2013年3月29日金曜日

水輪ブログ 2013年3月28日 宮島基行先生青少年育成公開講座

先日、青少年育成公開講座が行われました。高野山の阿闇梨、宮島先生のお話は皆の
心の奥深くに届いたように思います。

どの人の中にも仏様の種があり、その種が芽を出し育って花開いていく様、
「自分の中の仏様にお供えものをするつもりでご飯をいただく」というお話をしていただきました。

自分の中の仏様へのお供え物。

意識して食べてみると食べているものが尊く、とてもありがたいものに感じ、いのちをいただいていることへの感謝が体の奥から湧いてくるようでした。

皆でご飯をいただくとき、実践しています。0

2013年3月27日水曜日

早穂理さん日赤へ行く

皆様こんにちは。
  今日は、早穂理さんの歯の治療の日でした。長野日赤病院へ、早穂理さんとみどり先生、研先生、スタッフ3人の計6人で行ってきました。
  早穂理さんが、長野日赤病院へ行くのは、5年前に危篤になって以来です。前回はそうでしたが、今回の早穂理さんは、行きの車の中で、とても良い顔をしてドライブを楽しんでいます。ですから、周りの付き添いのこころも晴ればれです。

  病院での早穂理さんは、とても我慢強かったです。きらいなマスクも我慢してつけて(病院は菌の集合地帯です。早穂理さんにとって良くない場所です)、なんとレントゲンを撮って、歯石まで取りました。早穂理さんは偉い!

  ここで皆様に知っておいて欲しいのは、早穂理さんが外出するということは、大事(おおごと)だということです。重度の介護を必要とし、のどまで切開している早穂理さんが、外へ出るということは、それだけ周りが如何に気を張って、早穂理さんを守れるかということが問われているのです。みどり先生、研先生はそれを37年間やってきたのです。スタッフは、そこを学ばなければいけないです。

  帰りの道中、さすがに早穂理さんは少し疲れてしまったようです。
                         
本当にお疲れさまでした、早穂理さん、今日はゆっくりお休み。
                                             担当:飛田

2013年3月22日金曜日

自然の強さ

毎日私達は酵素玄米を食べている。

酵素玄米とは、栄養素がとても高く、免疫力を高め体から悪い物が出尽くし
自然に健康を取り戻す。


炊き方もこだわりがあり

玄米と小豆を圧力なべで炊くのだが、

発酵させるために洗い方やかき混ぜ方や炊き方に方法があり炊いてから3日間発酵させた後にようやく食べる事がでる。
ファミレスやチェーン店などでご飯おかわり自由と良く耳にする。

大量に安くするためにわけあり米(未検査米や検査で規格外烙印を押された玄米など)

をあらゆるゆる技術でブランド米のような美味しさを作り出している。

本当にそれでいいのか?

お腹は満たす事が出来ても心はきっと満たされない。

 

私達の食べている酵素玄米の玄米は、もちろん自分達で作り上げた玄米。

去年取れた玄米を植えて苗を育て、田植えをしている。

玄米からまた玄米が育つ。

 

ありがたく

頂く命かてにして

踏ん張れ自分根性見せろ。

(実習生Y・Kの短歌)

 
自然界の強さに水輪にいる青少年は、励まされ強くなっていく。


                                      担当 平岡


2013年3月18日月曜日

2013年3月20日 宮島先生青少年育成公開講座

みなさんこんにちは

2012年3月18日(月)~20日(水)
公益財団法人いのちの法人いのちの森文化財団主催
青少年育成公開講座
講師:高野山真言宗阿闇梨 宮島基行先生

が開催されました。

青少年の
日々の生活の基本
立ち居振る舞い、食事の作法、掃除の仕方、
心のあり方、ドアの開け方閉め方、
など様々な生活の基本を通し、
心のあり方を学ばせていただきました。

人はエゴの心を自分の中に見ると、無意識に自分から遠ざけ、
見ないようにしたり、
正当化しようとします。

自分の中にエゴがあったのだということを認め、内省し、
転換していくことで、堂々巡りから抜け出て、一歩一歩前に進んでいけるのだと思います。

それぞれが日々自分自身を深めるヒントが得られたらと思います。 

貴重な学びをさせていただきとてもありがたく感じています。

ありがとうございました。







 

