2011年10月31日月曜日

10月31日  「意味」と「価値」の大切さ

みなさん、こんばんは。

先日、部署ごとに分かれてミーティングが開かれました。


まずは、私たちが、日々どのような思いで実習に取り組んでいるか?
時間に追われて、ただただ実習をしていないか?
実習の中のひとつでもある、お掃除に「思い」を込めてすることが出来ているだろうか?
そこに「意味と価値」を見出しているだろうか?


来ていただいたお客様に気持ちの良い空間を提供できるように心を込めてやっているだろうか?
お部屋の隅々までお掃除をすることがどんな大切な「意味」があるんだろうか?
一点の曇りもない窓に仕上げることがなぜ大切なのか?

こけ玉のこけを青々としたものに張り替えることも

トイレの隅々までピカピカに磨きあげることも

ベッドにつける布団カバーにアイロンをかけることも

なぜこんな当たり前のことが大切なのかを、本当に知りたいと思った。


そこに込めた「思い」や「意味」が
姿をかえてお客様に届いていくんだよ。
つながるんだよ。
お客様が喜んでくれるんだよ。
そのお客様の喜びが、実は私の喜びであることを知った。

みんなのミーティングで出たことを聞き、みなの気が静まった。



ここに来る前の職場ではそんなことを考えて
仕事をしたことはなかった。

時間になれば、決められた仕事をして
時間になればタイムカードをきって
決まったお給料をいただく。

ただただ、時が過ぎていく。
そこに「意味」や「価値」
というものは存在していない。
だから、虚しさというものがつきまとったのだろう。

その虚しさを埋めるために遊んだり、買い物をしたり・・・
もっともっと、と際限のない悪循環が続いていたが

今は違う。
東京のような華やかな派手さはないけれど

充実した生活がここにはある。

館内、畑、厨房、事務。

それぞれやることは違うけれど
みな共通しているのは
実習を通して自分を見つめ、磨くこと。
成長し続けること。

ここに実習の「意味」と「価値」がある。

それには、際限のない喜びがあふれている。

2011年10月26日水曜日

10月26日 お客様の感想

みなさん、こんばんは。

お客様の感想のご紹介をさせていただきます。


大阪府  M・Y

この度は素敵なご縁をありがとうございます。
空気のきれいなところでおいしいお料理をいただき心が洗われました。
一緒になったゲストの方々もとても素敵な方ばかりで
本当に良い思いでになりました。
生きることは辛いこともたくさんあり、
何とも言えない失望感に襲われることもありますが、
みんな一生懸命生きていることが分かり、
私もがんばろうと思いました。

どこも、掃除が行き届いていて本当にすごしやすかったです。

以上







写真は、グリーンオアシスの地下にある図書室です。
館内に飾っているネパールじゅうたんの展示場にもなっています。

ソファーを置き、ゆっくりとくつろげる空間となっております。
どうぞ、ご利用ください。

2011年10月24日月曜日

10月24日  お客さまの声。

みなさん、こんばんは。

先日「秋の戸隠・鏡池紅葉散策」に来てくださったお客様の
感想をご紹介させていただきます。

神奈川県「岩岡綾子さん」

館内、お部屋どこも清潔感であふれ、とても温かみのある様子で
ゆっくりとくつろぐことができました。
念願だった水輪にようやく来ることができ、うれしく思います。

秋の鏡池・戸隠神社をめぐり、とても良いパワーを頂いた気がします。

そしてなによりも、お食事のおいしいこと!



いつもとても楽しみにしていました。

新鮮なお野菜、愛のこもった手作りの品々 大満足です。
今度は主人と来たいと思います。
本当にありがとうございました。



2011年10月21日金曜日

10月20日  帯津先生の本が発売されました。

みなさん、こんばんは。

帯津良一先生の著書、
「心と体を強くする「養生」365日」
が、今日発売されました。

この本は水輪養生塾の車座交流会の記録をもとに生まれました。
私たちは養生塾を、裏方でサポートさせていただいている側で会には参加していませんが、
��泊4日という中での参加者の方々の姿や表情がどんどんと、いきいきしてくるのを
お見かけします。
何か安心感のような、開放されたような
そんな雰囲気がつたわってきます。
本の内容は、命をまるごと元気にするためのお話を一日一話形式で、わかりやすくまとめてあります。

その中の一話をご紹介させていただきます。

「エネルギーの高い場に身を置く」

もっとも自然治癒力を高める自然な方法は、いい場に身を置くことです。
家庭、職場、友人関係、地域社会、病院も含めて、たくさんの「場」があります。
エネルギーの高い自然治癒力の場に身を置くと、
自分の命のエネルギーが場のエネルギーと同じ高さになっていきます。
高いところに入れば、自分の命のエネルギーが高まりますし、そこに上乗せするのは簡単
です。
低いところからガっと上げるのはとても大変なことです。
だから、いい場に身を置くことが肝心です。

