2013年7月29日月曜日

2013年7月29日 般若心経の真髄を学ぶ

��013年8月30日金曜日~9月1日日曜日
公益財団法人いのちの森文化財団主催で
心の探求 般若心経の真髄をひもとく
が開催されます。

般若心経の本当の意味は。
どのように生活に関わっているのか。
様々なお話を
高野山真言宗阿闍梨 宮島基行先生からお教えいただきます。

このブログで前回の学びを少し掲載させて頂きます。

般若波羅蜜多心経の意味
 摩訶般若波羅蜜多心の意味ですが、摩訶は大いなる、般若は仏の智慧、波羅蜜多は完全・完成、心は心臓。
 つまり般若波羅蜜多心とは仏の智慧の完成の心臓真言という意味になります。
 不思議解脱の三昧に入られたお釈迦様の近くにいたおかげで通常だったらなかなか出来ない深い般若波羅蜜多の三昧修行(真言行)ができ、自分とは何か、諸存在とは何かと観察できた結果、まず五蘊であると。そして次に五蘊は皆空(ごうんかいくう)…五蘊は五つの集まり(色・受・想・行・識という、自分や存在を成り立たせている5つの項目)ですが、この五つはみな空なんだということが理解できたというのです。
 そして今度は、お釈迦様の近くにおられた舎利子長老が、やはりお釈迦様の三昧の加持力を得て、その観音様の心の状態に気が付いたのです。観音様がお釈迦様の影響のおかげで、どうもすごく深い状態になって般若波羅蜜多の三昧行で何かに気が付いたようだと、舎利子長老は見抜かれたのですね。
 その場面で舎利子長老が観音様に質問されるのです。深い般若波羅蜜多を修行するには、どうやったらいいんですか、どうすればその深い理解が生まれるんですか、と。その質問にたいして観音様が五蘊あり、と答え出されるのです。高野山真言宗阿闍梨 宮島基行講義より 

続きは8月の講義で解説致します。お楽しみに !!

