2009年5月31日日曜日

5月31日 お野菜定期便ができるまで〜農場長に聞く!〜



みなさん、こんばんは。
今日の飯綱はどしゃぶりの雨でした。
私はハーブ園に出られないとがっかりしましたが、ファームのみんなは恵みの雨だと大喜び。
お野菜たちも大きくなる為にいっぱいお水を飲んでいるんですね。
今日のファームは、水輪草花クラブが初始動しました。(笑)
森のしずくの斜面に300本のコスモスを植え付けました。
秋にはたくさんのコスモスで素敵な森のしずくになることと思います。
楽しみですね^^

みなさんも是非見に来てくださいね!!


・・・・・・・・・・


今日は、ファーム情報〜農場長に聞く!〜です。

クリック⇒水輪ナチュラルファームのお野菜定期便
についてです。

みなさんが聞きたい質問を集めてみました。

農場長の祢津さんにいろいろと質問してみたいと思います☆

〜農場長に聞く!〜

Q1.新鮮ですか?

A. 農場長:鮮度はとてもいいです。その日に収穫したものをその日の内に発送しています。

Q2.量は多いですか?

A. 量は今までに一度も少ないと言われた事がないほどです。いろいろな種類のお野菜がたくさん入っています。

Q3.お届けの日はいつですか?

A. 今年は基本的に、火曜日と金曜日の二日からご希望のお届け日を選んでいただけます。(北海道、九州、沖縄の方は水曜日か土曜日になっております)

Q4.おまけは付きますか?

A. つきます!(月によってある日もあります)

Q5.どんなおまけが付きますか?

A. おまけは、月によってある日もあります。形が曲がっているナスや、少しキズのあるお野菜をおまけとしてプレゼント☆

Q6.季節のお野菜紹介をお願いします。

・ 春は小松菜、春菊、ルッコラ、ホウレン草、カブ、チンゲン草、タアサイ、山東菜、サニーレタス、水菜などなど!旬の菜っ葉をお届けしますよ!

Q7.水輪ナチュラルファームさんのお野菜のアピールをどうぞ!

・ どんなお料理にも合いますよ。エグ味のない本来の香りがあるとっても元気でヘルシーなお野菜です!

Q8.どんなコースがあるのでしょうか?

��種類のコースがございます。
詳しくはこちらを見てくださいね→水輪ナチュラルファームのお野菜定期便

Q9.食べきれないかと思うんですが・・・

A. みなさまのお声にお答えしまして、*新*コース「少人数にオススメ2万8千円コース」いたしました!1〜2名様用にお野菜の量を調節いたしました。その上、お楽しみプレゼントも3回付いてくるので断然お得です☆お申し込みお待ちしております!!

Q10.農場長、一言お願いします!

自然農は大変手がかかりますが、自然農をしていると年々大地が豊かになっていくと言われています。みんなで頑張って自然農の畑でお野菜を作っています。そんな自然と調和した方法で育っている本当に貴重なお野菜を是非みなさん召し上がって下さい!

農場長の祢津さん、ありがとうございました!

お野菜定期便のお申し込みはコチラから→お野菜定期便お申し込み

・・・・・・・・・・

マキコさん、メールありがとうございます!
ブログ毎日読んで下さっていてとても嬉しいです^^
また、水輪にお越し下さいませ。

2009年5月30日土曜日

食事の偈(げ)



みなさん、こんにちは。

今日の飯綱は晴れたり小雨がぽつぽつ降ったりきまぐれなお天気でした。

今日は、朝からハーブ園の草刈りとレンガで囲いをしました。

午前中から4時過ぎまでかかって11個の囲いを作りました。

草刈りをしながら、夕子さんと素敵なハーブ園にしよう!!と話していました。

次はハーブの苗の植え付けや、草刈りをもっとしてハーブ園を整備しま〜す。

楽しみです☆


・・・・・・・・・・


〜食事の偈(げ)〜
この食べ物は全宇宙からいただいたもの

大地、海、空、そこで育まれたたくさんのいのち達

人々の労働

これをいただくに値する人になれますように

私たちの不親切な心を変えて

むさぼらない食べ方が学べますように

この食べ物が私たちの力になり

心安らかに過ごせます様に

理解と愛の道を歩むことができますように

今、世界に、たくさんの人々が

飢えで苦しんでいることを忘れないように

このお食事をいただかせていただきます

・・・・・・・・・・

ここ、水輪では毎食この食事の偈(げ)をみんなで手を合わせて唱えています。

水輪でお食事した人なら知っているでしょう。

今、飽食の時代と言われているように食べ物が溢れて有余っている世の中です。

私たちは食べ物と食べ物をこころを込めて作って下さった方々への感謝を忘れないように、食べ物を作る身としてもこの食事の偈(げ)を唱えています。

「いただきます」よりももっと深い意味が込められているのです。

食べ物は私たちのからだ、いのちを作る源です。

私は、ファームでお野菜やハーブを育てるお手伝いをさせていただくようになってから、ひとつの“もの”ができるまでは裏で様々な人の苦労や思いがあるんだという事を知りました。

食事だけではなく、食べ物にも、何にでも感謝して生きていきたいと思いました。

今日は、そんな食事の偈(げ)についてでした。

2009年5月29日金曜日

図書室オープンのお知らせ



みなさん、こんにちは。

飯綱は新緑が深い爽やかな季節です。

厨房担当の夕子さんと私、ブログ担当の恵はナチュラルファームの自然ガーデンの一画にあるハーブ薬草園を任されました。

今日の午前中はハーブ園始動の計画をねるためスタッフの祢津さんと山下さんにどんなハーブが今植わっているのか、とかどういう苗を早く植えた方がなどなど色々教えていただきました。

今、ハーブ園にはさまざまなハーブが植わっています。

ラベンダー、セージ、タイム、ローズマリー、カモミール、ペパーミント、ルバーブなどなど。

ハーブ園で作ったハーブたちは、厨房でも使います☆

ハーブティーもお出ししますよ〜!

その他にも菅平からいただいてきた薬草もたくさん植わっていますよ!

水輪にお越しのお客様に農園散策の他にもハーブ園も見て頂けるように力を合わせて素敵なハーブ園を作っていきたいと思います。

みなさま喜んでいただけるようなハーブ&薬草園を作ります!

いろいろな種類を作っていきます。

楽しみにしていてくださいね〜!!

頑張ります☆


・・・・・・・・・・


今日は、水輪にライブラリーがオープンしたのをお知らせしたいと思います。

オアシス地下のシアターの一画で、水輪の会特別顧問の帯津良一先生や顧問の巽先生を始めたくさんの方の御協力によって本が集められました。

ここは、水輪にお泊まりの方なら誰でもご利用できます。

素敵な照明とインテリアに読書にもリラックスにもいいソファ。



お部屋で本をお読みになりたい方は、ブックスタンドを無料でお貸ししています。

こちらのライブラリーも是非ご利用ください。

興味深い本がたくさんありますよ!

2009年5月28日木曜日

求めない。



みなさん、こんにちは。

今日はいつもより少し早い時間帯の更新になります。

今日の飯綱は気温がぐっと下がり寒かったです。

連日晴れ晴れしていたから、おてんとうさまもちょっと疲れたみたい(?)