水輪の場のエネルギーは高いと帯津先生はおっしゃってくれます。
高い場に身を置いてみてはいかがでしょうか。

・・・本はアマゾンでも購入することができます。
また、水輪養生塾に参加されたい方、ぜひお待ちしております。


2011年10月19日水曜日

10月19日  落ち葉掃き

みなさん、こんばんは。

秋も深まり、落ち葉の多い季節となりました。



先日、畑のスタッフがお泊りになっているお客様に畑のお野菜の
説明をしているのを聞きました。

去年までは、苗作りをする土は購入していたそうですが
今年から、水輪の中庭に落ちている落ち葉で作った堆肥を
使い始めたそうです。



お客様がいらっしゃる前には、中庭の掃き掃除をします。
地面には落ち葉がびっしりとつもっていました。
以前はあまりの量に気が遠くなる思いがしましたが、
落ち葉堆肥の話を聞いてから
「この大量の落ち葉が、畑のお野菜を作るための堆肥になるんだ」
と思うと、葉っぱが多ければ多いいほどやりがいを
覚えました。



中庭は落ち葉を掃くことできれいになる。
その落ち葉は畑の大切な役割となる堆肥に変わる。
そんな、循環型のスタイルにとても感動しました。

同じ掃き掃除でも、ただ掃いてるのと掃いたあとに堆肥になると思って
掃くのとでは、こんなにも気持ちが変わるのだなと感じました。

2011年10月14日金曜日

10月14日 意識の向け方

みなさん、こんばんは。

今日は、小さなことですが、
不思議な体験をしたのでご紹介させていただきます。
明日からいらっしゃるお客様のための清掃をしました。

私たちのワークは、集中力を養うために限られた時間の中で清掃をします。
その時間内に仕上げるためには、かなりの集中力と、エネルギー、創意工夫が必要になります。


この、清掃中に自分の足の痛みが消えていたことに、気がつきました。

今、足のかかとにひびわれができていて、普通に歩くだけでも痛みがあり
かばってしまいます。

しかし、清掃をしているとき、この痛みを感じることはいっさいありませんでした。

ふと、そのことに気がつくと、足の痛みは、復活していました。

何が起こっていたかというと、ただ掃除のことに意識が100パーセント向いていたということ。
目の前のことに、集中していたということです。

痛みはかわらずにあるのだけど、その痛みに意識が向いているか、それともそのほかの
ことに意識をそそいでいるか。
その意識の向け方で、感じ方までもかわるのだということにおどろきました。
日々の生活の中でも自分がどこに意識をむけているか、自分に向いているか、それとも
周りのことに意識が向いているか、そのことがもっと自分を開いていくきっかけに
なるのだと思いました。

2011年10月12日水曜日

10月12日  「意味」

みなさん、こんばんは。

最近、中庭の色が黄色や赤に染まり、すっかり秋の
景色になってきています。


今日は天気もよかったため、お客様が、使っていた夏物のタオルケットを
洗濯しました。


お客様が使ったものは、全て私たちが洗濯をしています。
衛生面を重視して、天日干しをし日光消毒をします。
クリーニング屋さんに出さずに、自分たちで洗濯をするのは、このためです。


わたしが水輪にきて感じることは、ひとつひとつ全てのことに「意味」があり、
よりよい環境、よりよい方法、よりよくなるためにいろいろなことが決められて
います。


今までいろんなことを、深く考えずに過ごしてきてしまいましたが、何をするにも
大切な意味を考えながら過ごすことが、大事だとわかりました。。
生きることの意味

仕事をすることの意味。

この意味を見出せている時、ひとは輝いているのだと思います。


2011年10月4日火曜日

10月4日 シール貼り

みなさん、こんばんは。

今日から、水輪通信の発送がはじまりました。



明日、チラシが届いたら、一斉にチラシ組をはじめます。



今、していたのは、封筒のラベル貼り。
スタッフの人数が増えたので、あっという間におわりました。

シール貼りは、皆でタイムを計り一斉に行います。
貼ったシールが曲がらないように、、だけど、タイムは短く。

そうするためには、とっても集中力が必要になります。
雑念の入るすきもありません。


2011年10月2日日曜日

10月2日ヒマラヤじゅうたんご紹介

みなさん、こんばんは。

昨日に引き続き、ヒマラヤじゅうたんの
ご紹介をさせていただきます。

水輪ネパールじゅうたん 販売ショールームがオープンしました。

中国のチベット統合の際、多くのチベット人が難民となり、
ネパールに移住しました。

この時、スイスが難民を救済する目的で、織りの技術を持つ彼らを
援助したことからはじまりました。

主にネパールの女性達が手織りで紡いで織ったじゅうたんを、
彼女達の生活を支援するためにも、
フェアトレードの一環として輸入しています。


ヒマラヤじゅうたんはここがすごい。。


ヒマラヤ産ウール100パーセントやニュージーランド産ウールとの
混紡もあります。柔らかくて保温性があるだけでなく、耐久性や防汚性
にも優れ、とても機能的です。


紡ぎと織り

機械紡ぎの糸が主流の中、原毛から織りあがりまで全ての行程が手紡ぎ手織りで行われています。

2011年10月1日土曜日

10月1日 チベットじゅうたん

みなさん、こんばんは。

館内にかざっているチベットのじゅうたんの展示場に
新しいじゅうたんが届きました。

すぐに広げて見れるように丸めておいてあります。

おきにめすものがあるかもしれません。
ぜひ、ごらんになってください。