詳しくは
http://inochinomori.or.jp/

2013年7月27日土曜日

2013年7月27日 花がいっぱい咲いています。

高原の夏。
様々な花が咲いています。

丘虎の尾
という花です、
虎のしっぽみたいな花で、とてもかわいい白い花が咲いています。



ほたるぶくろ
紫でとてもきれいな花です。



これは
花豆
食べるとおいしいお豆さんですが、
実は真紅のとても美しい花が咲きます。



これはじゃがいもです。
こんなにきれいな花が咲くんです。
今満開です。



人参の花です。
みなさん人参の花ってみたことありますか?
じつはこんなに素晴らしい花が咲いています。

お野菜も山野草も、色とりどりの花を咲かせます。

皆様もぜひ見にいらしてください。

お待ちいたしております。

2013年7月25日木曜日

畑の春菊

いのちの森水輪には、
調味料の味ではなく
「本当の野菜の味を堪能したい」
と言う
そんな声にお答えできるように
畑の野菜を生かしたお料理を提供している。

今日は畑の春菊は、
生でサラダとして食べても癖がなく美味しい。
この春菊は沢山の人に食べて頂きたい。
スーパなどで売っている
春菊とは全く違う。

野菜本来の味

本当の野菜
味をかみしめる事がどれだけ大切なことか
噛めば噛むほど野菜の甘みが増す。

本当の味覚を取り戻す為
いのちの森水輪では
本当の味を
伝えていく。



2013年7月23日火曜日

一人の百歩より二百人の半歩




 「食卓の向こう側」
この本は食について様々な事を取り上げている
本がある。
今回私が共感したのは、
「生ごみは問う」と言うシリーズだ。

この時期菌が繁殖しやすく
早く食べなければ処分するしかない。

ただ
食べ物を大切にと教育的に教えているのにもかかわらず
余り物を捨ててしまう。
まったく説得力がない。

食にあふれて
食べ物を粗末にしないと言う気持ちが薄れてきている。

だからこそ今回この本にはこの本には
世の中のゴミを減らす運動
生ごみを土にかえすことや
子供達には余り物でおにぎりを作り
もったいないという事を教えている。

私達も本気で取り組む必要がある。

出来るだけ生ごみは土にかえす
そして、食べきれる量だけ作ること。
出来る事から少しずつやって行こう

2013年7月21日日曜日

畑のカモミール



今日は 採れたてカモミールをお客様にお出ししました。

グリーンオアシスにカモミールのいい香りが充満し
歓声が上がるほどの美味しさでお客様に喜んで頂きました。

完全無農薬で
乾燥ではなく生のカモミールは、
どこに行ってもない。

畑が目の前に広がっているから出来る事。

その他
ブルーベリーやラズベリーなども
採れたて新鮮の物をヨーグルトに添え
ました。

採れたての美味しさで
皆さまを楽しませ幸せな気持ちになってほしいです。

2013年7月19日金曜日

夏バテ防止




夏の暑さに対抗していく為水ばかり取りすぎてしまうこの季節
水をとりすぎて胃腸の機能が低下し
血液が薄まり食欲が低下してしまいます。

そんな夏だからこそ
トマトやキュウリがたくさん出来る。

自然と気候に合わせて
夏野菜が出来る。
水分はほどほどにしっかりと夏野菜と塩分
をとりこれから始まる夏を乗りきりましょう


2013年7月18日木曜日

2013年7月18日 帯津良一先生のホメオパシー講座報告

帯津良一先生のホメオパシー講座が公益財団法人いのちの森文化財団主催で開催されました。

基本的なレメディーの使い方から始まって、帯津先生がレメディーこれまで処方されてきてどういう効果があったのかなど、他では聞けない大変貴重な勉強会でした。
また症状にあわせてホメオパシーを選ぶ場合、レメディーの選択が症状レベルのものだけではなく、相手を丸ごとつかみ全人的に診て処方をするということや、重要なお話をお伺いすることができました。
ホメオパシーはまだまだ正しく知られていない現実もありますが、実際に帯津先生が臨床現場で効果があった体験などもたくさんお話いただきました。

また当日は帯津先生の個人ホメオパシーカウンセリングも診て頂き、大勢の参加者が帯津先生からホメオパシーを処方していただきました。
参加者からまらホメオパシーの講座を開催してほしいという声があがり、現在第2回ホメオパシー講座を日程調整中です。できれば今年の秋にでも開催したいと思います。

詳しくは決まり次第お知らせします。

2013年7月17日水曜日

ヒーリングステイメニュー



いのちの森水輪では、
どんどんと畑の野菜が出来あがり
お客様に喜ばれるメニューをお出ししている
カブ
ズッキーニ
じゃがいも
玉ねぎ
を使用したオーブン焼きに
ソースは
畑のイタリアンパセリ、パセリ、シソをオリーブオイル
にんにくを混ぜた畑のソース

お客様もほころぶ美味しさ。
グリーンオアシスでは
畑の野菜を堪能してほしい。

2013年7月16日火曜日

みんなのおやつ



今日は、普段みんなが食べているおやつを
紹介したいと思います。

いいづなでは、
粉物がとても有名でそば粉やネパールコーン小麦など
で作るクッキーやケーキは、みんなの大好物。

今回おやつは、
玄米せんべい
少し古い玄米を使って片栗粉と甜菜糖混ぜ合わせたものを
オーブンに流し込み30分ぐらい焼きパリッとしたらお好みで甘辛のお醤油をつけたら
出来上がり。
とっても簡単で美味しい。

スナック菓子や添加物の物ではなく
水輪では手作りを大事にしている。

2013年7月11日木曜日

2013年7月11日 内藤先生・馬場先生をお招きします。

8月16日(金)と8月17日(土)~18日(日) 内藤正明先生 講演とQ&A
10月20日(日) 馬場俊彦先生  講演とQ&A
が公益財団法人いのちの森文化財団主催にて開催されます。詳細は以下参照

