2008年2月27日水曜日

早穂理ちゃんに奇跡が起こりました。


2/18 久しぶりで笑顔が戻りました。

もうすでにお伝えしているように、我らが早穂理ちゃんが昨年末より入院し、肺炎をおこし、そのための抗生剤を11種類も使用し、全て効かず、最後に使用した新薬の抗生剤の副作用で、内臓(胃、腸、尿管、子宮など)からの出血、偽膜性大腸炎(ものすごい痛みを伴うのです)、41.6℃という高熱が続き、主治医の先生からもこれ以上何もできない旨を聞かされ、先生方、スタッフ・実習生は皆、落胆しました。

目の前で苦しんでいる早穂理ちゃん。もうあと数日の命と宣告され、少しでも今の苦しみを取り除いてあげるために、大量のステロイドと極少量のモルヒネ、胃薬などを投与してあげる他に何もできませんでした。

スタッフ・実習生も病室に行き、早穂理ちゃんと最後のお別れをしました。関係者の皆様・応援頂いた皆様へ最後のご挨拶もメールやFAXなどで行いました。誰もが悲しみと早穂理ちゃんへの感謝の気持ちでいっぱいでした。
なんとも言えないつらい気持ちでした。でもやるだけのことは皆精一杯しましたから、後悔はありませんでした。
大好きなママの膝の上で眠たそうな早穂理ちゃん

しかし、しかしです、熱や痛みはステロイドなどで抑えられているのですが、肺炎も決して良くなってはいないし、肺に水が溜まって苦しい状態は変化ないはずなのに、早穂理ちゃんの呼吸が変化をし始めたのです。酸素15リットル100%という高濃度の酸素をかけても、酸素濃度70〜82という(健康な人は99〜100)低酸素の状況だったのが、かけている酸素が次第に7リットル、5リットルと低くなっても本人の酸素濃度が下がらなくなってきたのです。危篤の状態から段々と胸水もとれ(これも驚きでした)少しずつ回復してきました。そして危篤から3週間目で鼻からのチューブでご飯や野菜・お魚など(裏ごした状態のもの)を入れている状態なのです。

西洋医学の治療手段はすべて尽きたため、ホメオパシー・アントロポゾフィー医学・イオン治療器など、様々な医療の治療方法を積極的に取り入れ、西洋医学の先生方の意識も揺るぎ始めています。

主治医になって下さった長野日赤の若松先生も、お話のできない早穂理ちゃんの機微を細かく見取り、長野日赤の中でもスピリチュアリティー・ホスピタリティーに丈けた有能な先生です。

一度は死にかけた早穂理ちゃんも、先生の献身的な細やかなご配慮により、ある時を峠にめきめきとその生命力を増しています。先生もさぞ彼女を看たてるのは大変なことだったと思いますが、先生の先を読む医者の目は素晴らしいものがあったと思います。
そしてとてもきめ細かに早穂理ちゃんのいのちに真向かって下さったことに塩沢先生方も私達も本当に感謝しています。


気管切開をした所につける器具もいのものレティナに戻り、すっきり。
日赤寝間着からパジャマになりうれしそうです。


誰がこの奇跡を予測したでしょうか。もちろん会員会友の皆様からの応援や光の祈りはもちろん、帯津先生をはじめ大勢の医療関係者の皆様からのご支援など、日本だけではなく世界からの応援と助力なしには、なしえなかった奇跡だと思います。
なにより早穂理ちゃん自身が、皆様からの声かけに応じて、「まだまだこの世でやらなければならないことがあるんだ」と反応してくれたからなのだと思います。

入院生活も丸二ヶ月が過ぎ、早穂理ちゃんに付き添っているみどり先生・研一先生も我々スタッフも沢山の体験をさせていただきました。その間も水輪は休むことなく開かれております。

早穂理ちゃんも先生方もいない水輪で、スタッフ・実習生たちだけで支えていくのは頼りなく見えるかもしれませんが、先日の講座の参加者の方より、こんなうれしい感想をいただきました。ありがとうございます。
............................................................................................................................................
スタッフの皆様へ
講座では大変な中、本当にお世話になりました。
もし、早穂理さんの事情を知らないで行った人がいたとしても、水輪が今大変な状況にあるということに全く気付く人はいないだろうと思うほど、みなさんの運営、対応は完璧でした。
心の中にどんなに大きな心配事があろうと、「今ここにある」事に集中するという皆様の真摯な生き方を目の当たりにさせていただいて、私は今、感動しています。ありがとうございました。
 千葉県 K.T

............................................................................................................................................
もちろん、まだまだいたらない点は山ほどあります、反省点も山ほどあります。でも私達スタッフは、早穂理ちゃんから生まれた「水輪」を未来につなげていく気持ちは誰にも負けません。
早穂理ちゃんが回復に向かっている今、私たちスタッフはますます元気にがんばっています。「水輪」はいつでも開いております。

どうか皆様、遠慮無く「水輪」に来てください。「早穂理ちゃんが大変だから」と遠慮されている方からの声を聞きました。
どうぞそんな事を思わないでください。来て下さったほうが早穂理ちゃんも喜びますし、そのために彼女は生きることを望んだのです。


日赤美容室の美容師さんが散髪に来てくださいました

早穂理ちゃんの入院・復活を経て、我々はますますパワーアップ (^_^)v しております。
そして間もなく早穂理ちゃんも帰ってきます。

春、雪解けがはじまり、またファームも始動します。3月の「日常断食」「料理教室」、いのちの森文化財団主催の
「養生塾」と楽しい催しも目白押しです。

パワーアップした「水輪」に来て、皆様もそのパワーに触れてください。
そして早穂理ちゃんのエネルギーに触れてください。
水輪の波動は早穂理ちゃんの波動です。そのピュアな波動は、人々を無条件で包み込み、いつの間にか本来の素直でピュアな自分に戻っている。そんな不思議な波動です。

奇跡の渦中にある「水輪」へ、どうぞお越し下さい。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

スタッフ一同

散髪でさっぱり 間もなく飯綱へもどりまーす