2011年8月30日火曜日

8月30日 こけ玉教室しました。

みなさん、こんばんは。

今日は、ヒーリングステイでいらっしゃってくれたお客様が

「こけ玉を作ってみたい」

ということで、こけ玉教室をしました。




ほかにいらしていたお客様にも声をかけてみなでつくりました。

こけ玉は作るひとにより、まったく雰囲気の違うものになります。
玉の土台がしずくがたになったり、まん丸になったり、楕円になったり・・・
どんなかたちでも失敗することはありません。

その方の個性が、こけ玉に現れます。



一度つくりかたを覚えておくと、近くに生えている草花で自分の好みのこけ玉を、季節ごとに作ることができます。

いらしていただいたおきゃくさま、ぜひこけ玉作りにご参加ください。
土と植物に触れることで、子供にかえったようですと、参加者のかたはおっしゃいます。

2011年8月26日金曜日

8月26日心の探求一日目

みなさん、こんばんは。
今日から、3日間「心の探求」のセミナーがはじまりました。



夜の最後の講義の時間に「座禅」をしました。
先生と参加者の方26名、スタッフ20名、総勢47名での座禅となりました。



数息観といって、一から十までゆっくりと数を数えていきます。
数えている間に違うことを考えてしまったら、きりかえて元に戻す。
そのきりかえが、早ければ早いほど良いといいます。
それには、集中力が必要になると、先生はおっしゃいました。




日々の生活でも目の前のことをしながら、別のことを考えてしまうことがありますが、
そうなったら、すぐにきりかえて目の前のことに意識を向ける。

これは、水輪で行われているワークと共通しています。

このことが上達すると、いろいろなことに意識が拡大し中身の濃い人生を送ることができるようになるのです。

2011年8月25日木曜日

8月25日「心の探求」前日

みなさん、こんばんは。

今日は、明日から始まる2泊3日のセミナー
「心の探求」に向けての準備をしました。




今回のテーマは、「般若心経の真髄をひもとく」
講師は、高野山真言宗阿闍梨・宮島基行先生




��0名近くの会場の準備。
来ていただいたお客さまに気持ちよく講義をうけていただくために
ご用意させていただきました。

こちらは、白樺林にある癒しのスポットです。


ほっと一息したいときや、瞑想の場所としてもご利用できます。


2011年8月24日水曜日

8月24日館内のネパールカーペット

みなさん、こんばんは。

今日は、館内に飾られているネパールのカーペットのご紹介を
させていただきます。

このカーペットはネパール女性たちが、織った手織りのじゅうたんです。
このじゅうたんを購入することで支援したい、そういった思いで、塩沢はこのじゅうたんを
扱うことにしました。



客室や、ソフアー、玄関、ホール
いろいろなところに飾っています。



品質は、ヒマラヤ産とニュージランド産の羊毛を、つかっています。
触り心地もいいですし、なんといっても、一枚だけで存在感があります。




ひとつ、ひとつ織っているので、すべてが一点ものです。
色合いや、柄がとても素敵で、届くたびに見るのが、楽しみです。

ひとつひとつに温かいぬくもりが伝わってきます。


水輪で、代理店として取り扱っていますので、見たい方はどうぞおしゃってください。
また、このじゅうたんのホームページも作りますので、楽しみにお待ちください。
インターネットで見ても、素敵ですが、実物はもっと、もっと素敵ですよ。



2011年8月23日火曜日

8月23日  よもぎ採り

みなさん、こんばんは。

今日もヒーリングステイのお客さまのためのよもぎとりをしました。

入浴用のよもぎでとてもいいかおりがします。



このよもぎは、水輪名物のクッキーや白玉の中にまぜておだしさせていただいたり
します。



ここの敷地で採れるものは、お野菜以外にも、クッキーの材料になるような野草が
たくさん採れます。

くまざさは、お茶にしたりクッキーに使います。

いま、採れるのは、山椒のみ・おおばこ・くわ・すぎな・などがあります。

きていただいたおきゃくさまにこの敷地でとれたものをおだしできることがとてもすてきなことだとおもいます。

2011年8月22日月曜日

8月22日  いのちの森クリニック

みなさん、こんばんは。

今日は、今年の春に開いた、「いのちの森クリニック」

をご紹介させていただきます。


クリニックの大きな窓からは壮大に広がる、大自然。




まるで、高原の中で診察をうけているようで、身体も心もホッと
してきます。



担当の医師、カウンセラーは、7人。
診療科目は、精神科・外科医・脳神経外科医・統合診療内科・
   高野山真言宗・宮島基行先生
ホメオパシー相談・帯津良一先生
   医院長 巽信夫先生
脳神経外科医  久間祥多先生
   総合診療内科医 栗林秀樹先生
   精神科医 井上弘寿先生
   青少年育成相談  塩沢 みどり先生




