2008年10月4日土曜日

飯綱の秋

皆様お元気でいらっしゃいますか?
急に寒くなったり、暖かくなったりと気候の変化が激しい季節、お気を付け下さい。

さて、飯綱も秋真っ盛りです。

ななかまどの木はもう紅葉しています。
他の木々もちらほら色づき始めています。


栗もすっかり食べ頃です。小さいですが、おいしい山栗です。
茹でてつぶして、砂糖と生クリームと混ぜて「マロンクリーム」を作りました。


これは何のきのこでしょう。たぶん食べられないきのこです。



この愛らしい花は「ままこのしりぬぐい」というのだそうです。
すごい名前ですね。調べてみたら名前の由来は、棘のある植物だからと
載っていましたが、それにしても………むごいですね……



こちらは「めくらぶどう」です。
青や紫色がきれいな植物ですね。

もっと探せば、まだまだ知らない植物がきっと見つかるのでしょう。
見て楽しむ秋、たのしいです。

2008年10月3日金曜日

手前味噌

あっという間に10月になった気がします。
飯綱も紅葉が始まってきました。

さて、昨年初めてお味噌を作ったのですが、一年たって本日、樽の蓋を開けてみました。

当たり前ですが、ちゃんと味噌になっています。(^_^;)
なにせ初めてだったので、心配だったのです。



ファームの無農薬大豆と石垣の自然塩で作ったので、味はもちろん最高です。
見た目も美しいと思うのは、親ばかでしょうか。

早速、味噌汁にしていただきました。
豆腐とわかめの味噌汁です

そのままご飯の友としても最高でした。
厨房でもどんどん使いますので、皆さん食べに来て下さい。


ちなみに、しその実もたくさん採れました。
今、醤油漬け・塩漬け・梅酢漬けと仕込んでいます。
こちらも食が進みます。さすが食欲の秋。体重増加が心配です。
ますますワークに励みたいと思います。(^_^)v

2008年9月23日火曜日

今日の早穂理ちゃん 9月18日の巻

先週の18日に退院して以来、久しぶりに日赤に検診に行きました。
食後すぐだったからか、車の中でおねんねです

早穂理ちゃんが退院してから半年が過ぎ、あの入院が嘘だったのかしらと思うほど、元気に回復しています。

しか〜し、車の中でスヤスヤと気持ちの良いひとときを過ごしたのに、着いた先が日赤!!
が〜ん、また病気になったのかしら…

そして…「病気じゃないわよ」と言いたげの早穂理ちゃん
怒った顔もプリティです


みんなで「大丈夫だよ」と「ただの検査だけなんだよ」とお話してあげました。
診察室では結構余裕の表情でした。

検査結果も問題はなく、安心して飯綱へ戻りました。
やっぱりお山が一番です。

☆早穂理ちゃんとホメオパシー

2007年、年末年始
生死の境をさまよった早穂理ちゃん。
西洋医学の治療手段がすべてつきた時でさえも、ホメオパシーの投与は続いていました。連日連夜、帯津良一先生に相談させて頂き、全身出血、肺炎、たん、皮膚炎、カンジタ、発熱、げり、嘔吐、抗生物質の副作用への対処など、ありとあらゆる症状にホメオパシーで対処しました。

一時はお葬式の準備もし、生還は不可能という状態まで行きましたが、現在はこのような元気な様子です。↓


入院時のホメオパシーの処方について報告してみます。

「ベラドンナ」・・・いきなり40度の発熱。悪寒と心拍急上昇、発熱で生命に危険な状態になったとき使用。約4,5時間で平熱に戻る。看護師さんによると、普通はこんなに急には下がらないとのこと。

「スタンナム」・・・重度の呼吸器系感染症に良いレメディー。肺炎によりレントゲンを取ると、肺の90パーセント近くが真っ白。つまり肺炎で機能不全におちいっている状態。実際、酸素吸入器の酸素100パーセント、毎分15リットルの最高濃度、最高量で酸素をかけていても、血中酸素濃度が70~80%、呼吸も数十秒止まっては、2、3回するという瀕死の状態でした。スタンナムを投与し続け、現在肺炎は完治しています。