内藤先生・馬場先生は以前からいのちの森通信に原稿を掲載させていただいており、大変深い内容で環境や人間について学ばせて頂いております。
今回はいのちの森文化財団の公益活動として、ひろく一般に講座を無料(上記チラシの講座①と③ ②は1泊の講座につき別途料金がかかります。)にて公開させて頂く講座もございます。
どなたでもご参加いただけますので、ぜひ皆様お越し下さい。
宿泊希望の方には通常料金から大幅に割り引きさせて頂いた特別料金1泊11,500円にてご宿泊頂けます(①と③の講義の時)。
これからの私たちの人生や地球の状態をを見直し、今一度これからの生き方を学ばせていただく良い機会かと思います。
皆様ぜひご参加下さい。

詳細は
公益財団法人いのちの森文化財団 電話026-239-2630までお電話下さい。
お待ちしております。

2013年7月8日月曜日

今日は何の日?



竹取物語のかぐや姫が誕生したという
七夕の日は、有名ですが
実は、
タケノコの日です
これは、全日竹産業連合会が1986年に制定!!

水輪では、漬物のぬかを使いタケノコのあくをぬいていく
3時間から4時間は鍋で
コトコトあくをぬく。

手間暇かけただけあり
タケノコはとても美味しくできました。
コリコリの触感と味みずみずしさは、
他のタケノコ料理では出せないおいしさ

美味しくなるよう気を込める事
丁寧に作る事
これが一番大事である。

2013年7月6日土曜日

食から生活習慣病を予防



民族にはそれぞれ民族固有の
食べ物
食べ方がある。
かつて日本も日本の風土に合った
日本人の体質を支える食文化が息づいていた。
しかし、
戦後日本人の食は急激に欧米化し、55年近くで
食生活もガラッと変わってしまいました。
これほど短い期間で変わってしまったのは
世界広し日本人だけ!!!


主食は、穀物と野菜から肉や乳製品の動物性へ
ご飯からパンへ
学校給食の味覚の変化

今こそ食を見直し食い改めるべきである。
食べる事で生かされている。
当たり前の事実を素直に受け止め食べ物を自然に戻す。
そう簡単な事ではない。

感じるままに

2013年7月3日水曜日

絶品のカブ



採れたての水輪ナチュラルファームのかぶを
かぶりつき皆笑顔!!

みんなで作ったかぶだからこそ
こんなに笑顔になれる。
それだけじゃない
カブを食べた人全てを
笑顔にしてくれる

フルーツのような甘みと触感
口に入れたときのみずみずしさ!

 
こんなに美味しいカブは食べたことがない
野菜が嫌いな人でも食べれてしまうおいしさ。

カブシチューやかぶのオーブン焼き
かぶサラダなどなど
調理の仕方も様々

是非一度
水輪のカブを食べて欲しい



2013年7月1日月曜日

2013年7月1日 お便りを頂きました

福島第一原発からわずか24キロのところにある
原町聖愛保育園に
私達は毎週お野菜を支援でお届けしています。
これから30年間、毎週お届け致します。
保育園のかたからお便りを頂きましたので、
掲載させて頂きます。

おはようございます

いつも私たちのことを覚えて下さり
感謝申し上げます。
先日送っていただいたお野菜を
子どもたちと見ました。

新鮮なカブを手に取り、触り、
手に付いた土を気にしたり、
重さ比べをしたり、小さい順に並べたり・・・
これも食育の一つとして
子どもたちにとっては大切な体験ができました。
ありがとうござます。

本当であれば
畑で栽培し、じかに見せてあげたいと
思いますが、残念です。
・・・ですが
珍しいお野菜を送って
頂けるので、箱を開ける楽しみ
もまた嬉しいものです。
皆様との繋がりに本当に感謝をいたします。

天候が不順の梅雨時期ですが、
皆さまのご健康が守られますように
お祈りしております。

   原町聖愛保育園  高田

皆様にお申込みいただきました
水輪ナチュラルファームお野菜定期コース1件につき、
3,000円を東北の子供達の支援として
公益財団法人いのちの森文化財団を通じて寄付させて頂いております。
詳しくは
http://suirin-naturalfarm.com/