2007年12月4日火曜日

辻説法

早いものでもう12月ですね。
今日はブログをUPできなかった11月のご報告をさせて頂きます。

11月の始め、長野の諏訪で京セラの名誉会長稲盛和夫氏の辻説法がありました。

水輪には、みどり先生が代表世話人を務める「盛和塾長野」の事務局があります。そのいきさつはこちらをご覧下さい

普段からみどり先生より、稲盛先生のお話をお聞きしたり、ご著書を読み合わせしたりと勉強させて頂いているあこがれの方のお話しを直接お聞きできると知り、みんなで行ってきました。

チリーンという鐘の音とオーという声が遠くから聞こえてきます。20名程のお坊様と共に托鉢をしながら、上諏訪駅そばの小さな公園へ到着されました。

私たちにとって雲の上の方。否が応でも胸が高まります。地元「温泉寺」の住職さん、京都「妙心寺」のお坊様のお話の後、いよいよ稲盛先生の辻説法です。ビールの空きケースを裏返して作られた台の上で、誰にでも解りやすいお話しをして下さいました。

小学生でも理解できる話し方、その優しい声は宗教を超えて、人として生きることの大切さを説いて下さいました。


真剣な眼差し

お話しは、人の心は「良い心」と「悪い心」があり、悪い心を抑えて良い心・美しい心を大切にすることが、幸せの近道であることを教えておられました。その他色々なお話しを約30分されて一回目の辻説法は終わりです。

��回目の辻説法は諏訪湖畔で行われました。

辻説法後は話を聞きにいらした方々の所へ、地元の福祉施設に寄付するためのお布施を集めに回られます。


みんな金額はささやかでしたが、お布施をさせて頂き、握手までしてもらい、図々しくも写真まで撮らせて頂き、天にも昇る気持ちでした。


特大のプレゼントをいただき諏訪を後に、早穂理ちゃんのいる飯綱へ戻りました。

一つの会社をあれだけの大企業にするということだけでもすごい事なのに、そしてものすごくお忙しい方なのに、他の幸せの為、そしてご自分を磨くためにこの様な事を、あまり公にせず(集まった聴衆者は50名足らずでした)淡々と行っている姿には本当に心打たれました。

お布施を集めなくても寄附するお金はあるだろうに、一声かければ何千人という人がその話を聞きに集まるだろうに、そんなすごい方なのにそんな事を感じさせないほど謙虚で質素な方でした。
その裏にどれだけの努力をされたのか、計りしれません。あのやさしいお顔の裏にどれだけの苦労があったのでしょうか。

偉大な方の素晴らしいエネルギーをいただきました。そしてワーキングスタディの大切さを改めて感じました。本当にありがとうございました。