「ヒドラスティス」・・・脳性まひと気管切開により、自力でのたんの排出が困難な早穂理ちゃん。このレメディーを使うとすぐにたんが上がってきました。
                            レメディーの入った瓶↓

「スタッフサグリア」・・・早穂理ちゃんは入院するといつも、MRSAの2次感染でさらに体調を悪化させてしまいます。今回は入院当初から、スタッフサグリアを投与。MRASなど事前に対処したせいか、事なきを得ました。  

他にも数十種類のレメディーを投与しています。そして現在も続いています。
このホメオパシーは誰でも簡単に使え、副作用なし、安心安全子供からお年寄りまで使えます。
10月に新しくホメオパシーセミナーを開催致しますので、セルフケアを学びたい方はぜひお越し下さい。

↓詳細ご案内・お申し込みは財団法人いのちの森文化財団
http://inochinomori.or.jp/

期間限定・特別価格 新鮮お野菜つまみ菜いろいろパック

「新鮮・安心・安全」
こころと体といのちにやさしい完全無農薬野菜


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ☆ 新鮮お野菜つまみ菜いろいろパック ☆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    
菜物・つまみ菜収量増量につき
期間限定・特別価格でご注文承ります!



内容の見本です(時期により内容は異なりますが、量は同程度のものを
お届けさせていただきます。種類はお任せ下さい。)

★☆★ 期間限定・特別価格2,900円(クール宅急便 送料無料)★☆★
★☆★ 50名様限定・先着順です。お早めにどうぞ★☆★


今、青菜類の生育が大変良好で、予想以上の収穫が見込まれます。
そこで、まびき菜・つまみ菜を中心にした野菜パックを皆様に販売
させていただきたいと思います。

通常の発送のものより多少小さめの箱になりますが、たくさん取れた
旬のみずみずしい野菜たちを皆様にお届けいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆☆

有機野菜のお野菜といっても、?マークのつく野菜が販売されていますが、
水輪ナチュラルファーム自然農園のお野菜は、完全無農薬・自然農で
栽培しております。

有機肥料の鶏糞にも鶏のえさに抗生物質を与えていたり、不安な部分が
残りますが、私どもは、自然の大地のエネルギーを大切にし、虫や微生物
の住み家を壊さないように、掘り起こして耕すことを極力控え、ほとんど
無肥料(少量の米ぬかと菜種油絞り粕)で栽培しています。
耕さない方が耕すより、手はかかります。

大自然の営みの中で、健やかに育った新鮮野菜をぜひ食べてみてください。
お知り合いにもお送りさせて頂きます。

★☆★ 段ボール箱(18cm×34cm×24cm)にめいっぱいお野菜を
                     入れてお送りさせて頂きます。★☆★

★☆★ お送りする予定のお野菜★☆★
小松菜・水菜・山東菜・チンゲン菜・ズッキーニ・ピーマン・シシトウ・ター菜・
大根葉・かぶ・など、そのとき最も旬なお野菜をお送りさせて頂きます。
※収穫状況によりお送りする作物が変わります。

★☆★ 申し込み締め切り10月10日まで★☆★

 ※下記の商品も追加でご注文頂けます。
 大豆300g(完全無農薬・自然農栽培)   500円

●ご注文方法
メール(suirin@suirin.com)か、FAX(026-239-2736)、
お電話(026-239-2630)にて以下【1】~【4】の内容をご連絡下さい。