きっと、クールダウンしているのでしょうね。

でも、週末は晴れますように!

週末には、お客様がオーガニックレストラングリーンオアシスにいらっしゃいます。

オアシスの展望席・パノラマからの眺めは最高です☆

みさ子さんの作る美味しいお食事に最高の景色。

絶対みなさんも気に入るはずです。

是非いらして下さい!


・・・・・・・・・・


今日は、私のワークシート(気づきの日記)をご紹介したいと思います。

3月9日(月)

ふと手に取った加島祥造さんの「求めない」という本。
すごくシンプルな文体なのに、ひとつひとつ心を込めて読み進めるうちに、心が楽になりました。
〜求めない〜
すると、何かが変わる。
あらゆる生物は求めている。
いのち全体で求めている。
一茎の草でもね。
でも、花を咲かせたあとは静かに次の変化を待つ。
そんな草花を少しは見習いたい、そう思うのです。
「はじめに」より

この本を読み進めていくうちに私はどれだけ自分のエゴに揺り動かされていたか気付きました。

「求めない。 すると いま自分にあるものが素晴らしく思えてくる」

そうだな、私は求め過ぎていたんだ。
人に良く思われることを求めない。
そうしたらきっと楽になる。
自分を知ってもらって認めてもらうことを求めない。
そうしたらきっと私は私らしくていいことを知る。
人に愛されることを求めない。
自分で自分を愛せるようになれば、他人(ひと)をもっと愛せるようになる。
求めない。
求めない。

今日、何故私はいくらものを持っていても満たされないのかということをふと思ったのです。
でもそれは私が全てを求めすぎていたからだと、この本を読んで気付かされました。

〜求めない。すると求めたときは見えなかったものが見えてくる〜

いろいろなものが溢れている世の中なのに、人はそれでも求めている。

でも、求めることをやめたときにさまざまなものが入ってくると思うのです。

今日は、そんな気づきのお話でした。

2009年5月27日水曜日

階段作り



みなさん、こんばんは。

今日の飯綱はお昼まではとっても良いお天気でした。

今日のお客様は、こけ玉作りを外でやったりファームで気功をやったりとこのお天気をエンジョイしていたようです。

小鳥や虫の鳴き声がとっても元気に響いていました。

この前まで雪が積もっていたのにもうすぐ夏が来るんだなぁ、としみじみしてしまいました。

さて、先週の中村敬子さん主催のヨーガ合宿に講師としてお招きいたした梅田和江さんからメールをいただきました。

それを少しご紹介したいと思います。

〜梅田 和江さんからのメール〜

水輪の皆様へ
とても楽しい滞在ができました。色々ありがとうございました。
私のホームページに日記を書きました。
クリック→梅田さんのブログ

また、8月に行きます。計画はこれから。
水輪に行けることが嬉しいです。
水輪とのご縁に感謝しています。
お会いできなかった、みどりさんに宜しくお伝えください。

梅田 和江

梅田さんメールありがとうございました。
ブログにも水輪の事を載せていただいて大変嬉しいです。
宇風想セミナー楽しみにしていますね。


・・・・・・・・・・



��月森のフリースクールいのちの森の学校開校に伴い、新館の「森のしずく」が立てられました。

でも、改装工事が中途半端だったため、道路から森のしずくへの約40メートルの路は泥道のまま、整備されずにほったらかされていました。

そこで研先生が指揮をとり、階段作りをしました。

水輪には手作りのものがいっぱいあります。

廊下や部屋の壁掛け、オブジェからビニールハウスまで!

そして、森のしずくまでの階段。

多分これが一番大きいハンドメイドのものですね。

かなり苦労して作った階段作りのレポートをご紹介したいと思います。

〜スタッフ・久保さんのレポート〜

階段をつくろう、そう決まってから約1週間、ひたすら、地面をほじくり返し、枕木をしいて、最後には砂利を敷き詰め、やっとのことで約40メートルの階段が出来上がった。階段をつくるさい、木のくいをうつのだが、地面の下には水道管が埋まっている。代替この辺に埋まっているとはわかっているが、まんがいちくいでうちぬいてしまっては一大事。そこで地面の下約1メートルのところに埋まっている水道管を掘り当てて場所を確認したり、地面をほじくり返す際、岩がごろごろでてきたり、工事は難航した。3人がかりで1日10段つくるのがやっとである。階段が出来てやっとじゃりを敷いたが、砂利しきも重労働であった。




掘って、掘って。まくら木を運んで、敷いて。木を脇に植えました。














周りの木の緑が良く栄えた素敵な階段になりました。

頑張ったみんな、本当にお疲れさまでした!!

みなさんも水輪にお越しの際は是非この階段を見てみて下さいね^^

2009年5月26日火曜日

巽先生の実践カウンセリング講座



みなさん、こんばんは。

今日はすごくお天気の良かった飯綱です。

最近雨模様が続いていたので嬉しかったです。

今日は、昨日に引き続き巽先生の実践カウンセリング講座のご紹介をしたいと思います。

と、その前に橋本さんからのメールをご紹介したいと思います。

橋本さんは、カウンセラーさんで心理の勉強をされています。

情熱のある大変素敵な方だと伺いました。

では、メールです。


・・・・・・・・・・


ブログを拝見しました。
清楚な草花と早穂理ちゃんの爽やかなまなざしが印象的です。
水輪はいつも不思議な爽やかな意空間の中にいらっしゃいますね。
素敵な出会いの時間をいただき、気をいただいてまいりました。

��割愛)

どうぞ、みなさま、よいお時間をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・・・・

橋本さん、メールありがとうございます。

橋本さんをご紹介して下さった巽先生についてお話したいと思います。

カウンセリング講座に興味のある方は、巽先生の人となりを知ればきっと参加したくなると思います。

私も巽先生にカウンセリングをしていただいたことがありますが、とても優しい先生です。

いつも笑顔で、水輪にいらしたときは私たちに気さくにお声を掛けて下さいます。

最近のお医者さんは、患者さんの話をあまり聞かずにすぐお薬を出す傾向が見られますが、巽先生はじっくり時間を掛けて話を聞いて下さいます。

温かい人となりで、とても話しやすい先生です。

巽先生のプロフィールはこちら→クリック

実践カウンセリング講座では、実習&心理学講座の二部構成です。

巽先生の40年以上の豊富なご経験からのお話がお伺いできます。

専門家から病気について関心のある方までさまざまな方を対象としています。

詳しくはコチラ⇒実践カウンセリング講座

2009年5月25日月曜日

セミナー開催のお知らせ

みなさん、こんばんは。

今日は涼しくてとっても過ごしやすいお天気の飯綱でした。

今日は、短いですが来月開催されるセミナーのお知らせをしたいと思います。

まずは、「実践カウンセリング(対話の仕方)講座」です。

��月12日(金)〜6月14日(日)まで。

精神科医の巽信夫先生にお越しいただき、対人面を深く掘り下げて考える講義を学びます。

それは、人との関係性をよく知る事ができます。

巽先生は、とても優しく話しやすい方です。

ご希望があれば、巽先生の個人カウンセリングも受けることができます。

そして、宮島基行先生の「日常断食」もあります。

��月12日(金)〜6月14日(日)まで。

断食と聞くと厳しい感じがしますが、短期間でできるデトックスといってもいいでしょう。

毒素を吐き出し元気なからだ作りを目指します。

☆是非ちらしをご覧下さい☆

実践カウンセリング講座・日常断食お知らせ&ちらし→セミナー



2009年5月24日日曜日

☆雑誌掲載情報☆

みなさん、こんばんは。

今日はぐずついたお天気ですが、これはきっとファームのお野菜たちへの恵みの雨だと思うことにします。

すくすく元気に育ってね、お野菜さん!

