2009年9月30日水曜日

9/30 水輪でアントロポゾフィーが開催されるようになった理由。

みなさん、こんばんは。
今日は水輪で国際アントロポゾフィー医学ゼミナールが開かれるようになった経緯をお話しようと思います。
水輪は34年前に塩沢研一、みどり夫妻が重い障害を持って生まれたお子さんを授かったことが原点となり開設されました。
ご夫妻のお子さんの早穂理さんは、お産の時の医療ミスで脳を損傷してしまいました。
彼女は生まれた時に自分で歩く事も、食べる事も、しゃべることも出来ないと医者から言われました。
どうしようもない悲しみを背負って、一家は長野県の飯綱高原に平穏な静けさとこころの安らぎを求めて移り住みました。
長生きできないと言われていた早穂理さんの為に、ご夫妻は身体にいい無農薬の野菜を育て、芸術を厭い、医療を学びました。
そして段々とそこに一緒に学びたいと集まってくる人の輪ができてきたのです。
その輪は湖水にできる輪のようにたおやかに広がっていきました。

直接の水輪との関係は、水輪会員の浦尾弥須子先生が作って下さいました。
浦尾先生は10年以上前から水輪にいらしていて、海外で行われていたアントロポゾフィーの勉強会に参加していらっしゃいました。
日本でアントロポゾフィーのゼミナールを広めようとした時に、ドイツの精神科学自由大学医学部門代表のグレッグラー先生にお話をしたところ、アントロポゾフィーの精神を育むのにぴったりな場所があるなら(日本で)やりましょう、と言われました。
そこで、浦尾先生が水輪を紹介したところ間髪いれずに「ここで(水輪)やりましょう。」と返事をして下さったそうです。
そして水輪は、日本で唯一アントロポゾフィー医学を勉強できる貴重な場所になったのです。

2009年9月28日月曜日

9/28  アントロポゾフィーが終了いたしました。

みなさん、こんばんは。
久しぶりの更新になりました。
ずっとアップできていなくて、ごめんなさい。

国際アントロポゾフィー医学・看護ゼミナールが昨日で終了いたしました。
今年で第6回目になるアントロポゾフィーですが、ゲスト、スタッフ、ボランティア合わせて総勢130名以上が集まるのは初めてです。
色々あった一週間。
長いようで短かったけれども、すごーく充実していました。
このセミナーで、みんなぐーーーーんと成長しました。
ゲストも含めてみんなで作り上げたアントロポゾフィー。
明日から少しずつアントロポゾフィーのお話をさせていただきます。
スタッフ&実習生ひとりひとりにも感想を聞こうかな、と思っています。
お楽しみに☆

2009年9月25日金曜日

9/25 国際アントロポゾフィ医学ゼミナール

みなさま、おはようございます。

本年は、9/20~27に「国際アントロポゾフィー医学ゼミナール」が
開催されており、約100名の方がお越し頂いております。

スタッフ及びボランティアの皆様方総出で、
対応させて頂いており、しばらくブログはお休みさせて
頂いておりました。

ゼミナールが終わりましたら、ご報告させて頂きます。
よろしくお願い致します。

2009年9月16日水曜日

9/15 まだまだ募集中 草刈りボランティア

みなさん、こんばんは。
今日から草刈りボランティアの方がいらっしゃいました。
自然農の草刈りは、草を引っこ抜いたりただ単に刈るのではなく、苗に日があたるように周りだけ刈ってあげて、それを肥料になるように倒しておきます。
草刈りを一人で何時間も続けていると、動く瞑想をしているかのようです。
一心に草を刈り続けて、ふと後ろを振り向くと道ができている・・・
不思議な感覚を覚えます。
ぼーっと刈っていると、苗を切ってしまいます。
体力と集中力が不可欠です。
広い畑で大地のエネルギ—を感じ、一心不乱に草をかる。
まさに禅の世界です。
「草刈りボランティア」まだまだ募集しています。
宿泊費、食費はタダです。
ファームの美味しいお野菜をたっぷり使ったご飯も最高!
草刈りでも瞑想を体験できます。
気軽にお問い合わせ下さい。
お待ちしております。