2013年3月17日日曜日

こころで感じる


今日は、みんな大好きな肉じゃがでした。
畑のあまーいニンジンとホクホクのじゃがいも。
昔は、お袋の味の代表的存在だった。
現代の子供たちは、どうだろう?
家庭で何を食べているかの調査をしたものがある
食べていない 食べていない 食べていない・・・・・
と答える。
本当に食べていないのか??
そうではない。
食事と呼ばれるものを与えられていないからだ。
大人たちの意識
物があふれ感謝を忘れ
コンビニや冷凍食品に頼り、
簡単に済ませようとする。
健康より自分が楽することだけを考えている。
この意識が
飽食の時代に
食事難民や生活習慣病などの子供たちを増やしている。
今こそ自分たちで育てたものの命に感謝し
心が感じ体が喜ぶ食事をこの水輪から伝えたい。
今日の肉じゃがにも使われたニンジンは、ニンジンジュースにすると
大地の香りとニンジンの自然な甘みに。
一度飲んだら忘れられないほどのおいしさ。
これが本物の味なんだ!!
飯綱の大自然に今日も感謝!
                                 担当平岡

2013年3月16日土曜日

まめまめ

今日の夕食は
「豆カレー」
色んなお豆が入っていました。
黒豆、大豆、くらかけ豆
私はくらかけ豆が好きです。
人によっては、クセがあると言う人もいますが、
枝豆の大豆版という感じで、
味が濃く、やめられないとまらない♪になるのです。
もちろん水輪ナチュラルファームのお豆です。
大豆は
畑のお肉と呼ばれています。
お肉が入っていなくても
お豆の歯ごたえと
こくがあり、またカレーを明日食べられるのが楽しみです。
畑のお豆は
収穫して、畑で干して、脱粒
そして、みんなで豆選別
この豆選の実習が集中力を高めることができるのです。
お皿にお豆を広げて、CBA級と分けていきます。
「瞬間の判断力をつけるのです」
と豆選の師匠は言っていました。
瞬時に何級か判断し、お椀に入れていく。
みんなでタイムを競ってやっています。
仲間と共に畑をし、収穫、選別、料理もし。
味は格別です。
担当 碇

2013年3月13日水曜日

2013年3月13日 青少年達へ送る言葉 水輪アシスタントスタッフ飛田航介

いのちの森水輪で本物に出会ってみないか。
 今、君達が行先が見えず、もがき苦しんでいるのなら、
それは君達が、この世の中なにかおかしい、狂ってると感じているからなんだ。
だからこそ苦しいんだ。自分のやっていることに意味を見出せず、
皆、周りは仮面をつけて偽りの人生を生きてる中で,本当のことって何?ともがいているはずだ。

私自身の話になるけれど、私は東京で役者をやっていて、
周りは皆仮面をつけていて、実は私自身も仮面をつけていた。
でも排除されるのがこわくて、その仮面をつけたまま、何とか芸能界で生き残ろうと、
偽りの自分を演じていた。

実は私の祖父も役者だったのだけれど、心から尊敬していたので、
だから何とか役者として生きて行こうと思っていた。
でもそれが結局は自分に破たんを起こさせてしまったんだ。
ニセモノばかりが多い中で、自分はいつしか酒におぼれ、
引きこもりになり、うつの薬ものみはじめて、それでも浴びるように酒をのみ、
とうとう倒れて生死の境をさまよってしまった。
でもそれが転機となった。

いのちの森水輪へ来てやってみよう、自分は変われるかもしれないと思ったのが7年前。
この7年間は、それはもう驚きの連続だった。

 今に集中するということがどういうことかわかるかい?
人は皆、八万四千の雑念のなかで生きているといわれている。
それさえも気づかずに日々を過ごしてしまっている。
本当のこと、本物、そしてつけ加えて、本当の自分に出会うには、
今自分がやっている目の前のことに徹頭徹尾集中していくということなんだ。

そうすることで雑念は押さえられていく。
私はこのことを、いのちの森水輪の先生である塩澤みどり先生、塩澤研一先生から教わったのだけれど、
今に集中することはここにいる仲間達が全員取り組んでいることだ。
だから皆、竹を割ったようにさっぱりしていて、表裏がなく一緒にやっていて本当に信頼できる。

 いのちの森を是非見てほしい、来て感じてほしい。
素晴らしい館物を。本物を作りつづけている水輪ナチュラルファームを。
そして先生方と、ここで本物を求めている素晴らしき仲間たちを。
大歓迎します。待っています。

共に本気で学びたい若者達、子供さんのことで悩んでいるお母さんたち、
詳しくはこちらを見てください。
水輪ホームページ
http://www.suirin.com/works/fr-work.html