今日のファームはレタスの移植をメインにやりました。

雨の中、農場長の祢津さんをはじめ、航介さん、陵太郎さん、慎吾さんはポットの間引きや草刈りをしたり苗の手入れなどに精を出し、とっても良い汗を流しました。

いのちと触れあうってこころが満たされます。

美味しいお野菜をみなさんにお届けすることを思い、私たちは日々努力をしています!

水輪ナチュラルファームのお野菜を食べると元気が出る!」「これが本物の野菜の味なんだ!」「お料理するのが楽しみです!」などなど、お客様からの声を聞くと私たちも自然農をやってきて本当に良かったと思います。

みなさんの声が私たちの励みになります。

ファームのお野菜を食べた感想は→お客様の声にあります。

良かったら、見てみて下さいね。


・・・・・・・・・・


さてさて、タイトルの☆雑誌掲載情報☆にいきたいと思います。

料理通信社の雑誌・料理通信3月号(vol.33 2009/2/6発売)の第1回お宝食材コンテストに水輪ナチュラルファームのくらかけ豆が高く評価されたのはご存じでしょうか?

詳しくは料理通信を読んでみて下さい☆⇒料理通信バックナンバー

そして、私たちが育てたくらかけ豆を使ってクヨールの船越雅代シェフが新メニューを創作して下さいました。

ファームのくらかけ豆を始め、ヨモギの新芽や行者ニンニクを使った新発見☆なレシピです。

新しいレシピは、お宝食材発見レシピとして料理通信に掲載されます。

どんなお料理になるかはお楽しみです^^

次号の料理通信に掲載予定です。

もうひとつ!

雑誌「オズマガジン」の野菜特集にもファームのお試しパックが掲載されます。

こちらは、2009年7月12日発売です。

私たちの野菜が、開拓以来土にも野菜にもいっさい農薬を使用していないことに注目してくださいました。

是非ご覧下さい!!

今日は、雑誌掲載のお知らせでした。

2009年5月22日金曜日

自然との共生〜研先生のお話〜

みなさん、こんばんは。

今日の飯綱は午前中はかなり良いお天気だったので、みんなでお布団を外へ干しました。

ひとりひとりお布団をえっちらおっちら運んで干しました。

お日さまの匂いのするお布団に寝られるので嬉しいです^^

ファームの方は、さんさんと照らす太陽のもと元気な祢津さんと陵太郎さんが今日も頑張っています。

みなさんに出荷する野菜の苗の植え付けをしました。

ピーマン、なす、トマトなどなど。

夏野菜盛りだくさんです。

私も早く畑へ出たいなー!

元気に育った苗や、私が蒔いたじゃがいもも気になります。

元気に育っているかな??

楽しみです☆


・・・・・・・・・・・


今日は、夕飯の後研先生がお話をして下さいました。

インフルエンザが猛威を奮っているなか、私たちは過酷な時代に突入したんだということ。

行き過ぎた人類に、地球は戦争や疫病などを流行らせ私たちに“警告”を送ってきました。

今回もそのひとつなのかもしれません・・・

なんて、脅かしているつもりじゃないのですが。

飛行機や便利な流通がなかった時代は、私たちは自給自足で生活していました。

今のようによその国の食物に頼ってはいなかった時代があったのです。

でも、今は・・・?

インフルエンザなどが流行って外の国に頼れなくなったら・・・

自分たちで自分たちの生活を支えていかなければなりません。

私たちは今、試されているのかもしれません。

本来は人間も自然の一部なのです。

それをないがしろにしてきたから、自然は脅威を奮っているのかもしれません。

自然は偉大な力を持っています。

どこかで地球、いや宇宙がバランスをとろうとしているのかもしれません。

私たちが今考えなければいけないのは、自然との共生です。

農薬や化学肥料を使った農業は自然との共生とは言えません。

その大地がもつパワーを生かし、その土地が求めている植物なら、農薬など使わなくてもいのちは育つのです。

自然を信じること。

自然との共生の中で大切なのは“意識”だと、研先生はおっしゃっていました。

今日、研先生は一昨年ベト病にかかり弱ってしまったぶどうの木に「良く育ったね」と話し掛けていたそうです。

植物に話し掛けて世話をすると、その植物がイキイキとしてくるそうです。

そこには“愛”という“意識”があります。

共生に不可欠なのは“愛”ですよね。

植物を思いやったり、人を思いやったり、周りの人を思いやる。

そして、人類や地球を思いやればもっといい世界になるはずです。

今日はインフルエンザから人類の共生をみたお話でした。

研先生はたまにふらっと私たちのところへ来て素晴らしいお話をして下さいます。

これもワークスタディーの特権ですね。

研先生ありがとうございました。

ちょっと長くなりましたが読んで下さってありがとうございますm(_ _)m



2009年5月21日木曜日

お野菜定期便ができるまで〜お楽しみプレゼントのヒミツ☆〜

みなさん、こんばんは。

今日の飯綱はもう夏?!というようなくらい暑い天気でした。

ファームはいちめんたんぽぽの綿毛で覆われて真っ白になっています。

とってもキレイですよ☆

季節が巡るのはとても早いな、と思います。

ここ飯綱にいると季節の移り変わりをすごく感じます。

私が水輪に来た12月は雪で覆われていて白銀の世界だったのに、もう外は木々の木漏れ日が眩しい新緑で包まれています。

このブログを始めて、外のいろいろな植物たちを載せたいと思いカメラをまわすのですがぼーっとしているとあっという間に新しい植物に代わってしまっていたり・・・

「あ、あそこのふきのとう撮ってない・・・」とか、「もう水仙の見ごろは終わったんだ・・・」とか。

うかうかしていられません(= =;)

季節は巡っているのだなーと、本当に肌で感じます。(笑)

皆さんにも水輪の素敵な植物たちをお届けする為にシャッターチャンスを逃さないように頑張ります!


・・・・・・・・・・


さてさて、今日は久しぶりにファーム情報いきたいと思います。

今日は、みなさん気になっていたと思われるお楽しみプレゼントについてご紹介したいと思います。

お楽しみプレゼントって何ですか〜?

そこの、アナタ!

お野菜定期便水輪ナチュラルファームの新鮮なお野菜をご自宅にお届けするパックです。

詳しくは、→お野菜定期便ができるまでを読んでみてくださいね^^

お楽しみプレゼントは、ファームの会員様のお楽しみ!5万円コースと豪華!7万円コース、それに新しくできた少人数の家庭のお客様向けの少人数 2万8千円コースの3つのコースに付いてくるファーム会員様だけへのプレゼントです。

どんなプレゼントがあるのか少しですが、お見せしましょう☆



まずは、ジャム作りから。

みさ子さんの無添加・砂糖不使用のおいしーいジャムです。

水輪でもお買い求めできます。

りんご、アップルジェリー、キウィ、プルーン、マーマレードなど、その季節や時期によってお届けできるものは限られていますが、なんたってお楽しみなので首をながーくして待っていて下さいね。

次は、梅干し。



長野産の完熟梅を使用しています。

天日干ししてからは、食べれるまで1年寝かせます。

すっぱくておいしーい梅干しです。

そして、みさ子さんの手作りパン。



星野の天然酵母を使った手作りパンです。

長野県産の地粉をと水と塩と砂糖だけで作っているので菜食の方も安心して食べられます。

香ばしくて本当に美味しい手作りパンです!

