式の浴槽を運び込んで、お湯をそこへ溜め、

さおりさんを運んでお風呂に入れてくださいます。

 さおりさんはお風呂の時間も大好きです。

 
 昨年の冬は、乳腺症が悪化したため、菌の感染を防ぐために移動入浴車の浴槽ではなく、自家用のプール型浴槽を使い、ホースを組み立てて、浴槽のお湯を使って、母屋リビングで、水輪スタッフ実習生の皆で、さおりさんをお風呂に入れました。

 さし湯のお湯はたりているか、お風呂のお湯の温度はちょうどよいか、ホースを通ってプールにお湯が来るまでに、冷めてしまうので、熱めに温度を設定したりと、皆で役割分担をしてよい経験ができました。

 さおりさんに風邪をひかせないように、皆でさおりさんのいのちを真剣に守りました。

 

担当、佐藤りえ

2013年11月21日木曜日

2013年11月21日 ダンスパーティー

冬になってくると、畑も宿泊も落ち着いてきて、
いのちの森水輪のスタッフ実習生もゆっくりと過ごす時間がとれるようになってきます。

今日はダンスをしてみんなで楽しみましたので、
その様子をアップさせて頂きます。

ダンスは動きにみんなの個性が出てきて、
おもしろかったです。












2013年11月15日金曜日

2013/11/15 毎年恒例味噌作りが始まります


毎年恒例味噌作りが始まります。

 

味噌作りをする為に

前準備がとても重要です。

 

麹を作りの為お米の選別をして麹を作り

大豆を用意し味噌を漬ける樽の準備などなど沢山の準備を経て

味噌作りがやっと始められます。

 

 
2日前からは約600キロの大豆を洗いお水につけていく

600キロとなると樽の量が20樽

これを明日から大豆を煮て

作って行きます。
 

 

明日は、早朝から一日がかりで味噌作りをしていきたいと思います

 

 

味噌作りが成功するように

頑張りたいと思います。
 担当:平岡

ななかまど


こんにちは。昨日は初雪が降りました。まだ11月の初めだというのに、けっこう積もりました。



さおりさんの部屋の大きな窓から見渡す雪景色は、白銀の世界に、朝の日光が反射して、キラキラと光りとてもきれいでした。さおりさんのお部屋の前にはナナカマドの木が、窓に寄り添うように生えています。この木は、さおりさんが飯綱へきたころには、まだ窓の下に枝のてっぺんが来ているぐらいだったそうです。

 






 今では窓から見上げるくらいに、ナナカマドの木も大きくなりました。
 

さおりさんといっしょに成長し、さおりさんを、この30年間見守ってきた木です。

さおりさんの部屋を、ナナカマドの部屋とわたしたちは呼んでいます。

 さおりさんが、ほとんどの時間をすごすこの部屋は、部屋の中にいながら自然の森の中にいるように感じるほど、窓が大きく作ってあり、木々の枝がまじかに見えます。 

 春の小鳥のさえずりや、5月にはナナカマドの白い花、夏にはみどりの葉っぱの葉脈が光に透けて見え、秋には赤い実がなり、冬にはふんわりと枝に積もった白い雪。それぞれの季節が、手に取るようにまじかに見えます。

 
 さおりさんは365日、どこへも行かずこの窓から見える飯綱の四季を感じとっています。
 
担当:佐藤りえ

養生塾が開催されます

恒例の人気セミナー
公益財団法人いのちの森文化財団主催
「養生塾」が開催されます。

あなたの健康のことで知っておきたい
自然治癒力と免疫力を上げる学びの合宿
ホリスティック医学協会会長 
がん専門病院帯津三敬病院の
帯津良一先生をお迎え致します
秋の養生塾はどなたでも
たっぷり帯津先生に質問できます

毎回大好評の帯津先生の養生塾。
年5回開催される養生塾。
毎年秋の養生塾はとてもゆったりと過ごしながら、
帯津先生と一緒に過ごすことができる合宿です。
食事も隣接する無農薬の畑で朝取りしたお野菜を中心に、
特別養生食をお出し致します。
水輪名物人参ジュースや酵素玄米など、
自然治癒力を高める食事を毎食用意致しております。

養生塾では帯津先生に何でも質問できる以外にも、
・健康な方も参加できる。
・帯津先生に当日ホメオパシーを処方して頂ける。※別途料金
・帯津三敬病院の優先予約可能
など様々な特典があります。

詳細はこちら → http://inochinomori.or.jp/?page_id=278
チラシはこちら → http://inochinomori.or.jp/wp-content/uploads/2013yojojuku.pdf

● 日程 2013 年 11月22日(金) ~ 27日(水)
※2泊3日から参加可能です。

● 参加費
��A)2泊3日 45,000円
��B)3泊4日 57,000円
��C)4泊5日 69,500円
(D)5泊6日 79,500円
��講師費、会場費、宿泊、夕朝食の委託費含む)