2013年3月12日 今年最初の養生塾開催します

春を迎え今年最初の養生塾を開催します。

公益財団法人いのちの森文化財団主催
養生塾
講師:帯津三敬病院 帯津良一先生

帯津先生の養生塾はたいへん人気があり、
毎回多くの方が参加されます。

今年は3月29日(金)~4月3日(水)の期間で
2泊3日のショートコースからからリフレッシュ養生5泊6日コースまで

食事も畑の農薬化学肥料を一切使用しないお野菜の
養生食です。

養生食は大変体にいいのですが、
おいしいと大変好評です。

畑の農園散策も大変気持ちが良く、
元気が出てきます。

帯津先生にどんな質問もOKです。

2012年の養生塾の感想を掲載します。
TKさん
帯津先生のやさしい語り口に心がほどけていくのをかんじました。
そして、自分が今まで病気に立ち向かっていくために実行してきたことが、
まちがいのないことだったと確信しました。
自分の信じたことを無理なくしていけば良い。
それならば、今自分の決めた原則を守って食事療法も続けていこうと思いました。                 また個人的な質問まで1つずつ丁寧にお答えいただき、
いろいろ疑問に思っていたことが解明出来たような気がします。
アンケートで事前にお伝えしました事柄の要点をまとめて帯津先生に質問していただけた、
塩沢先生にも感謝しております。
帯津先生に教えて頂いて、はじめて気功に触れて、呼吸もうまく出来ず、
先生のご指示通り体を動かすことで精一杯
でしたが、今後、生活にとり入れていこうかと思っております。

YKさん
今回2度目の参加をさせていただきましたが、
帯津先生の考え方,生き方は素敵だなあと改めて思いました。
自分がいいと思うこと・うれしい・楽しい・おいしいなど感動できる食養生って自分が楽ですし、
生きている喜びを感じられていいと本当に思いました。
帯津先生が1人1人に丁寧にお応えしていただき、皆さんの体験や心、
疑問を共有でき、とてもいい機会であり、場であると思います。
今回の外での気功は最高にいいです。天のエネルギー,地のエネルギー、
宇宙のエネルギーを直接感じられ、部屋の中で行うより、とても体が軽くなり、
心も快くなり良かったです。飯縄の場はとくに最高です。

新鮮なお野菜に、ひと工夫ふた工夫されたお料理に感動し、
そしてとてもおいしく、体が喜ぶのがわかります。愛をも感じ、本当に元気になります。
食することで心まで元気になり、感謝感謝です。スタッフのみなさん、ありがとうございます。
畑は緑が多く、エネルギーに満ちた農園を散策できてよかったです。
オクラの花がとてもきれいでびっくりしました。自然ってすごい!!

お申し込みは・詳細はこちら
http://inochinomori.or.jp/


2013年3月8日金曜日

2013年3月8日 長野法人会にて塩澤みどり講演

昨日、長野法人会青年部にて

リーダーに必要な「心」のあり方とは
��正しい判断をするために~

というテーマで講演の依頼を受け、
お話をさせて頂きました。

その中で、
いかに考え方、心のあり方が重要であるか、
そこが経営のテクニック以上の要諦なのですというお話を、
させて頂きました。

参加された方は長野の若い経営者、リーダーの方々で、
熱心にお話を聞かれていました。

1時間半という短い時間でしたが、
スタッフの山下、小林、久保も同席させて頂き、
自分達の体験もお話させて頂きました。

貴重な体験をさせて頂きました。

ありがとうございました。

2013年3月7日木曜日

2013年3月7日 お手紙ありがとうございました。

ほんとうにたくさんの方々にお世話になっています。
先日いつもお世話になっているYKさんからファックスを頂きました。
YKさんは体調を崩されたのですが、
一生懸命、字を書いて送って下さいました。
ファックスをお送り頂いたお心に感謝申し上げます。
いつもありがとうございます。


2013年3月3日日曜日

2013年3月3日

 皆様こんにちは。
 そして、皆様方の暖かい御心により、いのちの森水輪に届いた古毛布が80枚程になりました。改めて御礼申し上げます。
��月13日着の倉持彰様に始まり、小関隆浩様(2月15日)、山下真美子様(2月18日)、中村喜代香様(2月20日)、安藤順一様(2月21日)、鈴木滋様(2月23日)、市川尚美様(2月28日)、伊藤葉子様(3月1日)、金山恒治様(3月3日)、横田直美様(3月3日)、増田芙美様(3月3日)から頂きました。
皆様方が、どのような想いで、私たちに送って下さったのか、私たちは只、嬉しいというだけでなく、身が引き締まるような思いです。皆様方の御志をしっかりと受けて、私たちは今年も安心、安全な野菜作りに精進するつもりです。
 ご近所の方々もありがとうございました。ご近所回りをさせて頂いて、人の温かさを教えて頂きました。ホワイトベルの佐藤様、そして塚田さま、にし様、ありがとうございました。
 今後とも、いのちの森水輪を何卒よろしくご指導をお願い申し上げます。