そして、お味噌。



今晩もこれから味噌作りに備えて大豆の豆洗いが始まります。

��トンのお味噌作り・・・

大変だろうけど、美味しいお味噌汁を毎日食べる為に頑張るのです!

お味噌作りは、また今度お伝えしますね。

こんな感じで何品かご紹介しましたが、お楽しみプレゼントはまだまだありますよ!

バジルペースト、トマトソース、シソの実漬け、野沢菜・・・

料理の腕がなりますね!!

これ以上は“お楽しみ”です。

では、豆洗い行ってきまーす。

2009年5月20日水曜日

そば粉を作ろう!

みなさん、こんばんは。

今日の飯綱はTシャツでもいいほどの暑さでした。

でも、カラッとしていて気持ちよかったです。

今日から生活クラブ様がいらっしゃいました。

中庭の掃除や館内の掃除を終えて、気持ちよくお客様を迎えることができました。


・・・・・・・・・・


今日は、ファームの農場長の祢津さんと新・ファーム担当の陵太郎さんが蕎麦の粉ひきをしました。

その様子をお伝えしたいと思います。

通称・粉ひきさんという製粉機を使って蕎麦の実を粉にします。



今回は約30キロのそば粉を作りました。

��0キロのそば粉を作るのには約4時間かかります。

粉ひきさんで大まかに蕎麦の実を砕いたら、

















手作業でふるいにかけます。

二回目の製粉機にかけてザルをとおして、そば粉になります。

なんだか、写真で見ると簡単に作っているように見えますが、4時間ぶっ通しで二人はそば粉を作っていて、最後には眉毛まで真っ白になってしまいました。

その写真は使わないで欲しいとのことで、お見せ出来ないのが残念です。

今日ひいたそばの粉は昨年秋に収穫した蕎麦の実を良い状態で保管している蕎麦の実をひいたものです。

とっても新鮮でイイ香りがして、食べると頬がとろけちゃいます。

蕎麦の花は、8月の終わり頃に満開になります。

白い小さなお花でとってもカワイイですよ☆

脱穀は10月頃になります。

脱穀のボランティアさんも募集するかも(?)

みんなでやると楽しいですよ〜^^

〜祢津さんより〜

毎年自家採取している100%国産のそば粉です。
水輪では、そばスコーン、そばパン、そばのシフォンケーキ、そばがきとしてお出ししています。
そばクッキーも作る予定です。
安心・安全・味は最高なので是非食べてみてくださいね!!

この水輪ナチュラルファームで採れたそば粉は完全無農薬です。

水輪でお買い求めいただくことができます。

秋になったら脱穀の様子もレポしたいと思います。

2009年5月19日火曜日

窓拭きでこころを磨こう

みなさんこんばんは。

今日の飯綱は温かく過ごしやすいお天気でした。

��月の初めまでは雪が降っていたのに、そんなことはみじんもかんじさせないくらいに春が満開の今日この頃です。

水輪の周りにはカワイイたんぽぽのお花畑が広がり、とっても美しいです。

今日は、明日から来る生活クラブ様への準備で朝から窓拭きなどをはじめとする館内清掃をしました。

朝から窓をピカピカにするって気持ちがイイんです☆

最近窓拭きの楽しさが分かってきました。

知っています?

窓拭きって奥が深いんです。

水輪の窓って本当に曇りがないんですよ。

みなさん口々にキレイだとイイますが、私もあの窓を人が磨いているとは思ってもみなかったです。

というのも、本当にピカピカなので機械を使っているのかなと思っていました・・・(- -;)

でも、ただの雑巾で拭いているんです。

洗剤も使っていないんですよ!

窓拭きってこころが写るんです。

朝、眠気と戦いながら窓拭きをすると何故かキレイにならないんです。

ケバケバ(ほこり)がたっぷりと・・・

なんでよー?!と、がむしゃらにやってもまた、ケバケバが・・・

でも、こころが澄んだ状態でやると、

ほら!

ピカピカに。

不思議ですね。

窓拭きのときの自分のこころをよーく観察してみると、ケバケバが立っているときは色んなことを考えながらやっている状態でした。

反対に、ピカピカのときはこころがまっさらでした。

雑念を消し、消し、やっています。

窓拭きは、こころを磨いているのかも知れないな、と思いました。

今日は、水輪のお掃除(動禅)のお話でした。



2009年5月18日月曜日

No title

みなさんこんばんは。

昨日までの雨とはうってかわって、今日の朝は大変清々しい五月晴れの飯綱でした。

水輪の中庭の白樺の木漏れ日がキラキラしていました。

すごくキレイで眠気もふっとんだ朝でした。(笑)

昨日ブログを見に来てくださった皆様、昨日は私たちの住んでいる部屋の

引越しがあって、今まで、母屋の2階にいたのですが、

多目的ルームの3階に移動をしており、ばたばたしてしまい、

お休みしてしまいました。ごめんなさい。


・・・・・・・・・・


今日は、21日からの味噌作りに備えて大豆の選別をやっています。

手作りのお味噌って本当に美味しい!!

というのは、水輪に来てお味噌汁をいただいたことのある方なら納得してもらえるはずです。

水輪のお味噌汁に使われているお味噌って手作りだったの?!

そうなんです!!

手作りなんです☆

只今、大豆選別中でーす^^



今年は1トンのお味噌を作ります。

��トン・・・

私はお味噌汁が大好きなので嬉しい限りです。(笑)

この1トンのお味噌は水輪のお料理に使われるのと、お野菜定期便のお楽しみプレゼントになります。

お野菜定期便を頼んでいるファーム会員のみなさん、ワクワクしますね。

他には、ファームで採れたトマトを使ったトマトソース(濃厚で美味しい☆)やファームの蕎麦粉100%のみさ子さんの手作り品などなど。

まだまだ盛りだくさんですよ。

お楽しみプレゼントの情報はまた別の機会にご紹介しますね。

さて、お味噌作りに話を戻します。

��トンのお味噌を作るのに120キロの大豆を選別します。

普通の大豆選別は、A級品、B級品、C級品と3種類にわけますが、お味噌作りの大豆選別はお味噌用とC級品にわけます。

ダメな大豆をはじいて分けるだけなのですが、なにしろ120キロもの大豆を選別するので手際よくやっていかなければいけません。

今、総勢5名で選別しています。

第一回目のお味噌は、米麹を使います。

125キロの大豆に対して150キロの麹を使ってお味噌を作ります。

二回目は麦麹です。

麦麹のお味噌は、米麹のお味噌よりもやさしい味がします。

麦のお味噌なんて食べた事なかったけれど、これが結構ハマります^^

毎日、毎日無添加の手作りお味噌をいただいているなんて、贅沢ですよね。

手をかけてこころを込めて作るお味噌だから美味しいのかもしれません。

今日は、お味噌作りの第一弾・大豆選別でした。

2009年5月17日日曜日

ヨガの会二日目

みなさん今晩は。

今日は、中村敬子さんのヨガの会で昨日から33名のお客様と昔からずっと水輪を応援してくれている増田さんのご家族が5名そして、宇風想の梅田さんもいらっしゃって大変にぎやかなお食事でした。