【1】お名前・ご住所・お電話番号・ご希望の箱数
【2】【1】以外の住所に発送をご希望される方は、そのお名前・ご住所・
  お電話番号・ご希望の箱数

【3】お支払方法 a/bからお選び下さい 
  (a)代金引換(別途手数料315円がかかります)
  (b)お振込み(振込手数料はご負担願います) 
   ・郵便振替口座00540-7-96950
    名義 株式会社 水輪ナチュラルファーム
   ・銀行口座 八十二銀行本店営業部普通口座1058381
    名義 株式会社 水輪ナチュラルファーム

【4】代金引換の方はご注文受付後、お振込の方は入金確認後、およそ
  1週間以内に発送させて頂く予定です。
  到着ご希望日を5つほどお知らせ下さい(時間指定がある方は、
  午前中/12時~14時/14時~16時/16時~18時/18時~20時/
  20時~21時 からご指定下さい)。
  追ってお届け日をお知らせ致します。

●水輪ナチュラルファーム自然農園は、年間購入会員の皆様により大きく支えられております。
年間購入のお申し込みも随時受け付けておりますのでよろしくお願い致します。
詳細はこちら→http://www.suirin.com/farm/farm.pdf

****************************************
水輪ナチュラルファーム
TEL 026-239-2630 FAX 026-239-2736
URL http://www.suirin.com/farm/fr-farm.html
e-mail suirin@suirin.com
担当 祢津、山下
****************************************

料理通信のブログへGO!!

水輪ナチュラルファーム自然農園が「料理通信」のアンバサダーブログに紹介されました。
水輪の看板をバックに研先生とみどり先生の写真です。
料理通信のアンバサダーブログはこちらから


みなさん見てくださーい!!

2008年9月11日木曜日

ファームから秋だより

皆様、だいぶご無沙汰いたしておりました。
忙しい夏も過ぎ、飯綱は秋です。ファームはトンボが舞っていて、
なんだかとっても楽しくなります。

今年もそばの花が満開です。

月見草もあちらこちらで咲いています。

大自然の中で生活していていつも思い感じるのは、季節を肌で感じられる幸せです。
春夏秋冬と毎日少しずつ変化していく自然は、全く飽きることがありません。

見て下さい。りんごが赤く色づいています


水輪ナチュラルファーム自然農園も秋の収穫が始まります。

夏は終わったけれど、ファームの枝豆はこれからです。

今、真っ盛りのとうもろこし。甘くて絶品です。

堀りたてのじゃが芋。蒸すとほくほくで美味しいです。

これは何の花だかわかりますか?答えは…

正解は、写真はボヤケていますが、小豆の花です。早くあんこを食べたいですね。

山栗です。美味しくなるまでは、もう少しかかりそうです。

秋の収穫祭は9月19日(金)〜21日(日)にあります。
美味しい秋の味覚を食べに、ぜひお越し下さい。

2008年8月27日水曜日

ウォンウィンツァン ワークショップ&ピアノコンサート

瞑想のピアニスト ウォンウィンツァン 

今年もウォンさんが水輪来られます。
ウォンさんのピアノを聞きながら、のんびりゆったり、こころと体をゆるめていくので、参加された方は寝っころがりながらピアノを聞いて、ほんとうにリラックスして楽しんでいます。(下の写真を見て下さい。)

こころのままに、魂のままに
あるがままの自分へと導かれる3日間。

ピアノの調べに、大自然の新鮮な空気に
無農薬野菜の健康自然食に、温泉の露天風呂に
いのちと全身の細胞をリフレッシュしましょう。

日時
ワークショップ:2008年9月13日(土)~15日(月・祝)
ピアノコンサート:2008年9月14日(日)
詳しくは右記リンク先 いのちの森文化財団をご覧下さい。

2008年7月28日月曜日

国際アントロポゾフィー医学ゼミナール

ご無沙汰しております。
水輪にとって、一年の中で最大のイベント「国際アントロポゾフー医学ゼミナール」が昨日無事に終了しました。
ミヒャエラ・グレックラー先生他講師の先生方

一週間、医師・医療従事者・講師・通訳と約80名の方が参加され、ルドルフ・シュタイナー博士とイタ・マリア・ヴェークマン医師によって創始されたアントロポゾフィー医学を学ばれました。