さまざまな専門のドクターが、アドバイスします。
いままで、話すことができなかった方も、この大自然の中で、ゆったりとおはなしください。


全国から、どうぞ、おいでくださいませ。
遠方からいらっしゃるかたは、水輪にご宿泊できます。

2011年8月21日日曜日

8月21日 お客さまの声

みなさん、こんばんは。

お客様の声を、ご紹介させていただきます。

機械音のない自然のなかで、気づいたら、ねていました。

フイトンチッドの効果かもしれません。

パンフレットより、4つの施設が、どのように関係しているのかわからなかった
のですが、ビデオにて、理解しました。


ホリステイックスペース水輪が、癒しの空間として、人々に愛されることを、
祈っております。

当方は、広島ですが、近くに水輪のような、施設があればよいと感じます。
ありがとうございました。

以上T・Tさん

中庭のきのこ


先日ご紹介させていただいた、ギンリュウソウが、大きくなりました。。
竜の形を、しているのでお見せいたします。
とってもかわいい植物ですよね。



2011年8月20日土曜日

8月20日  イサム・ノグチの照明

みなさん、こんばんは。

今日は、館内に備えつけてある照明のちょうちんが届きました。




館内には、イサム・ノグチの照明が、飾っています。

イサム・ノグチプロフィール
「アメリカの現代彫刻家。ロサンゼルスで詩人野口米次郎とアメリカ人女性との間に生まれる。日本で少年期を過ごしたのち渡米。初めボーグラムに彫刻を学び、1927年渡仏してブランクーシの助手となる。1932年ニューヨークに工房を構えて以来、公共彫刻やランドスケープ・デザインなど、また舞台美術の分野でも特異な活動を展開した。1940年代から埴輪(はにわ)と、ミロ、アルプ系の有機的な抽象形態を融合したフォルムによる堅牢(けんろう)で優美な造形を試み、多様な実験のうちに新しい可能性を追求した。1956年から3年がかりで完成したパリ・ユネスコ本部の日本庭園(石庭)、1970年の大阪万国博覧会の噴水などの庭園の造形や、ランプシェード「あかり」のデザインでも知られる。1985年に完成したニューヨークのイサム・ノグチ庭園美術館、香川県牟礼(むれ)町(現高松市)のアトリエを拠点に日米で活動を続けていたが、1988年(昭和63)12月30日ニューヨークに没した。1999年(平成11)作品とアトリエを公開するイサム・ノグチ庭園美術館が開館した。

館内のあらゆるところにちょうちんが飾ってあります。

天井からつり下がっているたくさんのちょうちんは、そこにいると、まるで宇宙空間にいるような印象を、うけます。




卓上スタンドは、同じ空間にさまざまなかたちがあることで、天井の照明を、消したときに、幻想的な空間が生まれます。
オレンジ色のちいさな光が温かい空間をうみだしてくれます。