中村さんの会のみなさんは戸隠の中社をまわって、北斎館のある小布施の方まわりました。

小布施は町並みが素晴らしいです。

今日のお料理は、山菜の天ぷら、豆腐ハンバーグ、春野菜のサラダ、そばがき、そば粉のシフォンケーキなどでした。

このそば粉は、水輪ナチュラルファームのもので、そばの種から育て、それを脱穀し、自分たちで粉にひいたものを使っています。

とても新鮮で混じりけの無いそば粉100%の天然ものです。

このファームのそば粉でその他作ったものは、そばがき、シフォンケーキやそばスコーンです。

水輪特製の手作りジャムを添えて食べるとこれがまた最高なのです!

ジャムはいろいろな種類があります。

どれもじっくり煮込んだ混じりけなしの無添加のジャムです。

朝のくらかけ豆があまりにも美味しかったので飛ぶように売れました。(このくらかけ豆は雑誌「料理通信」で入選したお豆です)

天ぷらはナチュラルファームに自生しているたらの芽、よもぎ、うどの新芽、やまぶどうの新芽、こしあぶらなどの山菜です。

みなさんも是非食べに来てくださいね。

善光寺は今、七年に一度のご開帳です。

戸隠神社も、七年に一度の式年祭です。

みなさんもそれに合わせて春の水輪にいらして下さい。

2009年5月15日金曜日

ヨガの会スタート!&メッセージ from Kokke

みなさん今晩は。

今朝の飯綱はぐんと冷え込みました。

もうしまってしまったフリースを取り出して、昨日の強風で枝が飛び散っている中庭をみんなでキレイにしました。

2,3時間掃き掃除をしましたが、集中していたのであっと言う間でした。

終わったあとはとても清々しく、みなさまをお迎えするお庭も輝いていました。

今までになく集中できていて、マメがつぶれていたのも気がつきませんでした。

これまでは掃き掃除をしていて手が痛くなったら、

「痛い〜(><)」「あ〜、やだな〜」「やめたい〜」

と言っていましたが、この前の水輪スタッフの勉強会でNHKのクローズアップ現代で脳科学者の茂木さんが言っていた事を思い出しました。

「苦しいときやもうダメだと思った瞬間に脳はそのダメだ、と思う事を実行する為の言い訳や行動を瞬時に考えてそれを行動に移そうとしている。」

思い方が全てを変えてしまうんだ。

今日は嫌だと思う事もなく、マメにも気がつかないくらい集中していました。

茂木さんは、今を生きるという事は、今に集中している事を表しているわけですからそれがとても人間にとって良い状態を作っていると言っていました。

今の一瞬一瞬を懸命に生きれば、気がついたときにはちっぽけな事に不満を言っていた自分はいなくなるのだろう。

そういえば、今日は言い訳が出ていない!

一生懸命に掃き掃除を集中していたから、脳は良い状態だったんだ。

だから、こんなにも気持ちがいいんだ。

「今を一生懸命生きる。」

自分の新しいモットーができました。

��ミリ1ミリですが、こういうちょっとした自分の変化がすごく嬉しく感じます。

研先生が今日私に「ライフ イズ シンプル」という事をおっしゃっていました。

「人生も仕事も単純なことの積み重ねだ。」

「もっと言えば複雑な物事は単純な物の集合体でできている。だから、単純な事が出来なければ複雑な事も出来ない。」

「簡単なんだよ。」

と、おっしゃっていました。

私は単純な作業をそっちのけでもっと難しいことばかりをやりたがっていました。

単純な事をそっちのけだから何にも出来ていないんだ。

でも、研先生の教えから難しい事、複雑な事を求めてばかりの自分に気がつきました。

まずはシンプルに。

Life is Simple.

人生はシンプルだ。

人生はもっと簡単。なのかもしれない・・・


・・・・・・・・・・


今日から、中村さん主催のセミナー・ヨガの会がスタートします。

みなさまヨガをやってらっしゃるからか、元気な方たちばかりでした。

ティータイムのピアノの演奏と歌はどうでしたか?

水輪の眺めの良いパノラマコーナーでのグラウンドピアノは良い響きだったでしょうか?

みなさんの元気なお歌が聞こえてきそうでした♩

明日の戸隠散策はどうか、晴れますように!!

私がかわりに祈っておきますね^^


・・・・・・・・・・


今日は昨日のお礼の引き続きで、こっけことスタッフの航介さんの幼なじみの敬子さんにメッセージがあります。

もし、敬子さんこれを読んでいたらおしらせください。

Dear Keiko,

I talked to Kaoru and Zoo-chan the other day and I had the news of your marriage.

Keiko, congratulation to you and Jamie.

You two will be just fine together.

I want to see Jamie.

Visit any time.

Your beloved brother, Kosuke

と、航介さんからでした。

We really appreciate your support and donation.

We all want to see you two, so come and visit us when you come to Japan.

Congratulation to your happy life together!!

Best wishes,

Suirin

もしこのブログを見てくださっていたならメッセージくださると嬉しいです。

水輪のみんなもジェイミーさんと敬子さんを待っています!

是非日本に来たら遊びに来て下さいね。

今日はちょっと英語も混じったインターナショナルな(?)ブログでした。

お幸せに☆★☆



2009年5月14日木曜日

No title

こんばんは。

今日は突風がすごい飯綱でした。

明日から始まる中村さん主催のセミナー・ヨガの会の準備で水輪は大忙しです。

突風のせいで一度全部の清掃が終わったのですが、もう一度清掃し直しです。

私もこのブログが終わったらみんなに合流してお掃除です。

お客様がキモチよく水輪で過ごせるように、キレイにしてきまーす!


・・・・・・・・・・


今日は、思いがけずすごいプレゼントがありました☆

ユニバーサル園芸社の森坂社長から豪華な胡蝶蘭が送られてきました。

森坂社長は毎年水輪を訪ねてきてくださいます。

森坂社長の社員さんたちも元気とガッツのある方たちばかりで、戸隠山を制覇したこともあります。

ゴージャスな胡蝶蘭にアートスペースもみじが華やぎました。



森坂社長、素敵なお花ありがとうございましたm(_ _)m”


・・・・・・・・・・


次は、ご寄付のお礼です。

水輪スタッフの航介さんの幼なじみのニューヨークにお住まいの清水ージョンソン 敬子さんから水輪にご寄付がありました。

敬子さんは世界の各地でボランティアをしてきた方で、日本に帰国されたときにも水輪を訪ねてきてくださいました。

そして、水輪を大変気に入ってくださいました。

ご結婚おめでとうございます!!