毎回、参加されている皆様より、スタッフ・ボランティアのみんなへ「感謝の夕べ」という企画があり、歌や手品などで我々をもてなしてくださるのですが、今年はそこへ早穂理ちゃんも参加しました。グレックラー先生とご挨拶
早穂理ちゃんもうれしそうです。

そして最終日、急遽決まった、グレックラー先生と帯津良一先生の特別対談があり、参加者の皆様にとってもうれしいプレゼントでした。

質疑応答中の帯津先生(左)とグレックラー先生

今回、一週間セミナーをサポートしたスタッフ・実習生・ボランティアは併せて33名。
食事作りや会場セッティングなど、参加された皆様が心地よくゼミナールができるようサポート役に徹しました。

早朝から深夜までの長丁場の毎日で、自分をしっかりと保つことが難しい環境です。
その中でどれだけ“今”に生きることに徹し、ぶれずに集中できるか、常にワーキングスタディです。

国際アントロポゾフー医学ゼミナールは来年も再び、水輪で行われます。
ボランティアにぜひ来て下さい。自分を磨きにきて下さい。

2008年6月25日水曜日

今日の早穂理ちゃん

ご無沙汰しております。
ついこの間6月になったと思っていたら、もう下旬。
時の過ぎるのが早いですね。

80日間の入院生活から3ヶ月が過ぎました。我らが早穂理ちゃんは
お陰様で順調な回復の道を歩んでいます。
モナリザならぬ「ちゃのまるのほほえみ」です

笑顔も増えてきました。ナナカマドのお部屋にいる時に「だだだだだ」「あっあっあ」と大きな声で誰かが来るまでママやお父ちゃん、スタッフを呼び続けてくれます。
そしてすぐにそばへ行くと、うれしそうにニッコリと笑ってくれます。

以前は10日に一回の割合で起こっていた“てんかん発作”も、新しく飲み始めた、抗てんかん薬が合っているようで、大発作がおこる間隔が長くなり(小さい発作はそれなりに見られますが)早穂理ちゃんの体にもとても良い状態です。ご飯もたくさん食べます。

てんかん発作のおこる間隔が長くなってから、今までの早穂理ちゃんの反応とは違い、動きも良くなってきた気がします。

みんなが住む、母屋である早穂理庵。ちゃのまるちゃんの笑顔はみどり先生、研先生そしてスタッフ・実習生の心を和まし、心の壁をとかしてくれます。
本当に早穂理ちゃんが戻ってくれて良かったと、笑顔を見るたび感謝するのです。

水輪に来てねー

2008年5月27日火曜日

5月の報告 その3

フラワーエッセンス&デトックスセミナー

16日〜18日は財団主催の「フラワーエッセンス&デトックス」のセミナーがありました。


フラワーエッセンスは長野の薬局でも普通に売られていて、メジャーになってきていますが、実際の使い方などはあまりよくわからない部分もあり、きちんと特に医師に教わることができる今回のセミナーは、多くの受講者が集まりました。

講師の鶴一子先生 お優しくてわかりやすい講義は、参加された全員のみなさんが喜ばれていました。

デトックスのお話も、普段の生活に“毒”がいかに関わっているのかをお聞きし、正直普段の生活を真剣に見直さなければならないと深く感じました。

��回講座ですので、これからも楽しみです。

5月の報告 その2

「イケメン、町に出る」の巻

14日は東京でいのちの森文化財団の理事会があり、副理事長の研先生と評議員の山下さん、久保さん、祢津さん、飛田さんの5人が向かいました。

昨年の理事会に参加したとき、財団理事で養生塾いのち学でおなじみの日本ホリスティック医学協会会長の帯津良一先生が、普段は見られない背広姿の彼らを見て、「塩沢さん、あまりにかっこいいから、(もてるから)町に出さない方がいいですよ。」とご忠告(笑)を頂きました。