これは、フォークで穴をあけた石焼きの照明。
小さな穴」からもれる光も、とてもすてきな空間をつくってくれます。









2011年8月19日金曜日

8月19日館内清掃について

みなさん、こんばんは。

今日はわたしたちの館内実習の一部を、ご紹介させていただきます。



一日の大半を清掃の時間に費やします。朝、お客様が起きられて気持ちよくすごしていただけるように、館内のお掃除からはじめます。

わたしたちは、お掃除をすることでおもてなしの心を学び、また、お掃除を通し、自分自身を、磨いていきます。



お風呂掃除、時間内に、どれだけきれいにできるかは、どのくらい
集中できるかによります。
集中度によって、細かい汚れや、ごみに気づくことができます。



床拭き。。丹田にちからをいれて、気を込めてふいていきます。
これをしっかりとやっていると、自分の中のエネルギーが高まっていくのがわかります。



2011年8月18日木曜日

8月18日 植物の株分け

みなさま、こんばんは。

水輪の中庭に、もっとお花や、野草を増やしたい。
そう、思ったのは、ターシャの庭の本を見せていただいたことがきっかけ
です。

水輪に、いらしてくださった、お客様にほっとしていただける空間を、造りたい。
お庭を、楽しんでいただきたい。そう思いました。

中庭は日陰なので、どんな植物でも、育つわけではないですが、そこに適した植物、緑をたくさん植えたいと、思っています。



これは、「やぶこうじ」の株分けをしています。
 


今の時期は、小さくて、かわいいお花を咲かせています。
時期が、変わると今度は、赤い実をつけてくれます。
館内に飾っている、コケ玉によく使っています。



こちらは、「ハツユキカズラ」
の株分けです。



秋になると、葉が白くかわります。

今日は、珍しい植物を、ご紹介します。
最初は、きのこかな?
と思ってさわってみると、かたくきのこではないと、わかりました。

きいてみると、「銀りゅうそう」という、めずらしい植物でした。

山地のやや湿り気のある腐植土の上に生える腐生植物です。全体がやや透明感のある白色で,鱗片葉に包まれた姿を竜に見立てた名前です。



こちらは、あじさい。
いまが見ごろになっています。



そして、このあいだ、ご紹介させていただきましたが、森のしずくの裏にたくさんの野草をうえました。

来年の春頃には、きれいなお花が、お楽しみいただけると思います。



2011年8月17日水曜日

8月月17日中庭

皆さん、こんばんは。
今日は、水輪の中庭のご紹介を、させていただきます。



春から夏にかけて、少し暖かくなりはじめると。
中庭で、お食事をおだしさせていただくことがあります。
外で食べるお食事は、なんとなくいつもよりはしがすすみます




こちちは、コケ玉教室の写真です。
外の風をかんじながらのこけ玉つくりはとても、癒しの効果があります。




売店でお出ししているクッキーやおにぎり、コーヒーなどを外にもっていき、
本を読みながらゆっくりと過ごされるのもいいかと思います

ウッドデッキもあるのでこちらを会場
にして音楽コンサートをひらくことも可能です。





2011年8月13日土曜日

8月13日  水輪 まほろばについての紹介

皆さん、こんばんは。
今日は、水輪の中のスペース「まほろば」についてご紹介
させていただきます。



まほろばは、65畳のスペースです。
天井の裏には、24個のスピーカーが内蔵されています。
どの場所でも、同じレベルで、音が聞こえ、
頭上から、流れる音響はヒノキを伝って、からだにふりそそいできます。



ヒーリングミユージックセラピーでは、ゆったりとした、イスに座って音楽をお楽しみ
いただけます。
じゅうたんの上に寝転がって聴くのもオススメです、音が上から降ってきてからだ中にしみこんでくるのが大きなヒーリング効果となります。

音響設計は、オーデイオ評論家の飯田明氏によるものです。


まほろばでは、おおきなスクリーンをさげ、ビデオの上映をしたり、
座禅もこちらで行われています。

静寂な空間で、ここが一番好き、というお客様の声もよく聞きます。

また、大広間なので、ヨガや講習会、ワークショップなどにも最適な場所となっています。

水輪はよく気が澄んでるとも言っていただきますが、
その状態に持って行くことが私たちの大切なおもてなしだと
思っております。
 

まほろば 清掃

  

8月12日  お客さまの声

みなさん、こんばんは。

今日は、お客さまが滞在されてかいていただいた感想文を、ご紹介させていただきます。

S・Hさん

翌朝、自分の母親のことを、考えていたとき、ふぃに昨夜の話が思い出され
熱いものがこみ上げてきました。

それは、母に」対する感謝の気持ちです。
親って超えるものなんですね。
こえていいんですね。
私の中に、親は何に対しても、手本となる存在でいるものだという
思いがあり、そうでない時心の中でとがめていたようにかんじます。

母はありのままを表現していたにすぎない、そう思えるようになりました。

胸がいっぱいになり、食事を残してしまいました。

こんな気づきを得られたのも、ここの環境や、温かいもてなしの心に触れ
素直になれたからだと思います。
ほんとうにありがとうございました。  以上


日常から少しはなれ、テレビや、外の雑音もない空間の中で
自分と向き合うこと。。
それが、水輪の滞在の目的のひとつでもあります。
このような感想をもっていただきとてもうれしく思います。


これはまつむしそう・なでしこ・おみなえしのこどもたち。[
来年の春いこうにたくさんのお花がごらんいただけるかと思います。





2011年8月12日金曜日

8/10 飯綱火祭り


火祭りに参加させていただき感謝いたします。

塩澤先生方の計らいで、お客さまと一緒に行くことができました。

ありがとうございました。