敬子さんのご結婚のお祝いに頂いたお祝い金を水輪にご寄付いただきました。

叔父さま、叔母さまの清水洋二&則子様にも厚くお礼申し上げます。

こけ玉カードでお礼も申し上げます。

Kokke is saying " Love you!" だそうです。

叔父さま叔母さまありがとうございます。

敬子さんもご主人と一緒に是非また水輪にいらしてくださいね☆

We are looking forward to see you again.

We really appreciate your kindness and support.

You will see your Kokke's messege tomorrow.

今日は短いですが、ここまでです。o(^ ^)o

このブログを毎日楽しみにしてくださっているみなさま、応援ありがとうございます。

水輪のみんなへのメッセージも待っていますので、感想や応援など、どしどしコメントお待ちしております☆

2009年5月13日水曜日

お客様が水輪を選ぶワケ

こんばんは。

今日の飯綱は肌寒く、雨がしとしとと降っていました。

この雨が週末のセミナー・ヨガの会まで続きませんように、と祈っていたら午後は晴れてきたのでホッとしました。

このまま週末のセミナーも良い天気でお客様が過ごせますように!


・・・・・・・・・・

今日は、夕飯のミーティングでみどり先生が水輪に来られるお客様と私たちの繋がりについて話して下さいました。

「ここ(水輪)に来られるお客様は、違うのよ。」、と。

何が違うんでしょうか?

私は気づいていませんでした。

「どうしてここに来るお客様は、他のホテルに泊まらないで水輪に来るかわかる?」

私たちとお客様のつながり・・・

「水輪に来るお客様は人間の根源的で誰もが持っている悩みや疑問に対して、それを深めたい、気づきたいという思いを持って、ここを訪れ癒しと気づきを求めているのです。」

それを助けてくれるのが、大自然のいのちたちです。

普通のホテルと比べるととても豪華ではないけれど、総天然木・檜や杉で作られた館内や、こころやからだに配慮したお部屋の壁や絨毯などがあり、そして私たちが大切にしているのは、こころでおもてなしするそのこころです。

世間では、自分を癒すために、満たすためにショッピングやカラオケやレストランに行きます。

美味しい物を食べ、友達と騒ぎ、自分を着飾るための洋服やアクセサリーを買う。

でも、本当にそれらがあなたを満たしてくれているのでしょうか?

物質に身を浸しているだけで、本当に乾いたこころを潤してくれているのでしょうか?

水輪でワーク(動禅=動く呼吸)をしているとモノの価値観ががらりと変わります。

今まで、疲れた自分、ストレスの溜まった自分を癒してくれる、満たしてくれると思っていてやっていたことは本当は真の癒しではなかったのた、と。

ワークを淡々と毎日、毎日こなしていくとその中に見えてくるものがありました。

モノは自分を完全に満たしてはくれない。

じゃあ、何が自分を満たすのか・・・?

それは、

自分自身だ、と。

だから、ここに泊まる人はこのシンプルな空間に満たされ、癒しを見つけるのです。

私たちのワークの奥深さは、モノと人のこころも繋がっているということです。

窓ガラスを磨いているとき、小物を拭いているとき、掃除をしているとき、

私たちはモノに語りかけます。

「キレイになってね。」と。

そうすると、モノも輝きだすのです。

私たちの気が入って、モノも本当に輝きだすのです。

自分を真っ直ぐに見つめると、モノと繋がることができる。

そして、人とも繋がれるのです。

きっと、私たちのおもてなしの心がお客様にも入っていっているのですね。

大自然のエネルギ—と水輪の持つ場のエネルギ—そして、心のこもったお食事。

それらが共鳴し合い、癒しのパワーにかわっていくのです。



私たちは、お客様にパワーをいただいていますが、私たちもお客様にパワーを与えているのよと、みどり先生はおっしゃsっていました。

笑顔ひとつにしても、ご挨拶ひとつにしてもカタチではなくこころから癒しの波動を送っています。

お客様の笑顔にパワーをもらい、そのパワーを私たちもお返ししている。

癒しのエネルギ—は循環しているのです。

「あなたたちが頑張るところを見て、お客様はパワーをもらっているのよ。」

だから、私たちはもっと努力しなきゃな。

哲学者の芳村思風先生も愛は努力とおっしゃっていました。



という、今日は私が水輪に来て数ヶ月過ごした中で気づいたことでした(^ <)v



2009年5月12日火曜日

苔玉作り

こんばんは。

遂にこのblog水輪日誌の一日のアクセスが100人を越えました!!

見に来てくれている皆さん本当にありがとうございますm(_ _)m

とっても嬉しいです☆★☆

これからも日々精進していきたいと思います。

つたない文章ですが、よろしくお願いしますm(_ _)m


・・・・・・・・・・


さてさて、今日は苔玉(こけだま)を紹介したいと思います。

水輪に来られたことのあるお客様なら、きっと気になっているはずです!!

そうです、“あの”こけ玉です。

今日はそのこけ玉作りのレポートをしたいと思います。

ますは、こけ。

このこけはみんなで山へ採りに行きます。

場所は秘密です(^ <)



このこけを貼付けて、こけ玉を作ります。



みしょうと呼ばれるいろいろな種類の植物を苔で包みます。



左が厨房でお馴染みに夕子さん、右がブログ担当の恵です。

ぎゅっとするのがなかなか手に心地いいんです。

植物に触れるって、こころがなんだか癒されます。

手でただぎゅっ、ぎゅっとしているだけなのに植物たちにパワーをもらっている気がします。

水輪には、こけ玉がディスプレイさていますがどれも売り物として販売しています。

ここで、ほんの少しですがご紹介したいと思います。



実がアクセントになっているますよね。



こんな個性的なこけ玉もありますよ〜。



ディスプレイしてインテリアにも☆

おうちにはもちろん、オフィスやお店にも!

お手入れ簡単です。

館内には400個近いこけ玉がいたるところに飾られて人々をお迎えしています。

くる人を癒してくれるこけ玉。

館内全部のこけ玉に水やりするのはなかなか大変です。

こけ玉担当は夕子さん。

ときどきみんなで作ります。

こけ玉を作ってみたいという人やこけ玉に興味を持った人は是非!!
手作り教室へどうぞ。

また今度いろいろな顔を見せてくれるこけ玉をご紹介したいと思います。

楽しみにしててくださいね。

飯綱の春 山菜のおいしい季節です

昨日はブログをお休みしてしまいましたが、また今日から毎日がんばります。
飯綱は春真っ盛り。自然農園は一面のたんぽぽと菜の花でとても美しい光景です。


実際はもっときれいです。全面黄色い絨毯です。

春。山は山菜の季節です。水輪でもお食事に山菜の天ぷらをお出ししています。

山ぶどうの新芽は天ぷらにすると、酸味があっておいしいです

ビニールハウスの中では寒さに弱い野菜たちの新芽が真っ盛りです。

長葱の新芽、かわいいんです。すずらんも美しいです。 


白樺林も生い茂ってきました。
木漏れ日の中、読書をしたり、とりたてハーブティを飲みながら自然を満喫したりと
最高の環境です。

これから益々暖かくなる飯綱へぜひお越し下さい。

スタッフ 矢野

2009年5月10日日曜日

今日の早穂理ちゃん(一年ぶりで外の空気にふれました)