町に出したら大変な(^_^;)彼らの背広姿をご披露いたします。


水輪のイケメンたちの特別な一日でした。

5月の報告 その1

��月に入ってから、大人数のセミナーなどが増え、ブログを全く更新できる余裕がなくなり、すっかりご無沙汰してしまいました。

まずは、18日に行われた「さおり 快気祝い」の報告です。

会場の「グリーンオアシス」に到着、特注の車いすで登場です。

退院してから2ヶ月がたち、だいぶ元気になった早穂理ちゃん。
大勢の方々の前に出ると緊張してしまうことが多かったのですが、この日はいつものさおりちゃんで、声を出したり、口をならしたりと楽しんでいました。

この日はたくさんの方が早穂理ちゃんのお祝いにかけつけて下さいました。



みどり先生と20年来のご友人でいらっしゃる ハープセラピストの小倉知香子さん
すばらしい演奏とお祝いのメッセージを頂きました。


クリスタルボールを演奏されるはら・まゆ魅さん
クリスタルボールは純度の高い水晶で作られた楽器で、独特な音色はリラクゼーション効果があります。

大勢の方がお祝いにかけつけて下さいました。

スタッフ・実習生も一緒にお食事を頂きました。

水輪理事の山下洋子さんと大場先生 早穂理ちゃん10歳の誕生日以来から応援してくださっています

水輪顧問の重藤真理子先生(眼科) 医学生時代から早穂理ちゃんを応援して下さっています。

「こころの勉強会」の巽信夫先生 入院中も色々とお世話になりました。

“プチママン”こと 太田寿美さん
今回も早穂理ちゃんのお世話をしてくれました。


小さい頃からの早穂理ちゃんを知っている方から、最近水輪に来た方まで、紹介しきれないほど、本当に大勢の方々がお祝いして下さいました。
そして当日は来られなくても、お祝いをしてくださった方々もたくさんいらっしゃいます。たくさんのプレゼントもいただきました。

この場をお借りして改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

2008年5月8日木曜日

連休の報告

すっかりご無沙汰してしまい失礼しました。
連休に合わせるかの様にパソコンの調子が悪くなり、修理に出しておりました。
パソコンもお休みが欲しかったようです。(^_^ ;)

皆様連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。
水輪では水輪ナチュラルファーム自然農園が本格的に稼働しました。また千葉で清掃会社をされている会員の「山研ビルサービス」さんの社員研修がありました。

「山研ビルサービス」の皆さんです。右が山下社長さんです。

連休中に新入社員の方を中心とした社員研修をされました。
清掃会社とあって、ワーキングスタディを中心とした内容でした。
午後の畑ワーク 真剣さが伝わってきます。

��月に入社したての新入社員の皆さんも、来たときはまだ学生気分が抜けきれてない様子でしたが、朝6時からスタートする今回の研修は、挨拶の練習、館内清掃、畑ワーク、座禅、シェアリングと夜遅くまでみっちりとスケジュールが組まれており(中日は飯綱山登山もありました)、1日1日と変化していく姿が、見ていて楽しみでした。

座禅の時間 始めは足が痛くなったり、なかなか難しかったようです。

初めは小さい声も、日に日に大きく、はっきりと出るようになり、挨拶もしっかりされていました。
ワークもたどたどしく作業をされる姿も、集中力・スピード感が出てきて作業の流れに合ったワークになり、人が短期間で成長していく姿を目の前で見せていただき、感動しました。

山下社長を始め、ベテラン社員の皆さんも一緒に日中は真剣にワークをされ、夜はみどり先生とのシェアリングを通して、仕事の意味や生きることについて、社員の皆さんが抱えて、乗り越えたい課題についてどうしたらよいのか等、時間が足りないくらい充実した内容でした。

食後の清掃ワーク 拭き残しがないか、しっかり机をみつめます。

6日間 お疲れさまでした。