2009年9月14日月曜日

9/14/09 巽先生の教え。

みなさん、こんばんは。
今日はカウンセリングで巽先生とお話をした内容が人の生き方にもかなり深いところで関係していると思い書かせていただこうと思いました。
水輪のワークスタディーに入っている私たちは、それぞれが様々な問題を抱えています。
それにこだわり、とらわれすぎている状態が病気の状態と言えるでしょう。
しかし、人としての悩みやブチあたっている壁は同じだと思います。
ワークスタディーのテーマとして共通しているのは、目の前の事にいかに集中出来るかどうか、です。
こだわりを捨て、どれだけ今やっている事に集中できるか。
過去にあった嫌な出来事、心の傷はいつの間にか自分で掘り返してとらわれてしまう。
巽先生は、その事は悪い事だとは言いませんでした。
感情は自然にまかせるべきだ、と。
感情を消そうとすると増幅する。
だから、そのまま、あるがままにしておく。
負の感情をなくす事に一生懸命になるということは、それに執着しているということ。
こだわり、執着を捨て、今に目を向けることによって自己修復力、治癒力がアップするそうです。
嫌な事はあって当たり前。
嫌な事もありながらでもいいから、自分の課題に取り組む。
それを繰り返していく内に、自然とそれを手放す事ができるようになるそうです。
以上、巽先生からの人生の教えでした。

2009年9月13日日曜日

9/12/09 国際アントロポゾフィー医学ゼミナール開催まであと9日。

みなさん、こんばんは。
もうすぐ水輪で国際アントロポゾフィー医学ゼミナールと国際アントロポゾフィー看護ゼミナールが開催されます。
同ゼミナール開催まであと10日をきりました。
水輪で同ゼミナールが開催されるようになってから6年が経ちました。
水輪スタッフ&実習生も同ゼミナールのお手伝いをさせていただくことは、私たちの一年間の学びの成果を実践に結びつける大変貴重な機会なので、精一杯力を尽くしたいと強く思っています。
本年度は参加者の皆様、水輪スタッフ&実習生、ボランティアスタッフを合わせまして、総勢130名余りの人がこのゼミナールに集まってきます。
今までにない大きな人数に、同ゼミナールを支える者としては不安も隠せないですが、参加者の皆様の充実した学びを支える為に頑張りたいと思います。
同ゼミナールの準備が始まりますます忙しくなってきました。
この夏の総決算!
頑張ります!!
参加者の皆様に会えるのを心待ちにしております。

☆★☆★☆★

ボランティアスタッフまだまだ募集しております。
アントロを陰で支えるスタッフにあなたもなってみませんか。
みんなでこのゼミナールを作る喜びを感じてみませんか。
詳しくは「水輪HP」の「アントロポゾフィーゼミナールボランティアスタッフ募集」まで!

2009年9月12日土曜日

9/10 ほんの少し秋の香りがしてきました。

みなさん、こんばんは。

今日の飯綱はもう”秋”の風が吹いていました。
ほんの少しだけ色づき始めた落ち葉も、中庭に色を添えています。
栗の実もまだ緑色ですが、ぱらぱらと落ちてきています。
紅葉とは言えませんが、秋に彩られている水輪です。

ファームはそばの花が一面に咲いていて、畑の真ん中にぽっかりと白い絨毯が。
収穫の秋ももうすぐですね。
秋は大豆の収穫やそばの脱穀などの大きな収穫があります。
雪の前には、実りの秋が待っています。

秋の水輪にも是非お越し下さいm(_ _)m { お待ちしております:welcome!