みなさん、こんばんは。
久しぶりの「今日の早穂理ちゃん」です。
飯綱も今日は暖かく、芽吹きの新緑と山桜の花びらが風に吹かれて舞い散る美しい一日でした。

早穂理ちゃん 今日は、本当に久しぶりにお外に出ました。


久しぶりのお外で、ごきげんの早穂理ちゃんです

早穂理ちゃんのお部屋(通称:ななかまどの部屋)の外にあるベランダに約30分ほどでしたが、外の空気を楽しみました。
昨年、退院してから体に気をつかって外に出るのを控えていた早穂理ちゃん。
日赤の検診以来の“おんも”です。実際、外を楽しんだのは1年以上ぶりです。

暖かな心地の良い風が肌をなで、仲良しのナナカマドの木の下で早穂理ちゃん独特の声でお話したり、お庭の整備をしていた航介さんと陵太郎さんにエールを送ったり、とてもうれしそうでした。
普段お部屋の中では味わえない太陽の光も、ちょっとまぶしいけれど、うれしそうに感じていました。

本当にうれしそうにお外を楽しんでいました。

日差しの柔らかな夕方だったので、30分ぐらいで風が少し涼しくなってきました。
でも、もう少しお外を楽しもうとママ(みどり先生)が、早穂理ちゃんをお布団でくるんであげました。

お布団で、みの虫さんになりました。

そして、お外があまりにも気持ちよくて、ウトウトと眠ってしまいました。

退院してから一年が過ぎ、食欲も旺盛な早穂理ちゃん。
今年はたくさん“おんも”に出たいと思っています。
皆さんも水輪にいらした時、早穂理ちゃんと一緒にお散歩しませんか?

毎日、実習生の恵さんがこのブログを毎日がんばって更新してくれているので、この「水輪日誌」も閲覧される方が増えてきました。前ブログ担当の私(矢野)には、お食事作りやHP作成でなかなか更新できず、楽しみにしていらっしゃる皆様にはご迷惑をおかけしていたので、恵さんのおかげで一安心です。

皆様これからも「水輪日誌」をよろしくお願い致します。
そして恵さんへの応援もお願い致します。コメントなど、とっても励みになっています。
他のスタッフ・実習生や私も時々書いていきますので、ぜひ毎日見にいらして下さい。

水輪スタッフ 矢野みさ子

2009年5月9日土曜日

No title

こんばんは。

最近大勢の方がこの水輪日誌を訪れてくださっていて、とても嬉しく思っています。

水輪のことをもっとよく知っていただくために、もっと好きになっていただけるようにこのブログももっともっと頑張っていきたいと思います!!

・・・・・・・・・・

と、ご挨拶はここまでにして今日も水輪ナチュラルファーム情報いきたいと思います。

この間じゃがいもの種を蒔いたときの私の感想をお伝えしたいと思います。

〜じゃがいも蒔きの感想〜

じゃがいもってどうやってできるんだろう?農場長の祢津さんに「じゃがいもの種まきをするよ〜」と言われ行ってみると、「じゃあコレ蒔いて!」と渡されたのが種じゃなくてじゃがいもだったので「??」と頭にハテナマークが・・・おイモ育てるのにじゃがいも蒔くの?!種じゃないんだ・・・とビックリしてちっちゃい丸いじゃがいもを蒔くことに。



こんな広い畑にコツコツとひとつひとつじゃがいもを置いていく作業だったのですが、真っ直ぐ置いていくのはなかなか難しかったです。

「30cm間隔で真っ直ぐにね。」と言われましたが、途中で振り返ってみるとぐぅ〜っとまがってたり・・・

それを戻ってせっせと直して、またコツコツじゃがいもを置いて、せっせと直すの繰り返しです。

お野菜って食べてしまうのは一瞬なのに、私たちの手に届くには本当に地道な作業を生産者の方たちはしているんですね・・・

そう思うと大切に食べないと、という気持ちがますます高まりました。

こうやって種芋を蒔いて、芽が出て、花が咲いて、いつかまたじゃがいもが食べられるときになって・・・お野菜ってこんなにも手をかけられて育っているんですね。

そういう体験をすると、お味噌汁に入っているじゃがいものひとくちもじっくりと味を噛み締めて食べたくなりますね。

ファーム体験は、こんなにも愛情と手をかけてお野菜を育てていると、本当は私たちのいのちはすごいいのちといのちのつながりの中で生かされていることに気づかされます。

何か自然の中にとても神秘的なものを感じて、ひとりじゃない、っていう感じがします。

自然って本当にいいですね。

つまらない事で悩んでいたのがふっとんじゃいました^^

農場長、イイ体験をさせていただいてありがとうございます^^



おいしいおイモがみなさんに届けられますように☆

今回の私の体験はほんの少しでしたが、本当の“自然農体験をしたい”という方には、

ファームステイをオススメします☆

“農”に触れたい!畑作りを体験したい!自然を肌で感じたい!!

ファームステイならこんな願いが叶います。

自然はこころとからだを癒してくれます。

私も飯綱高原の自然に囲まれたファームを歩いていると、こころがどんどん元気になっていくのを感じます。

都会では、感じることの出来ない“癒し”があなたを待っています。

��ヒーリングステイの方でも、ご希望があればファームのお手伝いや見学などができます。
 ご希望の方は、水輪にお問い合わせください。

P.S.水輪にお手紙を下さった静岡県のMさん。ブログ読んでくださってありがとうございます。
  是非また水輪にもブログにも遊びに来てくださいね^^

2009年5月8日金曜日

セミナーのお知らせ・帯津良一先生「養生塾」

帯津良一先生「養生塾」開催のお知らせ
2009年5月29日(金)〜6月1日(月)



養生塾とは・・・

自然治癒力を高め、病を克服し、明るく希望を持って生きるための実践トレーニング講座です。

帯津三敬病院名誉院長・日本ホリスティック医学協会会長の帯津良一先生、ファシリテーターで財団法人いのちの森文化財団理事長の塩沢みどり先生、病を治療中の方のこころのケアをサポートしてくださる精神カウンセリング巽信夫先生が、体の養生・心の養生・食の養生についてお教えいたします。

私も母と養生塾に参加させていただいたので、その感想をご紹介したいと思います。


〜養生塾に参加しての感想〜

昨年、私も乳ガンを患った母と共に養生塾に参加させていただきました。車座交流では、帯津先生が悩みを持ったみなさんの質問にひとりひとり丁寧にお答え下さっていました。薬、手術、病との付き合い方などから、心の持ち方、生きがい、死生観などの人間なら誰しもが持ち合わせている悩みについてなどまで帯津先生は笑顔で、時に真剣なまなざしでお話しして下さいました。
食も養生では大切なエッセンスのひとつで、水輪の養生食は自然のものがたっぷり使われていてとても美味しかったです。美味しいものを食べると体だけではなく、こころも癒されていくと思いました。精神カウンセリングの巽先生は、親しみの持てるお人柄でとても話しやすい雰囲気で行われました。そして、水輪の持つ場の雰囲気。大自然の中で自然治癒力が高まっていくのを感じました。充実した3日間でした。

●こんな方にお勧めします
・免疫力、自然治癒力を高め学びたい方
・がんと宣告されて悩んでいる方や、ケアを学びたい家族の方
・様々な病で悩み、不安をお持ちの方、心の持ち方を学びたい方
・病を克服し、前向きによりよい日常生活を送りたい方
・カウンセリングを受けたい方
・適切な治療法、健康食品などを選びたい方
・医療従事者、看護士、セラピストの方で学びたい方
・学生の方も帯津先生と患者さんの統合の姿勢を学んで下さい

