2009年1月5日月曜日

あけましておめでとうございます

ブログもすっかりご無沙汰してしまい、申し訳ありませんでした。
 12月、お山は冬支度と大掃除で大忙しでした。

大晦日の夕食には、水輪ナチュラルファーム特産無農薬そば粉を使い、がんばって手打ちそばにも挑戦しました。
いわゆる“二八”と言われる、地粉が二割、そば粉が八割の割合でチャレンジです。
がんばりましたが所詮素人、茹でると1〜2cmの長さに切れてしまいました。(>_<)

でも、自分たちで育て、脱穀して挽いたそば粉です、感無量の味がします。そば粉になるまでの手間と時間を噛みしめながら、長さの短い年越しそばをいただきました。
こしもあり、味も最高です。後はそば打ちの腕を磨くのみです。

1月3日は戸隠へお参りに行きました。

良い天気に恵まれみんなルンルン気分です。
まずは日之御子社へお参りです。
廃仏毀釈でお寺だった今の宝光社、中社、奥社が戸隠神社になりましたが、廃仏毀釈前から戸隠神社なのが日之御子さんなのです。

戸隠神社の中で、一番質素で小さい神社ですが、戸隠の太々神楽は日之御子社に代々受け継がれてきました。祭神は天鈿女命(あめのうずめのみこと)です。

そして奥社へ。
参道途中にある随神門、ここを抜けると巨大な杉並木の道に変わります。

気持ち良い本当に澄んだ青空の下、約2kmの参道を歩くのは本当に気持ちが良く、寒い風も気になりません。
奥社付近は上り坂の雪道、転びながらきゃーきゃー言いながら、奥社までがんばります。
奥社そして氏神様の九頭竜社へお参りし、いざ、お蕎麦を食べにもと来た道へ戻ります。

イエーイと元気のよい理恵さん、恵さん、慎吾君、舎川さん

先日自分たちで蕎麦を打った身としては、プロの職人さんの手打ち蕎麦をいつもと違う気持ちで食べました。
プロの打った蕎麦は美味しいです。

いつの日かこんな美味しく美しいそばが打てる日を夢見て…
お腹を満腹にして、早穂理ちゃんの待つ早穂理庵へ帰ったのでした。