2009年9月7日月曜日

森林セラピーと免疫療法セミナーの感想

みなさん、こんばんは。
今日は昨日終了した「森林セラピーと免疫療法」の感想などをお伝えしたいと思います。
森林セラピーのセミナーに私たち実習生も参加させていただきました。
ヒーリングミュージックでは、水輪のスペース”まほろば”にどかーんと寝転んでからだいっぱいに”グレゴリオ聖歌”を浴びました。
グレゴリオ聖歌は早穂理さんのお部屋でもかかっているヒーリング効果が最も高いと言われているヒーリングミュージックです。
水輪のスペースには、たくさんのスペーカーが埋め込まれていて、本当にからだ全体が音に包まれているかのようでした。
そして、巽信夫先生のQ&Aでは、たっぷりと質問を先生にしました。
昨日ブログに書いた朝露ウォークは、朝一番にありました。

そして、その後は気功。
とってもすっきりとした清々しい気持ちのいい朝になりました。
そして、昨日は信州のパワースポット戸隠神社に行ってきました。
今年の初詣でも行きましたが、夏の戸隠も素敵でした。
奥社までの何キロもの杉並木は圧巻です。
そして、みんなでお蕎麦を食べました。
研先生、連れて行ってくださってありがとうございます。
巽先生、充実したQ&Aタイムをありがとうございます。
免疫力もアップしたと思います。
のびのびと自然を楽しんだ森林セラピーでした。


2009年9月5日土曜日

9/5 「森林セラピーと免疫療法」

みなさん、こんばんは。
私は、昨日からスタートしたセミナー
「森林セラピーと免疫療法」に参加させて頂いています。

昨日の夜は、巽先生を囲んでのQ&Aがありました。
参加者の方からたくさん具体的な質問が出たり、
感動的なエピソードなども出たりと、
非常に充実した内容になりました。

今朝は、朝露ウォークを体験しました。
朝露ウォークは、裸足になってファームを歩くというものです。
ファームには色々な植物が育っています。
それを足で感じるのです。

クローバーの感触、はこべの感触、などなど。
一見ただの葉っぱなのですが、踏んでみるとそれぞれ違うのです。
大地の気を足から吸収するとっても気持ちいいセラピーでした。

明日は、戸隠奥社へ森林セラピーにいってきます。

2009年9月3日木曜日

9/2 草刈ボランティアの方の感想・・・

みなさん、こんばんは。
最近大募集している「草刈りボランティア」ですが、
今年はたくさんの方に手助けをしていただいております。

草刈りボランティア引き続き募集中です!
今日はあるボランティアの方が感想文を書いていってくださったので、
ご紹介させて頂きたいと思います。

  ~草刈りボランティアAさんの感想文~
  1日目は日頃の運動不足があり、身体が思うように動かず、
  疲労のみが残ったような感じでした。が、2日目には身体がほぐれてきたのか動く事が楽しくなりました。
  刈ったあとを振り返ると、達成感と爽快感がこみ上げてきました。
  心地よい疲労が残りました。
  食事も美味しくいただきました。
  あの味は野菜達の力だろうな、作ってくださる方の愛情だろうな、と色々感じながらいただきました。
  作業の合間に会話をして下さった方、ありがとうございました。
  作業はどちらかというと、一人の世界に入り、禅に近い状態でしたので、
  合間の会話で草刈りとは違う楽しさを感じました。
  3日間、ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございましたm(_ _)m
是非またいらしてくださいね♪

Aさんの感想文にもあったように、草刈りでも禅が体得できるのです。
黙々と草を刈る。
すると、そこに在るのは己のこころとからだのみ。

草を刈っている自分のからだと様々に変化するこころ。
二つが対峙するのです。
普段の生活では感じることのできない繋がりが見えてくるかもしれません。
「草刈りボランティア」まだまだ大募集中です。
あなたも一緒に大自然を感じてみませんか。

草刈りボランティア
宿泊費、食費は無料です!
安心・安全・味は最高の自然農のお野菜をたくさんお持ち帰り!
からだで感じる自然農を実際に体験!

お待ちしております。