● 振込先 参加費振込確認後、順次正式受け付けとなります。
 乗合タクシー希望の方は片道1,100円・往復2,200円を合わせてお振り込み下さい。
 (申込受付後詳細資料送付)

●振込先
 ◎ゆうちょ銀行 振替口座 00520-3-42181 公益財団法人いのちの森文化財団
 ◎みずほ銀行 長野支店 (普) 1991794 公益財団法人いのちの森文化財団
皆様どうぞお出で下さい。
お待ちしております。

2013年11月12日火曜日

2013年11月11日ダンス、動物のまね、時にはパーティー

私たちは日々真剣に生き方と働き方を学んでいます。生活と仕事を通して学び、人生の土台を作るために、全員がまじめに取り組んでいます。
でも時々みんなで遊んで楽しいひと時を過ごすこともあります。
今日は動物のまねをしてみんなで楽しい時間を過ごしました。楽しそうなみんなの様子をアップします。
ライオン

ゴリラ

ペンギン

いのしし






(笑)

(笑)


そして最後にはみんなで愛と致しのエネルギーを共有しました。



2013年11月11日月曜日

仙道さん


こんにちは。きょうは、さおりさんのマッサージをしてくださっている仙道さんのことをおはなしします。

 さおりさんは、仙道さんのマッサージがとっても大好きです。横になったままの姿勢が多いさおりさんは、以前は、左手がむくんだり、肩が凝って辛そうだったりしていましたが、今は一週間に4日仙道さんに来ていただいて、とっても幸せそうにしています。

 仙道さんは、盲目のマッサージ師さんですが、とても優しくさおりさんに接してくれる方です。仙道さんは、障がいを持っている人は、それに耐えうる強さを持っている、とおっしゃいます。「わたしは、いつもさおりちゃんから、いろいろ教えてもらっているよ。」とおっしゃいます。


 
 今年の5月にさおりちゃんが肺炎になって危篤になった時も、仕事の合間に毎日かよってくださり、ずっと付き添ってくださいました。

 じっとさおりさんにお手当てをして、気を送ってくださっていました。

さおりちゃんが快復した時には、心から喜んでくださいました。

 さおりさんも、そんな仙道さんが大好きで、とても安心して心をかよわせているようです。
担当:佐藤りえ

2013年11月11日 水輪ブログ 柿とり

水輪のご近所さんのKさんのご自宅に柿を取りに伺いました。
柿の木には柿がものすごくたくさんなっていて、

全部で4コンテナも柿を頂きました。
スタッフの久保が木に登って柿を落として、めぐちゃんが柿を拾って集めていきます。

自然の豊かな環境の中で、
自然の柿を拾うと、とても気分もよく楽しくなります。
時々柿も食べてみたりめぐちゃんも楽しんでしました。
Kさんの柿はとてもおいしく、すぐにみんなで干し柿を作りはじめました。

もちろん夕食のデザートにも柿を頂きます。

Kさんにはいつもお世話になっております。
ありがとうございます。

2013/11/09 りんごジャム作り


待ちに待った

畑のりんごの収穫しました。

 

なんと

無農薬のりんごです。

 

無農薬のりんごを育てるのは本当に手をかけないと

ちゃんとしたりんごに育たない。

農薬をかけない為

木に登り虫を寄せ付けにようにする。

実際去年のリンゴは、食べれる状態の物がとても少なかった。

 

今年は例年に比べ沢山の無農薬りんごが収穫できました。

 

今回は見た目めが悪いりんご達をりんごジャムや

りんごの砂糖衣にしました。

 

本当に貴重なりんごを大切に手間暇かけて

作り上げました。

 

とてもきれいな色でとてもおいしい物が出来ました。

 

みなさんいのちの森水輪に来た際は、

是非食べてみてください。
担当:平岡
 

2013年11月10日日曜日

2013/1/04 日常断食が無事終わりました


2泊3日の日常断食が今日で終わりました。

宮島先生からまずはじめに断食で一番大事なのは

、断食後の食事が大事だとお話がありました。

 

断食後に沢山食べてしまいがちですがそれでは、断食した意味がなくなってしまいます。

 

断食後の食事のメニュー

 

畑の大豆が沢山入ったひじきの煮物

畑の小松菜のアボカドのりあえ

豆腐の田楽

野沢菜塩炒め

シイタケステーキ

 

畑の野菜を沢山使い味は薄めにしてお出ししました。

 

食事だけでなく

宮島先生の講義を聞くだけで

悪い物が出ている感じがするという実習生もいました。

 

悪い物をだして体が生き生きする

体が喜ぶ食事を心がけましょう。

 

担当平岡