参加者の声を聞きたい方はコチラへどうぞ→養生塾感想文

●自然治癒力を高める講座メニュー
一、車座交流会Q&A:帯津良一先生・塩沢みどり

二、治癒力を高める講演講座:帯津良一先生
第1回「ときめきと健康」
第2回「ホメオパシー」
第3回「自然治癒力と食事」
第4回「自然治癒力とがん」

三、気功実技講座:帯津良一先生

四、癒しと気づきの養生セッション

五、精神個人カウンセリング(要予約):巽信夫先生

会場・食事について

場所は飯綱高原。大自然のエネルギーは自然治癒力を高め、館内寝具類は清潔を保ち、建物には和紙の照明、天然木の檜や杉材を使用し、大自然のもっている澄んだ気を人工的な建物によって遮断されることなく存分に味わうことができます。厳選された無添加の食材・調味料、無農薬野菜などを使った心のこもった美味しい食事は心身をリフレッシュしてくれます。

養生塾についてもっと知りたい方はコチラをクリック→養生塾

2009年5月7日木曜日

禅に触れて

こんばんは、G.W.も終わり元の生活も始動し始めましたね。

休んだぶんを取り戻すべく今日から頑張っていきましょう♪

今日は、私の禅体験をお話させていただきます。

みなさん、坐禅って体験されたことありますか?

私は、水輪に来るまで全く体験したことなかったです。

水輪のヒーリングステイでは、朝の経行(きんひん・歩く禅)と夜の坐禅(座る禅)は無料で参加できます。

私も、ヒーリングステイで滞在したときに両方体験させていただきましたが、「禅」とは何か、まだその奥深さには気付きませんでした。

水輪のワーキングスタディーステイは、動禅と呼ばれる動く禅がベースになっています。

ただ、日常生活の作業を行っているだけのようですが、そこに付随してくる癒しと気づき。

たくさんの学びが湧き出てくるのです。

・・・・・・・・・・・

私が、ワークスタディーに入って4ヵ月目の気づきを紹介させていただきたいと思います。

私は、人から言われたことをすごく気にする性格です。

人から言われたことを悪い方へ受け取りがちで、自分で自分を苦しめているのは解っているのですが、どうやったらそこから抜け出せるのか解らずにいました。

ワークスタディーの中に私とライバル(?)のような関係の女の子がいるのですが、結構ハッキリ言いたい事を言うので、嫌だな〜嫌だな〜と思っていました。

毎日お勝手の片づけの仕事を、食事した後みんなで交代でやっているのですが、そこでも何度もぶつかり合いました。

ワーク(動禅)はお勝手仕事だけではないのですが、お勝手仕事は結構な量で二人でやるときは息を会わせないとうまくいきません。

お皿を洗ったり拭いたりの繰り返しの中で、呼吸を整え、吸って、吐いてを深くして気を集中させるとその中で見えてくるものがありました。

〜ワークシート(気づきの日記)より〜
��月14日(火)

何を言われてもブレない自分をつくる。

例えば、それにはコンプレックスやプライド、エゴなどを手放す。

それらは誰の中にも、自分の中にも、皆の中にも持っているものだけれども、その持っている自分の感情に相手を通して様々に起こってくる感情が引き出されてくるので、苦手な人に会うと嫌だな、と思ってしまうのですが、実を言うとその相手はどんな苦手な人でもブレないでいられる自分を創る為の天からの教材なのです。

苦手な相手と接したり、人を嫌だな〜、と思ったりするのは、結局相手を通して起こってきた自分の感情に自分が巻き込まれて動揺している姿に他ならないのだという事を坐禅を通して良く解りました。

人との関係の中で起こってくる様々な事柄は、関係を通して打たれ強い自分になれるのだと思います。

そうなればどんな大変な事も、どんな苦しみや悲しみも、自分を鍛えてくれる天からの教材と言えます。

禅は、カタチからとみどり先生がおっしゃったとおり、嫌な事があっても、嫌な箏を言われても、まに受けず、たんたんと笑顔で相手の言っていることの本質をよく見極めてちゃんと返すべき事は返せるような冷静な心が生まれてくると思います。

この境地を得れば、

カチンとくる事を言われても「そうですね〜^^」「でも、私は〜だと思いますよ。^^」と“笑顔”で返す。(それは、反抗心からではない返答だ。)

強い心、ブレない自分は嫌みや嫌な波動を出す相手を逆に気づかせると思う。

まずは、自分。

ブレない自分。

動かされない自分。

人によって動かない自分。


・・・・・・・・・


人を変えるのではなく、自分が変わる。

何かいつもいい事ないなとか不満を抱えている人、人生上手くいっていないな、と思っている人、
まわりのせいにしていませんか?

自分が変わると人も変わってくるのです。

自分の意識次第で相手も変わってくるのです。

そんな、気づきでした。


・・・・・・・・・・


カタチを整え、

呼吸を整えると、

“こころ”が整う。




2009年5月6日水曜日

ストラディヴァリウスの音色

こんばんは。

みなさまのG.W.はいかがでしたでしょうか?

水輪は、セミナー・ヒーリングステイ・ワーキングスタディー・内観ステイなどのお客さまをお迎えいたし、様々な方々とお会いさせて頂きました。
忙しい忙しいと言って、心を亡くしてしまうのか、忙しさの中にも
体験させて頂いているという気付きを起こすか、
取り方によってこんなに違うのですね。
忙しいことは、本当はありがたいことだなと思います。

そんなG.W.最後の日、そして私たちの波動を調整してくれている早穂理さんと私たちにご褒美(?)がありました。

ヴァイオリニストで長野県上田市出身の中澤きみ子さん、中澤宗幸さん、お母様水輪・早穂理庵に来て下さいました。

そして、約300年前の1704年に作られた歴史あるストラディヴァリウスで演奏をして下さいました。


ヴァイオリンの説明をして下さる中澤宗幸さん


ヴァイオリンは1703年のアントニオ・ストラディバリの作品


中澤きみこさんの演奏

研先生、みどり先生、早穂理さん、スタッフ&実習生は、皆真剣にそしてうっとりとその音色に聞き惚れてしまいました。約300年前の1704年に作品

早穂理さんは、ヴァイオリンの音色が大好きになったみたいで終始にこにこでした。





私たちも感動で胸がいっぱいになりました。

中澤さんは、水輪を訪れた印象で曲を選んで下さったようで、中でも特にみんなの印象に残ったのがビヴァルディの四季〜春〜でした。

ヴァイオリンは、人の声のようだと説明して下さった通り、春の木漏れ日の中さまざまな春の音が聴こえてきました。

音に色が付いている!!そんな、印象でした。

本当にこのような素晴らしい機会に恵まれて、感無量です!!

中澤さん大変素晴らしい出会いと演奏をありがとうございました。

是非また水輪にいらして下さい☆

帰り際逢えてありがとう、と友情(?)の証に、早穂理さんと中澤さんは指と指を触れてコメットしました


中澤きみ子さんの今度のコンサートのちらしです